宙・鉄火場の激子さんAUDNZDのEA検証結果

ゲムゲム

今回は宙・鉄火場の激子さんAUDNZDを検証して行きたいと思います。
ぜひEAを使うかどうかの参考にしてください。

GEMFOREXの無料EA「宙・鉄火場の激子さんAUDNZD」をTDS(Tick Data Suite)を使ってバックテストを行ったので、結果を紹介して行きます。

バックテストの結果なのであくまで参考ですが、TDSの変動スプレッド、スリッページをONにして、GEMFOREXの平均スプレッドに補正した数値になります。

宙・鉄火場の激子さんはバックテストでどんな結果だったのか、早速見て行きましょう。

証拠金100万円 過去3年 過去2年 過去1年
1分の1 -963,064円 +3,007,158円 +1,024,138円
2分の1 -992,189円 +1,620,844円 +574,704円
3分の1 -1,174,058円 +1,261,129円 +477,615円
過去6ヶ月 過去3ヶ月
1分の1 -962,043円 -961,714円
2分の1 +194,436円 +47,967円
3分の1 +167,338円 +40,533円

宙・鉄火場の激子さんAUDNZDは3つのモードで検証していますが、過去2年・過去1年は大きな利益が出ています。

1/2と1/3モードは過去6ヶ月と過去3ヶ月もプラスになっています。

(1分の1設定は利益が大きいですが、マイナスの時期も多めです)

相場状況が良ければとんでもない利益を出しますが、上手く行かないとロスカットとなります。

では、宙・激子さんAUDNZDについて詳しく見て行きましょう。

GEMFOREXの公式サイトを見る

宙・鉄火場の激子さんAUDNZDの詳細を確認する ※口座開設・ログイン後に確認可能です

宙・鉄火場の激子さんAUDNZDの特徴

取引タイプ 通貨ペア 推奨証拠金
ナンピン・変則マーチン AUDNZD 10,000ドルで0.01ロット
時間足 最大ポジション リリース日
1M 17(1/1の場合) 2021年7月9日

宙・鉄火場の激子さんAUDNZDはナンピン(変則マーチンゲール)タイプで、値下がりするごとに17ポジションまで買いまして行くEAです。

最大ポジション数は変更することが可能です。

推奨証拠金は10,000ドル(約100万円)で0.01ロットとなります。

前作の「咲・鉄火場の激子さん」は5,000ドルだったので、今回は2倍の推奨値になっています

GEMFOREXでの公開成績

使用時間軸 1M 勝率 -%
勝ちトレード回数 負けトレード回数
平均収益 -USD 平均損失 -USD
PF 損益レシオ
最大ドローダウン -% 含み損益 -19.74USD
総獲得pips -Pips 投資収益率 -0.20%

GEMFOREXの公開成績を見るとまだリリースされて間もないので、決済はないようです。

公開データは継続的に追って行こうと思います。

激子さんは取引回数が多くキャッシュバックサイトと相性が良いので、TariTaliを使うのがおすすめです。

通貨ペアと損益・勝率

銘柄 勝数 負数 勝率 損益合計
AUDNZD -% -ドル

宙・鉄火場の激子さんはAUDNZDの1種類に対応しています。

(こちらも情報が出次第アップして行きます。)

Team激子さんの他のEA

Team激子さんのEAは「宙・鉄火場の激子さん」シリーズでEURUSD、GBPJPYもあります。

EURUSDは過去作の「真・鉄火場の激子さん」があります。

咲・鉄火場の激子さんは廃盤になり、再リリースはなさそうです

激子さんシリーズはいろいろと検証しているので、ぜひ参考にしてください。

宙・鉄火場の激子さんのEA検証結果

ゲムゲム

ここからは私が実際にTDSを使ってバックテストを行った結果を紹介して行きます。
宙・鉄火場の激子さんはボラが大きく、爆益かロスカットになります。

スプレッド補正

GEMFOREX TDS 補正値
2.32pips 1.93pips 0.4pips

GEMFOREXのスプレッドに合うようにスプレッド補正をして検証しています。

変動スプレッドON、スリッページONにして、できるだけリアルに近い環境でテストしています。

ロットテーブル1/1バックテスト結果

過去3年 過去1年 過去6ヶ月
収益 -963,064円 +1,024,138円 -962,043円
収益率 -96% +102% -96%
勝率 62.80% 66.58% 66.94%
PF 0.25 1.94 0.46
最大ドローダウン 96.85%(1,137,386円) 76.68%(1,550,548円) 97.33%(1,385,642円)
リスクリターン率 -0.84 0.66 -0.69
平均利益 758円 460円 472円
最大利益 84,924円 119,766円 119,275円
平均損失 -5,132円 -473円 -2,101円
最大損失 -218,596円 -20,508円 -284,826円

ロットテーブルモード1/1(初期設定)でのバックテスト結果は、過去1年は非常に大きな利益が出ました。

証拠金100万円でテストしていますが、過去1年では102%の利益が出ています。

過去3年と過去6ヶ月はロスカットとなっているので、「爆益 or ロスカット」という形になりそうです。

(指標時は激子さんを止めながら運用するようにしましょう)

期間ごとの損益

証拠金100万円 1分の1
過去3年 -963,064円
過去2年 +3,007,158円
過去1年 +1,024,138円
過去6ヶ月 -962,043円
過去3ヶ月 -961,714円

1/1設定は利益率は高いですが、ロスカットになることも多いようですね。

毎月、利益を取り分けておき、ロスカットされた時に再入金できるようにしておきましょう。

ロットテーブル1/2バックテスト結果

過去3年 過去1年 過去6ヶ月
収益 -992,189円 +574,704円 +194,436円
収益率 -99% +57% +19%
勝率 63.52% 66.23% 66.81%
PF 0.48 1.84 1.72
最大ドローダウン 99.46%(1,441,588円) 50.30%(788,790円) 65.84%(786,093円)
リスクリターン率 -0.68 0.72 0.24
平均利益 408円 298円 269円
最大利益 53,089円 55,474円 56,826円
平均損失 -1,490円 -317円 -315円
最大損失 -345,858円 -10,037円 -10,023円

ロットテーブルモード1/2での結果は、1/1の半分くらいの利益になっていますが、過去6ヶ月もプラ転しています。

過去3年は同じくロスカットになっているので、1/2設定でも指標発表などに気を付けながら運用して行きましょう。

期間ごとの損益

証拠金100万円 2分の1
過去3年 -992,189円
過去2年 +1,620,844円
過去1年 +574,704円
過去6ヶ月 +194,436円
過去3ヶ月 +47,967円

1/2は1/1と比べるとロスカットされにくいようですね。

ロットテーブル1/3バックテスト結果

過去3年 過去1年 過去6ヶ月
収益 -1,174,058円 +477,615円 +167,338円
収益率 -117% +47% +16%
勝率 64.49% 66.67% 68.16%
PF 0.36 1.88 1.82
最大ドローダウン 113.16%(1,496,280円) 36.01%(528,962円) 45.82%(529,998円)
リスクリターン率 -0.78 0.90 0.31
平均利益 305円 257円 221円
最大利益 38,844円 38,844円 37,747円
平均損失 -1,544円 -274円 -259円
最大損失 -378,279円 -6,710円 -6,710円

1/3設定では過去1年と過去6ヶ月で利益が出ています。

1/1や1/2よりも利益は小さいですが、1/3の方がリスクが少ないです。

証拠金や得たいリターンに合わせて設定値を変えて行くと良いでしょう。

期間ごとの損益

証拠金100万円 3分の1
過去3年 -1,174,058円
過去2年 +1,261,129円
過去1年 +477,615円
過去6ヶ月 +167,338円
過去3ヶ月 +40,533円

1/3も1/2と同じくロスカットされにくいようです。

証拠金ごとのバックテスト結果

今回のバックテストが証拠金100万円でやりましたが、違う証拠金だとどうなるか?調査してみました。

設定値は変えずに証拠金だけ変更して調査して行きます。

ぜひ安全圏の目安として参考にしてください。

証拠金50万円

証拠金50万円の場合は1分の1はすべての期間でマイナスとなり、3分の1は過去1年、6ヶ月はプラスになっています。

証拠金100万円

証拠金が100万円になると1分の1の過去1年がプラスに、2分の1の過去6ヶ月がプラスになりました。

証拠金150万円

証拠金150万円になると、1分の1の過去6ヶ月がプラスに、3分の1の過去3年がプラスになりました。

証拠金200万円

証拠金200万円になると2分の1設定の過去3年がプラスになりました。

このように証拠金ごとのバックテストをして、結果がマイナスからプラスに変わった箇所は背景を入れて太文字で大きく表示しました。

これを見るとロットテーブルモードが低い方が、プラスになりやすいのが分かります。

証拠金150万円で3分の1設定にすると、過去3年までがすべてプラスに変わり、200万円になると2分の1設定にすると、過去3年までがプラスに変わります。

150万円~200万円ほどの証拠金になると、1/2や1/3はかなり安全圏になります。

この金額なら絶対大丈夫という訳ではありませんが、ぜひ参考にしてください。

ロスカット前提での検証結果

ロスカット前提でのやり方
  1. 利益は毎月出金、もしくは別口座に資金移動して取り分ける
  2. ロスカットされたら、同じ金額を入金して再稼働させる
  3. 利益&ロスカットを繰り返して、総合的に利益を得る方法

激子さんは「爆益orロスカット」というEAなので、ここでは視点を変えて、「ロスカットされても、再び証拠金を入れて稼働する」というやり方の場合の検証結果を紹介します。

「50万円で稼働して毎月利益を出金し、溶けたら再度50万円を入金して稼働する。という流れです。

毎月の損益を合計し、1年ごとの収支と3.5年の合計損益を紹介します。

月ごとの損益は、PDFで貼っておくので、興味がある人は見てくださいね。

▸激子さんAUDNZDの月ごとの損益(PDFファイル)

証拠金20万円

証拠金20万円で激子さんAUDNZDを「ロスカット&再入金」稼働すると、マイナスが多くて損をしてしまいます。

証拠金30万円

証拠金30万円で激子さんAUDNZDを「ロスカット&再入金」稼働すると、1/3設定の場合は利益がそこそこ出てきます。

証拠金50万円

証拠金50万円で激子さんAUDNZDを「ロスカット&再入金」稼働すると、1/2設定で利益が52万円ほど出てきました。

3.5年で52万円なので、1年あたり14.8万円の利益になります。

ロスカットされても諦めずに再入金・再稼働を頑張って行きましょう。

証拠金100万円

証拠金100万円で激子さんAUDNZDを「ロスカット&再入金」稼働すると、証拠金50万円と比べるとマイナスが多くなってしまいます。

激子さんAUDNZDは証拠金30万円か50万円ほどで稼働し続けるのがおすすめのやり方になります。

まとめ

証拠金100万円 過去3年 過去2年 過去1年
1分の1 -963,064円 +3,007,158円 +1,024,138円
2分の1 -992,189円 +1,620,844円 +574,704円
3分の1 -1,174,058円 +1,261,129円 +477,615円
過去6ヶ月 過去3ヶ月
1分の1 -962,043円 -961,714円
2分の1 +194,436円 +47,967円
3分の1 +167,338円 +40,533円

ゲムゲム

宙・鉄火場の激子さんAUDNZDは「爆益orロスカット」というすごいEAです。
ロスカット前提の運用方法は30万円で3分の1か、50万円で2分の1設定が良さそうです。

宙・鉄火場の激子さんAUDNZDはかなり両極端なバックテスト結果となりました。

「短期で稼ぎ切る」「爆益 or ロスカットを繰り返して利益を得る」という考え方であればデフォルト設定で良いと思います。

「激子さんで生き残る」を前提にした最適化の検証は、また別の機会にやりたいと思います。

GEMFOREXの公式サイトを見る

宙・鉄火場の激子さんAUDNZDの詳細を確認する ※口座開設・ログイン後に確認可能です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA