デュアル・キャスト EX-NEOのEA検証結果

ゲムゲム

今回はデュアル・キャスト EX-NEOを検証して行きたいと思います。
ぜひEAを使うかどうかの参考にしてください。

GogoJungleの有料EA「デュアル・キャスト EX-NEO」をTDS(Tick Data Suite)を使ってバックテストを行ったので、結果を紹介して行きます。

実際のトレードと近くなるように、変動スプレッド、スリッページ機能を付け、スプレッドも平均的なスプレッドになるように補正しています。

デュアル・キャスト EX-NEOはUSDJPY専用のEAですが、成績はどうなのでしょうか。

当サイトでバックテストを行なった結果がコチラです。

更新日2024年3月31日

過去16年
2007.1~2024.3
リリース後
2020.5~2024.3
収益 +284,340円 -10,270円
収益率 +56.8% -2.0%
勝率 52.10% 48.93%
PF 1.11 0.98
最大ドローダウン 12.99%(72,350円) 8.41%(42,580円)
リスクリターン率 3.93 -0.24
平均利益 1,105円 1,159円
最大利益 20,720円 8,070円
平均損失 -1,079円 -1,129円
最大損失 -8,530円 -8,180円

※0.1ロット運用、証拠金50万円で検証しました。

バックテストの結果は、過去16年はプラス、リリース後はマイナスでした。

では、デュアル・キャスト EX-NEOを詳しく見て行きましょう。

デュアル・キャスト EX-NEOの詳細を確認する【今がお買い得】 | GogoJungle

デュアル・キャスト EX-NEOの特徴

取引タイプ 通貨ペア 時間足
スキャルピング USDJPY 1M
最大ポジション リリース日 価格
1 2020年5月15日 24,400円

デュアル・キャスト EX-NEOはUSDJPY専用のEAとなります。

最大ポジションは1つです。

GogoJungleでの公開成績

収益 +995,900円 収益率(全期間) 77.46%
プロフィットファクター 1.15 勝率 52.06% (644/1237)
初期ロット数 1.0ロット 最大ポジション数 1
リスクリターン率 3.03 最大ドローダウン 14.10% (328,600円)
平均利益 11,810円 最大利益 206,200円
平均損失 -11,146円 最大損失 -80,900円

デュアル・キャスト EX-NEOは公開成績を見ると、勝ったり負けたりしながら徐々に利益が積み上がっています。

月次分析(月間の損益)


月次分析を見ると、マイナスの月が半分くらいあります。

月間の取引回数

月間の取引回数は1ヶ月に20回前後になります。

Wealth Tech Systemsさんの他のEA


Wealth Tech SystemsさんはいくつかEAを出品されているようです。

2007年~のバックテスト結果

ゲムゲム

ここからは私が実際にTDSを使ってバックテストを行った結果を紹介して行きます。

スプレッド補正

基準値 TDS 補正値
USDJPY 1.60pips 0.59pips 1.01pips

スプレッドが広めの業者のスタンダード口座に合わせて検証しています。

(スプレッドが狭い業者を使うと、成績が良くなります)

変動スプレッドON、スリッページONにして、できるだけリアルに近い環境でテストしています。

収益 +284,340円 収益率(全期間) +56.80%
初期証拠金 500,000円 勝率 52.10%
プロフィットファクター 1.11 最大保有ポジション 1
最大ドローダウン 12.99%(72,350円) リスクリターン率 3.93
平均利益 1,105円 最大利益 20,720円
平均損失 -1,079円 最大損失 -8,530円

デュアル・キャスト EX-NEOは過去16年は+28.4万円でした。

成績の推移とドローダウン


補足説明
  • メイングラフの薄い赤色部分:停滞期間
  • 下方の赤色のグラフ:ドローダウン(山が大きいとドローダウンが大きい)
  • 一番下の青いグラフ:VIX指数
  • デュアル・キャスト EX-NEOをQuantAnalyzerで見てみると、途中2014年~2016年が停滞していますが、全体で見るとトータルでプラスです。

    年次・月次の成績・損益グラフ


    QuantAnalyzerを使った年次・月次の成績となります。2016年~2022年までは全てプラスで利益が出ています。

    直近の月次損益グラフ

    2024年

    2024年は今のところトータルでマイナスです。

    2023年

    2023年もマイナスの月が多く、トータルでマイナスです。

    2022年

    2022年は、トータルでプラスです。

    2021年

    2021年は前半マイナスが続いていますがトータルでプラスです。

    2020年

    2020年は3月が大きくプラスです。

    リリース後のバックテスト結果

    デュアル・キャスト EX-NEOのリリース後のバックテスト結果(≒フォワード結果)は以下のようになりました。

    「バックテスト結果とフォワードテスト結果が違いないか」、「過去データに最適化し過ぎていないか」など参考にしてください。

    収益 -10,270円 収益率(全期間) -2.0%
    初期証拠金 500,000円 勝率 48.93%
    プロフィットファクター 0.98 最大保有ポジション 1
    最大ドローダウン 8.41%(42,580円) リスクリターン率 -0.24
    平均利益 1,159円 最大利益 8,070円
    平均損失 -1,129円 最大損失 -8,180円

    2020年5月15日のリリース日以降のバックテスト結果は、マイナスでした。

    まとめ

    過去16年
    2007.1~2024.3
    リリース後
    2020.5~2024.3
    収益 +284,340円 -10,270円
    収益率 +56.8% -2.0%
    勝率 52.10% 48.93%
    PF 1.11 0.98
    最大ドローダウン 12.99%(72,350円) 8.41%(42,580円)
    リスクリターン率 3.93 -0.24
    平均利益 1,105円 1,159円
    最大利益 20,720円 8,070円
    平均損失 -1,079円 -1,129円
    最大損失 -8,530円 -8,180円

    ※0.1ロット運用、証拠金50万円で検証しました。

    ゲムゲム

    デュアル・キャスト EX-NEOは過去16年はプラス、リリース後はマイナスでした。

    GogoJungleのデュアル・キャスト EX-NEOのバックテストをしてきました。過去16年はプラスでしたが、リリース後の結果があまり良くありませんでした。

    ぜひ参考にしてください。

    デュアル・キャスト EX-NEOの詳細を確認する【今がお買い得】 | GogoJungle

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA