OANDAの口座開設方法と必要書類・取引コースの流れを紹介

oanda 口座開設

ゲムゲム

OANDAの口座開設方法を画像付きで説明して行きます☆

OANDAの口座開設手順の流れを画像付きで解説して行きます。

必要書類や選択する取引コースについてもレクチャーしますので、ぜひ参考にしてください。

OANDAの口座開設はコチラ

OANDAの口座開設で用意するもの

OANDAの口座開設で必要なものは「個人番号に関する書類」と「本人確認書類」です。

マイナンバーカードや住民票(マイナンバーの記載あり)の場合は本人確認書類が1点で良いですが、通知カードの場合は本人確認書類や補完書類が合計2点必要になります。

まずは手元に書類を準備しておきましょう。

OANDAの口座開設方法

ではOANDAのトップページから口座開設して行きます。

トップページ右上の「口座開設お申込み」をクリックしましょう。

ご連絡先について

名前や生年月日、住所などを入力する「ご連絡先について」を入力します。

「当社からの電子メール配信」を希望しない場合はチェックを外しておきましょう。

国籍情報

国籍情報はそのままでOK
国籍情報は最初からチェックが入っているため、そのままで大丈夫です

国籍情報は日本在住の日本人であれば、最初からチェックがされているので、そのままで大丈夫です。

ご職業・財務情報

職業を選択し、年収と自己資産を入力します。

ここは素直に答えて大丈夫です。

投資に関するご質問

投資に関する質問も、素直に答えて行きましょう。

取引コース

東京サーバーコースは選択できない
東京サーバーコースは最初は選択できず、口座開設後に設定することができます。
ここではベーシックコースかプロコースを選択してください。

取引コースは口座開設時は東京サーバーコースが選択できないため、ベーシックコースかプロコースを選択することになります。

スプレッドが狭いベーシック口座がおすすめです。

ベーシックコースは自動売買ができないため、EAを使っている人は後から東京サーバーコースを追加するようにしてください。

CFD口座のお申込み

株価指数CFD(日経225やダウ30など)の取引をしたい人はチェックを入れましょう。

同意項目のチェック

同意書や確認書の内容を確認し、すべて「同意・承諾します」・「はい」で答えます。

必要書類の提出

OANDAで口座開設をするには必要書類の提出が必要です。

オンラインでアップロードした方が簡単なので、今回はアップロードで書類を提出して行きます。

書類は写真を撮り、スマホやパソコンでアップロードするのがおすすめです。

 
マイナンバー、通知カード、住民票(マイナンバー記載あり)の提出が必須

OANDAで口座開設をするには、マイナンバーカード、通知カード、住民票(マイナンバーの記載あり)の提出が必須になっています。

マイナンバーを作っていない人は口座開設ができないので、先にマイナンバーカードや通知カードを作るようにしましょう。

提出可能な本人確認書類

マイナンバーカード、通知カード、住民票(マイナンバー記載あり)の他に、本人確認書類または補完書類のいずれか1~2点の提出が必要になります。

本人確認書類
運転免許証 パスポート 在留カード 特別永住者証明書
住民基本台帳カード 各種健康保険証 住民票の写し・住民票記載事項証明書 印鑑登録証明書
本人確認補完書類
電話料金領収書 電気料金領収書 ガス料金領収書 水道料金領収書
NHK受信料領収書 社会保険料の領収書 国税・地方税の領収書または納税領収書

マイナンバー+本人確認書類1点

マイナンバーカードを選んだ人は、マイナンバーカード+本人確認書類もしくは本人確認補完書類の提出が必要です。

通知カード+本人確認書類2点

通知カードを選んだ人は「通知カード+本人確認書類2点」もしくは「通知カード+本人確認書類1点+本人確認補完書類1点」の提出が必要です。

住民票(マイナンバー記載あり)+本人確認書類

住民票を選んだ人は、住民票(マイナンバーの記載あり)+本人確認書類もしくは本人確認補完書類の提出が必要です。

書類のアップロード

必要書類をスマホなどで撮影して、写真をアップロードして行きましょう。

 
口座開設の完了

これで口座開設手続きは完了です。

OANDAからの審査結果を待ちましょう。

ログイン情報書類が届く

書類の審査が完了すると、ログイン情報書類を発送したメールが届きます。

 
書類の到着

OANDAから簡易書留でログイン情報の入った書類が届きます。

書類の中には「入金方法、出金方法、各プラットフォームの操作方法」を書いた冊子も届きます。

パスワードの設定

パスワードは任意で設定するようなので、まずは書類に書かれているお客様IDを入力しましょう。

 
パスワード変更画面のURLがメールで届く

パスワード変更画面のURLがメールで届くので、メールのURLをクリックしましょう。

 
パスワードの初期化

パスワードを初期化します。

8~12文字で数字、英小文字、英大文字を一つ以上含む必要があります。

 
パスワード初期化の完了

これでパスワード初期化の完了です。

実際にOANDAにログインして行きましょう。

 
ログイン後の画面

OANDAにログインすると、このような会員ページとなります。

ここから入金をして、取引して行きましょう。

まとめ

ゲムゲム

OANDAの口座開設方法と必要書類の提出方法を解説しました。

OANDAの口座開設手順と書類のアップロード、パスワードの設定について紹介して来ました。

操作手順が分からない人はぜひ参考にしてください。

OANDAの口座開設はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA