MT4でヒストリカルデータを取得する方法と手順

mt4 ヒストリカルデータ

ゲムゲム

MT4でヒストリカルデータを取得する方法と流れを紹介して行きます。

MT4からヒストリカルデータを取得する方法を紹介して行きます。

ヒストリカルデータはいろんな方法で取得できますが、今回は一番簡単なMT4から取得する方法を解説します。

ぜひ参考にしてください。

MT4は初期の状態ではバックテストができない

MT4をインストールしたままの初期状態だと、バックテストがエラーになって動かないため、まずはヒストリカルデータを入れ替える作業が必要になります。

ヒストリカルデータは「過去のチャートデータ」なので、本来は利用する業者のものが好ましいです。

ただ、各業者ヒストリカルデータを提供している訳ではないので、今回はMT4からヒストリカルデータを取得して行きます。

別の方法でヒストリカルデータを取得する場合は以下のページを参考にしてください。

MT4のヒストリカルデータを削除する

まずはMT4に入っているヒストリカルデータを削除して行きます。

ファイル → データフォルダ

「ファイル」→「データフォルダを開く」をクリックします。

 
historyを選択

MT4のデータフォルダが開くので「history」をクリックします。

 
削除するサーバー名を選択

ヒストリカルデータを入れたいサーバー名を選択します。

 
削除したい通貨ペアを消す

ヒストリカルデータを入れたい通貨ペアを削除します。

チャートバーの増やす

続いて、MT4からヒストリー内の最大バー数を変更して行きます。

ツール → オプション

MT4の「ツール」→「オプション」をクリックします。

 
チャートからバー数を増やす

オプション内の「チャート」を選択し、「ヒストリー内の最大バー数」と「チャートの最大バー数」を調整します。

画像にある2147483647が最大になりますが、適当に9を連打してOKを押すと、自動的に最大数になっています。

新しくヒストリカルデータを取得する

希望の通貨ペアのヒストリカルデータをダウンロードして行きましょう。

今回はMT4からヒストリカルデータを取得して行きます。

注意点
「ヒストリーセンター」のデータはあくまでメタクオーツ社のヒストリカルデータとなり、FX業者のデータとは少し違う場合が出て来ます。
ヒストリカルデータをダウンロードする前と後ではチャートデータが少し変わる可能性があります。

ツール → ヒストリーセンター

MT4から「ツール」→「ヒストリーセンター」をクリックします。

 
ダウンロードしたい通貨ペアと時間足を選択

検証したい通貨ペアを選択し、時間足を選んだら「ダウンロード」をクリックします。

 
OKを選択

「ダウンロード・アラート」が表示されますが、OKをクリックして先に進みます。

 
レコード数が増える

ダウンロードが完了すると上のデータベストに「〇〇レコード」のように数字が増えます。

 
閉じるで消す

そのまま「閉じる」を選択しましょう。

これでヒストリカルデータのダウンロードが完了です。

 
自動的にすべての時間足のデータができる

MT4のヒストリーセンターからデータを取得すると自動的にすべての時間足にデータが展開されます。

これでヒストリカルデータの入れ替えが完了したので、バックテストをして行きましょう。

まとめ

ゲムゲム

MT4でヒストリカルデータを取得する一番簡単な方法を紹介しました。

MT4でヒストリカルデータの取得方法を紹介して来ました。

MT4は初期のままではバックテストができないため入れ替える必要がありますが、この方法が一番簡単です。

ヒストリカルデータは各業者によって違ってきますが、エラーの少ないものであれば、有料のTDSのヒストリカルデータを使うようにしましょう。

その他、FXDDやAxioryなどは無料でデータが手に入るのでそのあたりも活用してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA