Exnessの特徴と会社情報・評価と取引環境をリアルタイム測定

exnessの評判と特徴

ゲムゲム

Exnessの特徴や会社情報、スプレッドなどの取引環境を紹介します。スプレッドや約定スピードなどは24時間リアルタイム計測をしています。

Exnessの特徴や取引条件、Exnessの会社について紹介していきます。

実際にExnessの本拠地キプロスと、金融ライセンス先であるセーシェルの現地調査もしましたので写真付きで紹介します。

スプレッドや約定スピード、スリッページについてはEAとインジケーターを使って24時間リアルタイム計測をしているので、参考にしてください。

Exnessの評価
ボーナス
(1.0)
レバレッジ
(5.0)
スプレッド
(3.5)
約定力
(4.0)
サポート対応
(5.0)
ライセンス
(5.0)
入出金
(5.0)
安全性
(2.5)
総合評価
(4.0)

Exnessの公式サイトはコチラ

↓ Exnessの特徴や評価について、動画で分かりやすく解説しているので参考にしてください。

Exness口座タイプごとの評価

スタンダード セント プロ ロースプレッド ゼロ
注文方式 STP STP STP ECN ECN
口座開設ボーナス 無し 無し 無し 無し 無し
入金ボーナス 無し 無し 無し 無し 無し
プレミアプログラム あり あり あり あり あり
初期レバレッジ 2000倍 2000倍 2000倍 2000倍 2000倍
最大レバレッジ 無制限 無制限 無制限 無制限 無制限
スプレッド(FX) 広い 広い 非常に狭い 非常に狭い 狭い
スプレッド(CFD) 広い 広い 広い 広め 非常に狭い
取引手数料 無し 無し 無し 7㌦/1往復 4㌦~/1往復
1ロット 10万通貨 1000通貨 10万通貨 10万通貨 10万通貨
入金額 10㌦ 10㌦ 10㌦ 10㌦ 10㌦
ゼロカット ゼロカット採用 ゼロカット採用 ゼロカット採用 ゼロカット採用 ゼロカット採用
プラットフォーム MT4/MT5 MT4/MT5 MT4/MT5 MT4/MT5 MT4/MT5

Exnessは口座タイプによって特徴が変わり、少し複雑になっています。

ボーナスは一切ありませんが、取引量の多い大口トレーダー向けのプレミアプログラムという、様々な特典を受けられるサービスがあります。

レバレッジは初期レバレッジは2000倍ですが、取引条件を満たすと999ドルの証拠金までは無制限(約21億倍)のレバレッジとなります。

スプレッドは、FXについてはプロ口座とロースプレッド口座が狭く、ゴールドや仮想通貨などCFDはゼロ口座が狭くなっています。

リアルタイム計測(スプレッド、約定速度、滑り、サーバー場所)

ゲムゲム

Exnessのスタンダード口座、プロ口座、ロースプレッド口座、ゼロ口座のスプレッド、約定スピード、スリッページをリアルタイム計測しています。

※滑りに関しては決済時にTP/SLが必要なので、自動売買EAを使い不定期にデータが出てきます

スプレッド
約定スピード
スリッページ
サーバー場所

スタンダード口座

平均スプレッド最大スプレッド最小スプレッド
USDJPYm1.7pips13.8pips1.1pips
EURJPYm2.8pips21.7pips2.1pips
GBPJPYm3.4pips20.0pips2.4pips
AUDJPYm2.4pips9.9pips2.0pips
NZDJPYm4.8pips18.7pips4.3pips
EURUSDm1.1pips5.8pips1.0pips
GBPUSDm1.4pips12.2pips1.2pips
AUDUSDm1.6pips6.5pips1.4pips
AUDNZDm2.6pips9.9pips1.4pips
XAUUSDm2.2pips6.0pips2.0pips

 
プロ口座

平均スプレッド最大スプレッド最小スプレッド
USDJPY1.1pips8.7pips0.6pips
EURJPY1.8pips13.5pips1.3pips
GBPJPY2.1pips12.5pips1.5pips
AUDJPY1.5pips6.2pips1.3pips
NZDJPY3.0pips11.7pips2.6pips
EURUSD0.7pips3.6pips0.6pips
GBPUSD0.9pips7.6pips0.7pips
AUDUSD1.0pips4.1pips0.9pips
AUDNZD1.6pips6.2pips0.8pips
XAUUSD1.4pips3.8pips1.2pips

 
ロースプレッド口座

平均スプレッド最大スプレッド最小スプレッド
USDJPY0.3pips6.2pips0.0pips
EURJPY0.6pips10.1pips0.3pips
GBPJPY0.9pips9.2pips0.4pips
AUDJPY0.4pips4.1pips0.2pips
NZDJPY1.6pips8.5pips1.3pips
EURUSD0.1pips2.4pips0.0pips
GBPUSD0.2pips5.6pips0.1pips
AUDUSD0.3pips2.8pips0.2pips
AUDNZD0.5pips4.1pips0.0pips
XAUUSD0.7pips2.6pips0.6pips
※別途取引手数料が1ロット7ドルかかります

 
ゼロ口座

平均スプレッド最大スプレッド最小スプレッド
USDJPY0.3pips6.2pips0.0pips
EURJPY0.3pips9.5pips0.0pips
GBPJPY0.4pips8.0pips0.0pips
AUDJPY0.1pips3.8pips0.0pips
NZDJPY0.4pips7.3pips0.1pips
EURUSD0.1pips2.4pips0.0pips
GBPUSD0.1pips5.4pips0.0pips
AUDUSD0.0pips2.5pips0.0pips
AUDNZD0.3pips3.9pips0.0pips
XAUUSD0.1pips1.7pips0.0pips
取引手数料
USDJPY,EURUSD:7ドル
AUDNZD:8ドル
AUDJPY,GBPUSD:9ドル
AUDUSD,EURJPY:10ドル
GBPJPY,NZDJPY:15ドル
XAUUSD:16ドル

過去24時間のスプレッドを自動表示しています。

表では1時間ごとの表示をしていますが、取得は1分ごと、平均スプレッドは1時間の平均を表示しています。

最大、最小スプレッドは1時間ごとの最大値、最小値を表示しています。

国内からのスピード

平均時間最大時間最小時間
160.8ms782.4ms102.7ms
164.3ms213.9ms103.6ms

過去24時間のレイテンシーを自動表示しています。

平均値最大値
有利な滑り0.0pips0.0pips
不利な滑り0.0pips0.0pips

スリッページは自動売買EAを使い、TP/SL発生時の滑りを調査しています。

MT4 MT5
香港など 香港など

Exnessのサーバー場所はMT4、MT5ともに香港になることが多いです。

ただ、サーバーによってはシンガポールやオランダになることもあるので、VPSを借りる前にサーバー場所を確認するようにしましょう。

サーバー場所の確認方法
・MT4を立ち上げる
・ナビゲーターの口座名の箇所で右クリック
・バーチャルサーバーを登録をクリック

取引条件(ボーナス、レバレッジ、ロスカット、ゼロカット)

ボーナス
レバレッジ
ロスカット
ゼロカット
口座開設ボーナス 入金ボーナス キャッシュバックボーナス
なし なし なし

Exnessでは口座開設ボーナス、入金ボーナスなど、一切のボーナスがありません。

取引ごとのキャッシュバックボーナスもないです。

(キャッシュバックは次で紹介するプレミアプログラムで開催される場合があります)

 
プレミアプログラム

プレミアプログラムはExnessで多くの入金・取引をしているトレーダー向けの優遇プログラムです。

サポートが手厚くなるだけでなく特別プロモーションや報酬をもらうことができます。

一定の取引条件が必要になりますが、ぜひプレミアプログラムの条件を満たして特典や報酬を受け取りましょう。

 
プレミアプログラムの特典と報酬

プリファード エリート シグネチャー
優先お客様サポート
会員限定教材
強化されたトレーディング分析
特別プロモーションおよび報酬
専属アカウントマネージャー
担当Exnessアカウントマネージャーと対面
Exnessトップマネジメントと対面
年次プレミアガライベント

プレミアプログラムは3つのランクがあり、プリファードは4つの特典(優先サポート、会員限定教材、分析ツール、特別プロモーション・報酬)を受け取ることができます。

プロモーションや報酬については、プレミア会員限定で公開となります。

また、エリートになれば専属マネージャーが付き、担当者と会って打ち合わせすることが可能になります。

シグネチャーになると、年次のイベントに参加することができるようになります。

 
プレミアプログラムの参加条件

ランク プリファード エリート シグネチャー
生涯入金額 2万ドル 5万ドル 10万ドル
四半期毎の取引量 5000万ドル 1億ドル 2億ドル

プレミアプログラムに参加するためには、入金額の累計が2万ドル(約260万円)、四半期(3ヶ月)で5000万ドル(約65億円=約500ロット)の取引が必要になります。

3ヶ月で500ロットであれば1ヶ月あたり170ロットほどの取引となります。

1ヶ月稼働日が22日だとすると1日7.7ロットの取引でプレミアプログラムに参加可能となりますので、ぜひ挑戦してみましょう。

Exnessのボーナスやプレミアプログラムについては以下のページで詳しく解説しています。

Exnessはボーナスがある?キャンペーンとキャッシュバック

口座残高 スタンダード セント プロ ロースプレッド ゼロ
~999㌦ 無制限 無制限 無制限 無制限 無制限
~4,999㌦ 2000倍 2000倍 2000倍 2000倍 2000倍
~29,999㌦ 1000倍 1000倍 1000倍 1000倍 1000倍
30,000㌦~ 500倍 500倍 500倍 500倍 500倍

※初期のレバレッジは2,000倍となっています。

Exnessでは初期レバレッジが2000倍に設定されているますが、条件を満たすと999ドルの証拠金までは無制限レバレッジとなります。

無制限と言っても約21億倍となり、1円で21億円のトレードをすることが可能になります。

口座残高が上がるにつれて、最大レバレッジが下がっていくので、注意しましょう。

 
無制限レバレッジに変更するための条件

無制限レバレッジに変更するための条件

  • 10回の取引・5ロット以上の取引
  • Exnessの無制限レバレッジに変更するためには、合計10回および5ロットの取引が必要になります。

    初期レバレッジは2000倍となっているため、10回の取引、5ロット以上の取引条件を満たしてから変更するようにしましょう。

     
    指標発表時のレバレッジ制限

    レバレッジ制限 制限される時間
    200倍 指標発表の15分前~5分後まで

    Exnessでは指標発表の15分前~指標発表の5分後まで、影響を受ける通貨ペアのレバレッジが200倍まで制限されます。

    指標前後のハイレバトレードはできないため、注意するようにしましょう。

    レバレッジが制限されても、Exnessはロスカット水準は0%なので、ロスカットには影響ありません。

    > Exness 経済指標カレンダー

     
    週末と土日(日本時間:月曜日朝も少し)のレバレッジ制限

    レバレッジ制限 制限される時間
    200倍 金曜18時~日曜23時(MT4時間)
    Exnessの週末・土日のレバレッジ制限

  • 金曜日18時 [日本時間:(夏)土曜日朝3時 (冬)土曜日朝4時]
  • 日曜日23時 [日本時間:(夏)月曜日朝8時 (冬)月曜日朝9時]
  • Exnessでは金曜日の18時(市場終了3時間前)~日曜日の23時(市場開始後2時間後)まではレバレッジが200倍に制限されます。

    ExnessのGMT時間はGMT+0なので、夏時間は21時に閉場、冬時間は22時に閉場となっています。

    月曜日の朝は開場後2時間はレバレッジが制限されているので、朝スキャや窓開け・窓埋めトレードには注意するようにしましょう。

    その他、レバレッジについては以下のページでCFDなどの全通貨ペアのレバレッジや、レバレッジの計算方法について解説しています。

    Exnessの最大レバレッジと証拠金・レバレッジ制限の条件

    参照:exness公式ヘルプ

    口座 マージンコール ロスカット水準
    セント 60% 0%
    スタンダード 60% 0%
    プロ 30% 0%
    ゼロ 30% 0%
    ロースプレッド 30% 0%

    Exnessではセント口座とスタンダード口座は60%、プロ口座、ゼロ口座、ロースプレッド口座は30%を下回るとマージンコール(ロスカット前の連絡)が来ます。

    マージンコールはスマホアプリの場合は文字が赤くなり、パソコンの場合は証拠金部分の背景が赤色になるので、違和感に気づくと思います。

    ロスカット水準は0%となり、Exnessのハイレバレッジを十分に活かせるように、証拠金維持率ギリギリまでロスカットされない仕様になっています。

    注意
    損失の割合ではなく、損失額が大きいものから順番に強制決済されると認識しておきましょう。

    ロスカットについては以下のページで計算方法なども解説しています。

    Exnessのロスカット水準(証拠金維持率)と計算方法

    スタンダード セント プロ ロースプレッド ゼロ
    ゼロカット採用 ゼロカット採用 ゼロカット採用 ゼロカット採用 ゼロカット採用

    ゼロカットの流れ

    STEP.1
    強制ロスカット
    証拠金維持率が0%以下になると、ポジションの利益率が低いものから自動決済されていく
    STEP.2
    マイナス残高になる
    ロスカット水準が0%なので、ポジションが決済されると残高がマイナスになる
    STEP.3
    残高がゼロになる
    マイナス残高が自動的に0円になる

    Exnessではロスカットがないため、証拠金が0円以下になると、自動的にポジションが決済されていき、全てのポジションが無くなったら0円になります。

    ゼロカットになるための条件やルールもなく、特に審査等もありません。

    すぐに0円になるため、追加入金もすぐに行うことが可能です。

    ゼロカットについては以下のページで詳しく解説しています。

    Exnessのゼロカットは追証がない?ゼロカットのタイミングと条件

    Exnessの会社情報とライセンス・信託保全

    会社情報
    現地レポート
    ライセンス
    信託保全
    サービス名 Exness
    会社名 Exness (SC) Ltd
    (旧社名:Nymstar Limited)
    住所 Office 107, 1st Floor, Waterside Property Ltd, Eden Island, Mahe, Seychelles
    電話番号 (+248) 4346767
    設立 2008年
    金融ライセンス セーシェル(FSA)
    ライセンス番号:SD025
    グループ会社/ライセンス Exness B.V.(キュラソーおよびシント・マールテン中央銀行)
    Exness (VG) Ltd(英領バージン諸島)
    Exness (MU) Ltd(モーリシャス)
    Exness ZA (PTY) Ltd(南アフリカ)
    Exness (Cy) Ltd(キプロス)
    Exness (UK) Ltd(イギリス)

    > 監督機関の詳細はコチラ
    WEBサイト https://www.exness.com/ja/
    問い合わせ https://www.exness.com/ja/contacts/
    その他 補償基金:Financial Commissionに加盟

    Exnessは2008年設立の世界的に大手の海外FX業者で、ベトナムやタイ、インド、南アフリカなど、アジアを中心に世界中にサービスを展開しています。

    日本には2021年頃に参入をし、少しずつ勢力を伸ばしている状況です。

     
    Exnessの世界シェアは1位

    Finance Magnates Intelligenceという海外の金融レポートによると、Exnessの世界シェアはNo.1となり、2位のIC Marketsと比べても3倍ほどの取引量を誇ります。

    CFDの取引が多いようで、ExnessのIB担当に聞いてみると、ゴールドの取引が全体の60%ほどになるようです。

    Exnessは本拠地のキプロスとライセンス先のセーシェルを調査しました。

    本拠地はキプロスで目立つ建物

    キプロスにあるExnessは非常にきれいなビルと大きなロゴで、周辺からもすぐに分かりました。

    広い敷地と大きなヤシの木が特徴的です。

    PortoBellaの入り口と案内板

    ビルは別の名前が付いていて、全てがExnessという訳ではなさそうです。

    ただ、1階の一部と2階~4階のほとんどがExnessとなっているので、相当数の従業員がいると思われます。

    キプロスにはExnessの営業車が800台

    Exnessの営業車

    Exnessは営業車のミニクーパーが800台もあり、リマソルの街中を走り回っているそうです。

    ロゴが印象的な車です。

     
    金融ライセンスはセーシェル

    Exnessの入っているWater Side

    Exnessの金融ライセンス先はセーシェルにあります。

    現地を調査してみると、コチラのWater Sideという名前の建物の中にExnessが入っていました。

    Exnessのテナントの入り口

    中に入ってみると、1つのテナントにExnessが入っているようで、ロゴが貼り付けてありました。

    コチラのWater SideはXMやIC Marketsが入っているエデンプラザのすぐ隣りにあり、この周辺に海外FX業者のセーシェル拠点が多くあるようです。

    セーシェルは人口が10万人ほどで、面積は455㎢(一番小さな香川県の4分の1)ほどの小さな島国です。

    日本向けライセンス その他ライセンス
    セーシェル(FSA) FCA,CySEC,ASIC,CMA,FSCA,FSC(モーリシャス),FSC(英領ヴァージン諸島),CBCS

    Exnessは日本向けのライセンスとしてセーシェルFSAを取得しています。

    グループ会社としては、イギリスFCAやキプロスCySEC、オーストラリアASICなど多数のライセンスを取得しています。

    セーシェル
    参照:FSA Exness (SC) Ltd

    セーシェルのライセンスはExness(SC)Ltdという会社名での登記があり、セーシェル金融庁(FSA)での確認も取れています。

    セーシェルの現地でもExnessの会社の実体を確認しています。

    参照:Exness お客様の資金の保全方法

    Exnessでは今のところ信託保全制度はなく分別管理のみで、万が一倒産した場合にトレーダーの資金を補償してくれる信託銀行はありません。

    海外では日本のように信託保全が義務付けられていなかったり、信託保全という制度が存在せず、独自で信託契約をする必要があります。

    今後、万が一の場合にトレーダーの資金が補償されるように、信託保全をしてくれるように期待しましょう。

    Exnessの口コミと出金拒否・トラブル情報

    良い口コミ
    悪い口コミ
    出金拒否
    トラブル等

    Exnessの良い評判をTwitterで探すと、レバレッジが高いことやスプレッドが狭いことなどの情報がたくさんできました。

    出金が早いとの情報も非常に多かったです。

    Exnessはレバレッジが最大で無制限で、スプレッドも狭いので、特徴がとてもはっきりしています。

    Exnessの悪い口コミを探してみると、スプレッドに関する投稿が多めでした。

    通常、MT4時間の0時台(Exnessで言う夏21時、冬22時)にスプレッドが広がることが多いですが、Exnessでは1時台でも広いです。

    朝スキャをやっている人からすると、非常に不利な環境となります。

    また、出金が機械的に拒否されるなどもトラブルも多めでした。

    Exnessの出金拒否について調べてみると、結構いろいろと情報が出てきました。

    他の業者のように、一方的にアカウント削除されることは無さそうですが、機械的に出金を拒否され、その後サポートに連絡をしても、あまりしっかりと対応して頂けないようです。

    追加の書類を提出している人も多いので、機械的に検知されて出金拒否となり、その後に資料などを提出して出金される。という流れになっている感じです。

    一旦出金拒否になってしまうと、何度もサポートとやり取りをすることになり、精神的に疲弊してしまう人が多い印象でした。

    Exnessのトラブル関係を調べてみると、口座凍結された事例が1つありました。

    その人は出金拒否を受けていて、何度もサポートとやり取りをしていましたが、アカウントごと削除されてしまったようです。

    また、サーバーのトラブル情報や、VPSの不具合についての投稿もいくつかありました。

    入出金、VPS

    Exnessの入出金と無料で利用できるVPSについて紹介します。

    入金
    出金
    VPS
    入金手数料 反映時間 最低入金額
    VISA/MASTER/JCB等 無料 即時 10ドル
    bitwallet 銀行無料,クレジット8%~8.5% 即時 10ドル
    銀行1%,クレジット3.85% 即時 10ドル
    国内銀行送金 銀行側の手数料のみ 1時間~1営業日 10ドル
    仮想通貨 振込元の手数料のみ ~15分程度 10ドル
    無料 ~30分程度 10ドル

    Exnessの入金方法は6種類あり、10ドルから入金可能です。

    Exnessへの入金には手数料がかかりませんが、bitwalletやSTICPAYへの入金手数料や、振込手数料はかかります。

    銀行送金は国内銀行送金なので、出金の時も手数料がかからず便利です。

    最低出金額 出金手数料 かかる時間
    10ドル 無料 1営業日~
    bitwallet 1ドル bitwalletへの出金(無料)
    bitwalletから銀行(824円)
    即時
    1ドル STICPAYへの出金(無料)
    STICPAYから銀行(800円+2%)
    即時
    国内銀行送金 210ドル 無料 2~3営業日
    10ドル 無料 1営業日~
    1ドル 無料 30分~

    Exnessの出金は手数料がかからず出金することができ、出金方法によって最低金額が変わってきます。

    クレジットカード出金は入金額と同額までしか出金できないので、利益の出金はできません。

    その他の方法は利益の出金も可能です。

    Exness VPS無料利用の条件
    • 500ドル以上の入金
    • 100ドル以上の余剰証拠金
    • 過去30日に50万ドル(約5ロット)の取引

    ExnessのVPSを無料で借りる条件は500ドル以上の入金と、余剰証拠金が100ドル以上、過去30日に50万ドル以上(約5ロット)の取引が必要になります。

    以前は取引条件はありませんでしたが、後から追加になっています。

    無料VPSを検討している方は500ドル以上の入金をして試してみると良いでしょう。

     
    ExnessのVPSのスペック

    VPSの仕様
    CPU 1コア
    メモリ 2GB
    HDD 50GB
    OS Windows Server 2019 64 bit

    Exnessの公式サイトに掲載されているVPSのハードウェア仕様です。

    スペックはあまり良いものではありませんが、500ドルの入金+取引で利用できるので、ぜひ活用していきましょう。

     
    動かせる自動売買EAの数

    メモリが2GBだとMT4を2個ほど稼働できるので、10個~20個くらいのEAを稼働できると思います。

    VPSを出来るだけ軽くするために、リモートデスクトップの画像の大きさを小さくしたり、画質を下げるなどの工夫も必要です。

    また、MT4のチャート数を減らしたり、ニュースをOFF、音をOFFなど工夫しながら使っていきましょう。

    安全性に対する評価

    ゲムゲム

    Exnessは普通に使っている分には問題が無いですが、出金拒否や口座凍結の証拠写真もあがっているので注意しましょう。

    Exnessは普通に使っている分には問題ありませんが、出金拒否の事例もいくつかあり、口座凍結の証拠写真もあがっているので注意が必要です。

    よほど激しい取引をしたり、急激に利益が出る場合は何かあるかもしれませんが、通常利用では問題無さそうに感じます。

    資金の入れすぎには注意をして、定期的に出金をするようにしましょう。

    みんなのExnessに対する評価

    Exnessの評価を教えてください。

    4.0
    Rated 4.0 out of 5
    非常に良い75%
    良い0%
    普通0%
    悪い0%
    非常に悪い25%
     
    Rated 1.0 out of 5
    2023年8月18日

    exnessは1か月ほどの利用でしたがスワップフリーのはずが10回の取引に1度ほどスワップポイントが取られ最大1ロットにマイナス1万円ほどのスワップポイントを取られていていくら利益を上げてもこれでは意味がないと思い利用をやめました皆さんも取引履歴に注意してください。

    Rated 5.0 out of 5
    2023年8月18日

    Exnessはスワップフリーでレバレッジ無制限がいい。

    EAで長期運用なのでVPSも使ってる。

    Rated 5.0 out of 5
    2023年8月6日

    Exnessは少額ハイレバ+利益が出たらすぐに資金移動を繰り返して稼いでる。

    Rated 5.0 out of 5
    2023年7月24日

    Exnessはボーナスは無いけどレバレッジが無制限なので少額ハイレバトレードに最高の業者!一攫千金狙うならココだね。

     

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA