Vantageの特徴と会社情報・評価と取引環境をリアルタイム測定

vantageの評判と特徴

ゲムゲム

Vantageの特徴や会社情報、スプレッドなどの取引環境を紹介します。スプレッドや約定スピードなどは24時間リアルタイム計測をしています。

Vantageの特徴や取引条件、Vantageの会社について紹介していきます。

実際にVantageの本拠地オーストラリアと、金融ライセンス先であるバヌアツの現地調査もしましたので写真付きで紹介します。

スプレッドや約定スピード、スリッページについてはEAとインジケーターを使って24時間リアルタイム計測をしているので、参考にしてください。

Vantageの評価
ボーナス
(2.5)
レバレッジ
(4.0)
スプレッド
(4.0)
約定力
(3.0)
サポート対応
(3.0)
ライセンス
(3.0)
入出金
(3.0)
安全性
(3.0)
総合評価
(3.0)

Vantageの公式サイトはコチラ

↓ Vantageの特徴や評価について、動画で分かりやすく解説しているので参考にしてください。

Vantage口座タイプごとの評価

スタンダード口座 Raw口座 プレミアム口座
取引方式 STP方式 ECN方式 STP方式
口座開設ボーナス 無し 無し 無し
入金ボーナス 100万円 100万円 100万円
Vantage Rewards あり あり あり
レバレッジ 1000倍 1000倍 2000倍
スプレッド 広め 狭い もっと狭い
取引手数料 かからない 1ロット6㌦ かからない
1ロット 10万通貨 10万通貨 10万通貨
最小ロット 0.01ロット 0.01ロット 0.01ロット
最大ロット 200ロット 200ロット 200ロット
最大ポジション数 無制限 無制限 無制限
最低入金額 50ドル 50ドル 50ドル
ゼロカット ゼロカット採用 ゼロカット採用 ゼロカット採用
プラットフォーム MT4/MT5 MT4/MT5 MT4/MT5

Vantageはスプレッドが非常に狭く、海外FX業者の中でも上位に入る業者です。

ボーナスは入金ボーナスと「Vantage Rewards」という独自特典ですが、狭いスプレッドと入金ボーナス活かしたトレードをしていきましょう。

リアルタイム計測(スプレッド、約定速度、滑り、サーバー場所)

ゲムゲム

Vantageのスタンダード口座、Raw口座のスプレッド、約定スピード、スリッページをリアルタイム計測しています。

※滑りに関しては決済時にTP/SLが必要なので、自動売買EAを使い不定期にデータが出てきます

スプレッド
約定スピード
スリッページ
サーバー場所

スタンダード口座

平均スプレッド最大スプレッド最小スプレッド
USDJPY1.9pips13.8pips1.4pips
EURJPY1.9pips20.0pips1.2pips
GBPJPY2.7pips38.4pips1.3pips
AUDJPY2.6pips23.7pips1.7pips
NZDJPY2.4pips12.3pips1.5pips
EURUSD1.4pips8.7pips1.1pips
GBPUSD1.7pips19.6pips1.0pips
AUDUSD1.8pips14.1pips1.4pips
AUDNZD2.8pips19.4pips1.5pips
XAUUSD.2.2pips4.6pips2.2pips

 
Raw口座

平均スプレッド最大スプレッド最小スプレッド
USDJPY+0.6pips12.5pips0.1pips
EURJPY+0.7pips20.0pips0.0pips
GBPJPY+1.5pips37.2pips0.1pips
AUDJPY+1.4pips22.5pips0.5pips
NZDJPY+1.2pips11.1pips0.3pips
EURUSD+0.2pips7.5pips0.0pips
GBPUSD+0.5pips18.3pips0.0pips
AUDUSD+0.6pips12.9pips0.2pips
AUDNZD+1.6pips18.2pips0.3pips
XAUUSD+0.8pips3.5pips0.8pips
※別途取引手数料が1ロット6ドルかかります

 
プレミアム口座

平均スプレッド最大スプレッド最小スプレッド
USDJPY.p0.7pips12.1pips0.2pips
EURJPY.p0.7pips20.0pips0.0pips
GBPJPY.p1.9pips37.6pips0.5pips
AUDJPY.p2.6pips23.7pips1.7pips
NZDJPY.p2.4pips12.3pips1.5pips
EURUSD.p0.7pips8.0pips0.4pips
GBPUSD.p0.9pips19.9pips0.2pips
AUDUSD.p0.8pips13.1pips0.4pips
AUDNZD.p2.8pips19.4pips1.5pips
XAUUSD.p12.0pips36.0pips12.0pips

過去24時間のスプレッドを自動表示しています。

表では1時間ごとの表示をしていますが、取得は1分ごと、平均スプレッドは1時間の平均を表示しています。

最大、最小スプレッドは1時間ごとの最大値、最小値を表示しています。

国内からのスピード

平均時間最大時間最小時間
314.4ms390.6ms251.3ms
308.3ms671.3ms250.2ms

過去24時間のレイテンシーを自動表示しています。

平均値最大値
有利な滑り0.8pips4.7pips
不利な滑り0.0pips0.0pips

スリッページは自動売買EAを使い、TP/SL発生時の滑りを調査しています。

MT4 MT5
ニューヨーク ニューヨーク

Vantageのサーバー場所はMT4、MT5ともにアメリカのニューヨークになります。

約定スピードを考えると、ニューヨークのサーバーを借りるのをおすすめします。

取引条件(ボーナス、レバレッジ、ロスカット、ゼロカット)

ボーナス
レバレッジ
ロスカット
ゼロカット
口座開設ボーナス 入金ボーナス Vantage Rewards
なし 100万円 あり

Vantageのボーナスは入金ボーナスとVantage Rewardsがあります。それぞれの特徴について解説します。

入金ボーナス50%(上限5万円)と20%(上限95万円)

参照:Vantage 50%入金ボーナス

入金ボーナス
初回ボーナス 入金の50%(上限5万円)
入金の20%(上限95万円)
2回目以降 入金の20%(上限95万円)
(初回ボーナスとあわせて100万円まで)
ボーナスの出金 利益の出金のみ可能

Vantageの入金ボーナスは、初回が50%ボーナス(上限5万円)+20%ボーナス(上限95万円)となります。

2回目以降は、入金の20%ボーナス(上限95万円)が利用可能です。

つまり初回ボーナスと合わせて、最大で100万円のボーナスとなります。

そのほか、入金ボーナスの受け取る条件や注意事項は以下のとおりです。

入金ボーナスの条件
  • PAMM口座、セント口座は対象外
  • レバレッジを1000倍にした場合は対象外
  • 入金ボーナス専用ページからの入金が必要
  • クッション機能あり
  • ボーナス自体は出金できないが、利益の出金は可能
  • 資金を出金すると同額のボーナスが消滅

※レバレッジを1000倍にすると入金ボーナスが受取不可になります。口座開設時にレバレッジは1000倍以外を選択するようにしてください。

 
Vantage Rewards(バンテージ リワーズ)

Vantage Rewards(バンテージ リワーズ)はポイントを貯めて様々なサービスや現金に交換ができるロイヤルティプログラムになります。

他の業者ではボーナスや現金への交換が多いですが、Vantageの場合は利益倍増や損失半減などの、取引に対するサービスもあります。

ポイントは4種類のサービスの中から自由に選択することができるので、必要に応じて使い分けていきましょう。

 
過去90日の取引数で4段階のランクに分かれる

Vantage Rewardsは過去90日間の取引量によってランクが分かれます。

100万米ドル(約1ロット)が単位となりますが、ブロンズは0~2.99、最大でプラチナは60以上となります。

取引数が多いほど、もらえるポイントが多くのなるので、ぜひたくさん取引できるように挑戦してみましょう。

 
Vantage Rewardsの特典

Vantage Rewardsの特典は現在4種類となります。

運命の輪

運命の輪は1回あたり100ポイントを使ってルーレットをすることができます。

 
ラッキードロー

ラッキードローは50ポイントを使って20ドルの賞金が当たる抽選券に交換することができます。

抽選は1週間に1回となり、10名の当選者が選ばれます。

抽選確率は公表されていないですが、当たれば通常の交換よりも大きな賞金を手に入れることができます。

ぜひ挑戦して、賞金を手に入れましょう。

 
現金償還

現金償還は200ポイントを使って1ドルの現金に交換することができます。

現金償還は確実に現金が手に入るので、個人的には現金償還がおすすめです。

次で紹介するバウチャーか現金償還を選ぶと良いでしょう。

 
バウチャーの引き換え

バウチャーの種類

  • プロフィットブースター:使用後、最初の取引の利益が2倍(最大30ドル)
  • ロスプロテクションバウチャー:使用後、最初の取引の損失が半分(最大30ドル)
  • デポジットリベート:入金に対して5%のキャッシュバック(最大50ドル)
  • バウチャー(引換券)は3種類の中から選ぶことができ、「利益が2倍」「損失が2分の1」「入金に対して5%増量」の特典を選ぶことができます。

    消費ポイントは1000ポイントで大きいですが、指標発表時など大きな取引をする時に、プロフィットブースターやロスプロテクションバウチャーを使うのがおすすめです。

    また、多めの入金をする時は、デポジットリベートを使ってみると良いでしょう。

     
    Vantage Rewardsの条件

    Vantage Rewardsの条件
    • 口座開設をして取引すれば自動的にポイントが付く
    • 有効期限は最終取引から1年間
    • 5分以上のポジション保有が必要

    Vantageのボーナスについては以下のページで詳しく解説しています。

    Vantageの入金ボーナスとVantage Rewardsの受取り方と条件

    スタンダード口座 Raw口座 プレミアム口座
    1000倍 1000倍 2000倍

    Vantageの最大レバレッジは、スタンダード口座とRaw口座が1000倍、プレミアム口座が2000倍となっています。

    他の低スプレッド業者(TitanFX500倍、Axiory400倍)となっているので、Vantageは比較的レバレッジは高い設定になっています。

     
    Vantageは2万ドル以上で500倍にレバレッジ制限

    2万ドル未満 2万ドル以上
    1000倍 500倍

    Vantageでは2万ドル未満(約260万円)の証拠金はレバレッジ1000倍ですが、2万ドル以上の証拠金になるとレバレッジが500倍に制限されます。

    他の業者と比べて制限は少ない方ですが、証拠金を入れすぎると最大レバレッジが制限されるので気を付けましょう。

     
    CFDのレバレッジ

    貴金属 エネルギー 株式指数 コモディティ 仮想通貨
    20~1000倍 20~1000倍 20~1000倍 20倍 5~200倍

    VantageのCFDは商品によって最大レバレッジが違いますので、事前に確認しておきましょう。

     
    レバレッジ1000倍だとボーナスがもらえない

    レバレッジ1000倍の口座は、本特典を含む、いかなるクレジットキャンペーンも対象外となります。
    参考:Vantage Global Limited 入金ボーナスキャンペーン

    Vantageの入金ボーナスは、レバレッジを1,000倍にするとボーナス対象外となってしまいます。

    入金ボーナスを受け取るには、口座開設時にレバレッジ1000倍以外を選択してボーナスを受け取れるようにしましょう。

    Vantageのレバレッジについては以下のページで詳しく解説しています。

    Vantageの最大レバレッジ・レバレッジ制限と設定・確認方法

    スタンダード口座 Raw口座 プレミアム口座
    マージンコール 100% 100% 30%
    ロスカット 50% 50% 0%

    Vantageのロスカットは、スタンダード口座とRaw口座が50%以下になるとロスカットになり、プレミアム口座は0%以下でロスカットになります。

    マージンコールはスタンダード口座とRaw口座で100%、プレミアム口座で30%となります。

    Vantageで複数のポジションで取引をしている場合、ロスカット水準を下回ると含み損が大きいポジションからロスカットされるようになっています。

    注意
    損失の割合ではなく、損失額が大きいものから順番に強制決済されると認識しておきましょう。

    ロスカットについては以下のページで計算方法なども解説しています。

    Vantageロスカット水準の条件とマージンコール・計算方法

    スタンダード口座 Raw口座 プレミアム口座
    ゼロカット ゼロカット ゼロカット

    Vantageではゼロカットが採用されているため、マイナス残高が発生しても、追証請求されることはありません。

    ゼロカットになった場合、自動的にマイナス残高を解消されることは無いので、サポートに連絡をする必要があります。

     
    ゼロカットはサポートへの申請が必要

    Vantageでゼロカットになった時はサポートに連絡をして残高をリセットしてもらう申請をします。

    japan.support@vantagefx.comに連絡を取り「氏名、口座番号、マイナスになった日時、マイナスの金額」をサポートに連絡するようにしましょう。

    Vantageの会社情報とライセンス・信託保全

    会社情報
    現地レポート
    ライセンス
    信託保全
    サービス名 Vantage
    会社名 Vantage Global Limited
    住所 1st Floor, Icount Building, Kumul Highway, Port Vila, Vanuatu
    電話番号 (+678)22159
    設立 2009年
    金融ライセンス バヌアツ(VFSC)
    ライセンス番号:700271
    グループ会社/ライセンス Vantage International Group Limited/バヌアツ
    Vantage Global Prime Pty Ltd/オーストラリア
    WEBサイト https://www.vantagejapan.com/
    問い合わせ https://www.vantagejapan.com/contact-us/

    Vantageは2009年に設立された海外FX業者で、オーストラリアを拠点に活動しています。

    金融ライセンスはバヌアツで取得しています。

    Vantageは一度日本に進出していますが、オーストラリア金融庁の兼ね合いで2020年に一時撤退をしています。

    その後、2022年に再進出をしている業者です。

    Vantageはオーストラリアの本拠地とライセンス先のバヌアツを調査しました。

    本拠地はオーストラリア

    Vantageのビル外観

    Vantageのオーストラリアにある本拠地を現地調査しました。

    コチラはVantageの入っているビルの外観です。

    1階案内板 Vantageは12階

    1階の案内板を見ると、Vantageは12階に入っています。

    12階のVantageno入口からの写真

    12階のVantageが入っているテナントの入り口の写真です。

     
    金融ライセンスはバヌアツ

    バヌアツのライセンス先住所に行ってみると、iCOUNTという管理会社がありました。

    コチラでVantageの登記やライセンス取得などが代行されているようです。

    建物全体的を見ましたが、Vantageのロゴ等は見当たりませんでした。

    実体は無いものと見られ、登記だけしていると思われます。

    日本向け その他
    バヌアツ(VFSC) FCA,ASIC,CIMA

    Vantageは日本向けのライセンスとしてバヌアツVFSCのライセンスを取得しています。

    グループ会社としてはイギリスFCAやオーストラリアASICなどを保有しています。

    バヌアツ
    参照:VFSC REGISTER SEARCH

    バヌアツではVANTAGE SERVICES LIMITEDという名前でバヌアツ金融庁の登録がありました。

    信託保全の有無 管理銀行
    信託保全あり コモンウェルス銀行

    Vantageでは信託保全制度があり、コモンウェルス銀行というオーストラリアの銀行で会社全体で2,000万ドルの補填がされるように契約しています。

    Vantageの場合は「1人いくら」ではなく会社全体での上限が決まっているので注意しましょう。

    Vantageの口コミと出金拒否・トラブル情報

    良い口コミ
    悪い口コミ
    出金拒否
    トラブル等

    Vantageの良い評判をTwitterで探すと、スプレッドの狭さやボーナスが付くことに対して評価されているようです。

    日本再進出の際は、口座開設ボーナスが1万円付いて話題となりましたが、現在は入金ボーナスとVantage Rewardsという独自の特典となります。

    スプレッドはThreeTraderほどではありませんが、かなり狭い方です。

    Vantageの悪い口コミを探してみると、出金や口座開設の対応が遅いとの投稿がありました。

    出金拒否のタブでも紹介していますが、あまりにも対応が遅すぎて出金トラブルの状態となっています。

    サポートに連絡をしても対応してもらえずに困るケースがあるようです。

    Vantageの出金拒否について調べてみると、スクリーンショット付きの情報ではありませんが、出金拒否や出金対応してもらえない。などの情報が数件ありました。

    サポートに質問をしても返答がないこともあり、不安になっている利用者さんも多そうです。

    Vantageのトラブル関係を調べてみると、出金関係の投稿が見られました。

    出金が遅いため「もう利用しない」と言っている人もいました。

    Vantageは2022年の再進出後もサポートが充実せず、チャットに連絡をしても返信がない。なども続いている状態です。

    入出金・VPS

    Vantageの入出金やVPSについて紹介します。

    入金
    出金
    VPS
    入金方法 手数料 反映時間
    VISA/MASTER/JCB 無料 即時
    bitwallet 銀行無料,クレジット8%~8.5% 即時
    銀行1%,クレジット3.85% 即時
    国内銀行送金 銀行の振込手数料 30分前後
    Google Pay 無料 即時
    仮想通貨 振込元の手数料のみ ~15分程度
    最低入金額
    50ドル

    Vantageの入金方法は6種類で、クレジットカードの他、bitwalletやSTICPAY、Google Payなどでも入金することが可能です。

    最低入金額は全ての口座で50ドルからとなっています。

    利益の出金 出金手数料 かかる時間
    不可 無料 1営業日~
    bitwallet 可能 bitwalletへの出金(無料)
    bitwalletから銀行(824円)
    即時
    可能 STICPAYへの出金(無料)
    STICPAYから銀行(800円+2%)
    即時
    国内銀行送金 可能 無料 2~3営業日
    仮想通貨 可能 無料 1営業日~
    最低出金額
    3000円

    Vantageの出金は基本的に入金と同じ方法となります。

    クレジットカードは入金額以上の出金ができないため、銀行送金を使って出金するようにしましょう。

    参照:Vantage無料VPSサービス

    VPS会社 返金補助額 返金方法
    自由に選べる 毎月最大50ドル
    (円の場合は5,000円)
    毎月請求書をアップ

    VantageではVPSの無料貸し出しではなく一定条件を満たした場合にVPS代金を返金してくれる制度となっています。

    返金額は毎月最大50ドルとなっていて、比較的に大きな金額になっています。(円の場合は5,000円)

    毎月請求する必要がありますが、VPSの料金やスペックを自由に設定することができるため、見方によっては非常に使い勝手が良い内容になっています。

     
    利用するVPS会社はどこでも大丈夫

    VantageでVPS制度を利用する場合、利用するVPS会社はどこでも大丈夫です。

    国内のVPS会社の場合は支払いが円になり、5,000円が最大になるため、ドルで支払いをする海外VPSの方が少しお得になります。

    Vantageの通信先IPアドレスを確認するとアメリカが表示されたので、ニューヨークサーバーを利用するのが良いと思います。

     
    VantageのVPS利用条件とルール

    VantageのVPSを利用するには以下の3つの条件を満たす必要があります。

     
    1000ドル以上の入金

    まずはVantageに1000ドル以上の入金が必要になります。私の場合は円口座なので15万円を入金しています。

    Vantageでは入金をすると初回は5万円までの50%ボーナス(5万円以上は20%)、2回目以降は20%ボーナスがもらえるので、ボーナスも上手く活用していきましょう。

    口座開設ボーナスがある状態で入金をすると口座開設ボーナスが消滅するので、口座開設ボーナスを使い終わってから入金するようにしましょう。

     
    毎月100万ドル分(約10ロット)の取引

    100万ドル分の取引とは?
    EURUSD:10ロット(100万通貨分)
    USDJPY:14ロット(ドル円140円の場合)

    VPSを利用するには毎月100ドル分の取引が必要になります。

    100ドル分は非常に分かりにくいですが、EURUSDなどの決済通貨がドルの場合は10ロットとなり、USDJPYなどの決済通貨が円の場合は為替によって変わってきます。

    約10ロット~15ロットほどの取引をすれば、VPSの料金が返金されます。

     
    毎月請求書をアップロード

    請求書は毎月、Vantageの会員ページからアップロードして請求をする必要があります。

    毎月手続きが必要になるため、手間がかかるのがデメリットです。

    請求するのを忘れないように、手帳やカレンダーにメモするようにしましょう。

    VPSの条件や請求方法については以下のページで詳しく解説しています。

    VantageのVPS 利用できる入金額と取引ロット数

    安全性に対する評価

    ゲムゲム

    Vantageはまだ日本での実績が少ないので情報量が少ないですが、出金に少し不安が残ります。

    Vantageはまだ日本での実績が少ないため、SNSなどの情報が少なめです。

    出金の対応が遅かったり、サポートから返事が無かったりなどの不安が残ります。

    サポートに日本人が常駐すれば状況が変わってくるかもしれないので、まずは一度サポートに日本語対応をしているか確認してみると良いでしょう。

    みんなのVantageに対する評価

    Vantageの評価を教えてください。

    3.0
    Rated 3.0 out of 5
    非常に良い50%
    良い0%
    普通0%
    悪い0%
    非常に悪い50%
     
    Rated 5.0 out of 5
    2023年8月17日

    サポートがクソすぎるという評価が出てますが、確かにレスポンスは良くないですね。ただ、Exnessの日本語サポートのように2~3週間梨のつぶてなんて状況よりも全然マシじゃないですかね?

    入出金手段も多いですし、スピードも早いです。トレード環境も整ってますし、今のところ問題は見当たりません。

    最難関と言われるイギリスのFCAのライセンスやオーストラリアのASICのライセンスを保有して、その監督下にあるだけでも信頼に値すると思います。

    Rated 1.0 out of 5
    2023年8月15日

    サポートがクソすぎる

     

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA