海外FX業者が提供している無料VPS一覧とスペック・条件

海外fx vps

ゲムゲム

海外FXの無料VPSについて紹介します☆ぜひ無料のVPSを上手く活用していきましょう!

海外FX業者が提供している無料VPSを紹介していきます。

無料のなる条件と、VPSのスペックについても紹介するので、ぜひ参考にしてください。

自動売買をやっている人は、ぜひ業者の無料VPSを上手く使って利益を上げていきましょう。

海外FXのVPSとは?VPSの特徴とメリット

VPS(Virtual Private Server)とはパソコンから仮想サーバーにログインして、もう1つのデスクトップを使えるようになることを言います。

パソコンの「リモートデスクトップ接続」からログインすることで、別のデスクトップにログインができ、そこでMT4やMT5を稼働することが可能です。

VPSは基本的に24時間稼働することを目的としているので、自動売買の運用におすすめとなります。

自動売買EAが24時間稼働できる

VPSの一番のメリットは自動売買EAが24時間稼働できるようになることです。

ご自身のパソコンでも自動売買を稼働することはできますが、電源を入れっぱなしにする必要があるため、パソコンの負荷がかかって寿命を縮めることになったり、音がうるさいなどの問題が生じます。

しかしVPSを使うことで、自身のパソコンは切ることができ、パソコンの負荷や音などを気にする必要がありません。

電源が落ちたり再起動しない

VPSは基本的に電源が落ちたり、Windowsのアップデートなどで勝手に再起動することがないので、基本的には24時間稼働することができます。

通常のパソコンの場合はWindowsのアップデートで再起動してしまったり、停電などで電源が落ちてしまうことがありますが、VPSは基本的に電源が落ちることはありません。

重要なタイミングで電源が落ちると大変なことになるので、そのような心配がなくなります。

約定スピードやスリッページが改善される

VPSは世界中にサーバーがあるため、海外FX業者のサーバーの近くにVPSを設置することができます。

業者のサーバー場所が遠いと、約定に時間がかかったり、時間がかかることによってマイナス方向へのスリッページが発生することがあります。

VPSを業者のサーバーの近くに置くことで、約定を有利に進めることができるため、滑りが気になる人などはVPSを使うのがおすすめです。

海外FX業者が提供している無料VPS一覧

業者名 無料になる条件 CPU メモリ HDD
xm ・1,000㌦以上の口座残高
・月に往復5ロット以上の取引
1コア 1.3GB 25GB
・500㌦以上の入金
・余剰金100ドル
1コア 2GB 50GB
・60万円以上の口座残高
・月に往復5ロット以上の取引
1コア 2.5GB 30GB
・3000㌦の口座残高
・月に5ロット以上の取引
1コア 3GB 16GB
・入金5000㌦
・月に5ロット以上の取引
1コア 1.3GB 25GB
・月に15ロット以上の取引 1コア 1.5~2.5GB 30~40GB
・2,000㌦以上の口座残高
・月に往復5ロット以上の取引
1コア 2.5GB 30GB
is6fx ・50万円以上の口座残高 1コア 1GB 40GB
・入金1000㌦
・1000万ドルの取引
VPSは自由に選択可能

ここからは海外FX業者が提供する無料VPSについて紹介します。

VPSを無料で使うためには条件があるので、条件とVPSのスペックを紹介していきます。

MT4は1~2つ程度(EAは10~15個くらい)ですが、上手く活用していきましょう。

XM:残高1000ドル+月5ロットの取引

参考:XM:VPS

口座残高 取引条件
1000ドル 5ロット/1ヶ月
XMのVPS仕様
  • CPU;1コア
  • メモリ:1.3GB
  • HDD:25GB
  • OS:Windows2012
  • VPS会社:BeeksFX
  • サーバー場所:イギリス
  • 条件未達の場合:28ドルかかる
  • XMでは1000ドルの口座残高と、1ヶ月に5ロット以上の取引が必要になります。

    条件を満たすとBeeksのブロンズプラン(CPU:1コア、メモリ1.3GB)のVPSが利用できます。

    条件が未達の場合は28ドルかかり、口座残高から差し引かれます。

    XMの無料VPSの仕様と条件・導入するまでの流れ
    XMの公式サイトはコチラ

    Exness:入金総額500ドル+余剰証拠金100ドル

    参考:Exness:VPS

    入金額 取引条件
    500ドル 100ドル以上の余剰証拠金
    ExnessのVPS仕様
  • CPU:2.00GHz(1コア)
  • メモリ:2GB
  • HDD:50GB
  • OS:Windows2012
  • サーバー場所:オランダ
  • 14日間取引がないと通知が来る。その後2日以内に取引がないとVPSは停止
  • Exnessでは累計500ドル以上の入金と、余剰証拠金が100ドル以上あればVPSを無料で利用することができます。

    取引ロット数の条件は無いので、比較的簡単にVPSが使えます。

    14日間取引が無いと通知が来て、その後2日後にVPSが停止してしまうため、しばらく取引がない時は0.01ロットのポジションを持っておくと良いでしょう。

    ExnessのVPS 無料で使える条件と仕様・利用方法
    Exnessの公式サイトはコチラ

    FXGT:残高3000ドル+月5GTロット

    参考:FXGT:VPSホスティング

    入金額 取引条件
    3,000ドル 5GTロット/月間
    FXGTのVPS仕様
  • CPU:1コア
  • メモリ:3GB
  • HDD:16GB
  • サーバー場所:イギリス
  • VPS会社:MetaQuotes社
  • FXGTは3000ドルの残高と、月間5GTロット(約5ロット)の取引が必要になります。

    GTロットは少し分かりにくいですが、ほとんど5ロットと同じなので、5ロットちょっとの取引条件を満たすようにしましょう。

    VPSはMetaQuotes社が提供するEAを利用することができます。

    FXGTの公式サイトはコチラ

    TitanFX:残高60万円+月5ロットの取引

    参照:TitanFX 無料VPS

    口座残高 取引条件
    60万円 5ロット/過去30日
    XMのVPS仕様
  • CPU;1コア
  • メモリ:2.5GB
  • HDD:30GB
  • OS:Windows2012
  • VPS会社:BeeksFX
  • サーバー場所:ニューヨーク
  • 条件未達の場合:3,000円かかる
  • TitanFXでは60万円の口座残高と、過去30日に5ロット以上の取引が必要になります。

    条件を満たすとBeeksのブロンズプラン(CPU:1コア、メモリ2.5GB)のVPSが利用できます。

    条件が未達の場合は3,000円かかり、口座残高から差し引かれます。

    TitanFXの無料VPSの仕様と条件・導入するまでの流れ
    TitanFXの公式サイトはコチラ

    HFM:入金5000ドル+5ロット(過去30日)

    参考:HFM:VPS

    入金額 取引条件
    5,000ドル 5ロット/過去30日
    HFMのVPS仕様
  • CPU:1コア
  • メモリ:1.3GB
  • HDD:25GB
  • OS:Windows2012
  • VPS会社:BeeksFX
  • サーバー場所:オランダ
  • シルバー:8,000ドル+8ロット、ゴールド:15,000ドル+15ロット
  • 条件未達の場合:30ドルかかる(ブロンズプランの場合)
  • HFMでは「過去30日に5000ドル以上の入金と5ロット以上の取引」が必要になります。

    VPSのプランは3つあり、他の業者と同じスペックのブロンズ以外に、シルバーとゴールドがあります。

    シルバーになるには「過去30日に8000ドル以上の入金と8ロット以上の取引」が必要になり、再度入金が必要になるので注意です。

    ブロンズからシルバーを目指すとかなりの資金が必要になるため、一気にシルバーやゴールドを目指す方がおすすめです。

    HFM無料VPSの利用条件とスペック・設定方法
    HFMの公式サイトはコチラ

    IC Markets:月15ロット

    参考:IC Markets:仮想専用サーバー

    入金額 取引条件
    15ロット/月間
    IC MarketsのVPS仕様
    ・CPU:1コア
    ・メモリ:1.5~2.5GB
    ・HDD:30~40GB
    ・VPS会社:ForexVPSBeeksFXNYC SERVERS

    IC MarketsのVPSは3社の提供があり、それぞれ少しずつスペックが変わってきます。

    入金額や口座残高の条件はありませんが、取引ロット数が月間15ロット必要になるため、それなりの取引が必要になります。

    IC Marketsの公式サイトはコチラ

    Axi:月20ロット

    参考:Axi VPSホスティング

    入金額 取引条件
    20ロット/月間
    IC MarketsのVPS仕様
    ・CPU:1コア
    ・メモリ:1~2GB
    ・VPS会社:ForexVPSCommercial Network Services

    AxiのVPSは入金額や口座残高の条件はありませんが、取引ロット数が月間20ロット必要になるため、それなりの取引が必要になります。

    ForexVPS、Commercial Network Servicesは1ヶ月で20ロット以上の取引をするとVPSが無料となります。

    Beeksは初月のみメモリが256MB追加され、30%OFFになり、MetaTrader VPSは月額10ドル(通常プランで15ドル)でVPSが利用可能です。

    Axiの公式サイトはコチラ

    TradersTrust:残高2000ドル+月5ロット

    参考:TradersTrust:VPS

    口座残高 取引条件
    2,000ドル 5ロット/1ヶ月
    TradersTrustのVPS仕様
  • CPU:1コア
  • メモリ:2.5GB
  • HDD:30GB
  • OS:Windows2012/2016、Linux
  • VPS会社:BeeksFX
  • シルバー:3000ドル+7ロット、ゴールド:5000ドル+10ロット
  • 条件未達の場合:25ドルかかる(シルバー:45ドル、ゴールド:80ドル)
  • ※初回のみBeeksに支払いをした後で、明細をTradersTrustに請求して返金してもらう必要がある

    TradersTrustのVPSは口座残高2000ドルと月間5ロットの取引で無料で利用することができ、HFMと同じように、シルバープランとゴールドプランもあります。

    TradersTrustは口座残高が条件になるため、新たに3000ドル、5000ドルの入金は必要なく、残高が3000ドル、5000ドルを上回ばOKです。

    初回のみBeeksFXに支払いをした後で、TradersTrustから返金をしてもらう必要がありますが、1回だけで済むので、ぜひ無料を目指しましょう。

    TradersTrustの公式サイトはコチラ

    IS6FX:残高50万円

    参考:IS6FX:VPS

    口座残高 取引条件
    50万円 なし
    IS6FXのVPS仕様
  • CPU:2.4GHz(1コア)
  • メモリ:1GB
  • HDD:40GB
  • OS:・Windows2012
  • 条件未達の場合:28ドルかかる
  • IS6FXのVPSは口座残高の条件はありますが、取引ロットの条件はありません。

    入金だけでVPSが使えるので、資金に余裕がある人はぜひやってみましょう。

    IS6FXの公式サイトはコチラ

    Vantage:入金1000ドル+100万ドルの取引

    参考:Vantage:VPS

    口座残高 取引条件
    1,000ドル 100万ドル分/1ヶ月
    VantageのVPS利用条件
  • VPS会社は自由に選択可能
  • 毎月最大50ドルまで
  • ※VPS会社に支払いをした後で、明細をVantageに請求して返金してもらう必要がある

    Vantageは無料VPSの提供ではなくVPSの返金制度となり、有料のVPSを契約して、それの利用料が返金される仕組みです。

    VPS会社の指定はないので、好きなVPS会社で契約をして返金してもらうようにしましょう。

    100万ドル分の取引は約10ロットになるので、1000ドルの入金と10ドルのロット条件を目指すと良いでしょう。

    VantageのVPS 利用できる入金額と取引ロット数
    Vantageの公式サイトはコチラ

    FBS:入金450ドル+月3ロット

    参考:FBS:VPS

    入金額 取引条件
    450ドル 5ロット/1ヶ月
    FBSのVPS仕様
  • CPU:2コア
  • メモリ:4GB
  • HDD:60GB
  • OS:Windows2012
  • ECN口座・クリプト口座は対象外
  • 条件未達の場合:33ドルかかる
  • FBSは1回での入金が450ドル以上になるようにし、月間5ロット以上の取引をすることでVPSが利用可能です。

    入金条件が非常に低いので、Exnessと同様におすすめです。

    FBSの公式サイトはコチラ

    海外FXにおすすめの有料VPS

    無料VPSだけでは足りない人向けに、海外FXにおすすめの有料VPSを紹介します。

    国内のVPS会社は基本的に国内にサーバーが置いてあるため、海外のVPS会社を使うようにしましょう。

    AxioryやExness、TradersTrustなどの日本もしくは日本の近くにサーバーがある場合は国内のVPS会社を使っても良いでしょう。

    Contabo(コンタボ)英語

    プラン VPS S VPS M VPS L VPS XL
    料金 6.99ドル 11.99ドル 19.99ドル 34.99ドル
    CPU 4コア 6コア 8コア 10コア
    メモリ 8GB 16GB 30GB 60GB
    SSD 50GB NVMe
    /200GB SSD
    100GB NVMe
    /400GB SSD
    200GB NVMe
    /800GB SSD
    400GB NVMe
    /1.6TB SSD

    Contaboは日本対応がなく英語のみですが、料金が非常に安く、容量も非常に大きいのでおすすめです。

    プランを選択する時に、Windowsは有料プランになるため、Linuxが使える人はLinuxを使うのがおすすめになります。

    ドルで支払うよりもユーロで支払う方が割安です。

    Contaboはサポート対応も悪くないので、翻訳ツールを使って上手くやれる人にはおすすめです。

    > Contabo VPSの特徴と料金・設定方法と使い方まとめ
    Contabo VPSの公式サイトはコチラ

    VULTR(ヴァルチャー)

    ロンドン ニューヨーク 日本
    メモリ SSD CPU 価格(税込)
    0.5GB 10GB 1コア 月額2.5ドル
    1GB 25GB 1コア 月額5ドル
    2GB 55GB 1コア 月額10ドル
    4GB 80GB 2コア 月額20ドル
    8GB 160GB 4コア 月額40ドル
    16GB 320GB 6コア 月額80ドル

    VULTR(ヴァルチャー)はロンドンやニューヨークなどにも対応しているVPS業者で、FX専門サーバーではないですが、多くの海外FXトレーダーが使っているVPS業者です。

    WEBサイトも日本語に切り替えれば日本語対応となるため、比較的分かりやすく、手続きもしやすくなっています。

    料金も安いのでVULTRはおすすめです。

    月々2.5ドルからのプランもありますが、MT4での安定稼働を考えると最低でも1GB(5ドル)のプランを使うようにしましょう。

    2GBプランの目安はMT4が3~4(EA20個程度)くらいが限界となるため、多く利用する人は4GBプランを使う方が安心です。

    VULTR Cloud Compute

    Beeks(ビークス)

    ロンドン ニューヨーク 日本
    プラン メモリ SSD CPU 価格(税込)
    ブロンズ 1.3GB 25GB 1コア 月額4,750円
    シルバー 2.7GB 50GB 2コア 月額8,550円
    ゴールド 5.1GB 75GB 4コア 月額15,200円

    Beeksは海外FXでは有名なVPS業者でXMなどとの提携もあります。(上で紹介した無料VPSもBeeksのものです)

    エクイニクス社での稼働なため、業者とのサーバーの位置が同じ会社内になり、とても速いです。

    信頼性やスピードはかなり期待できますが、プランが3種類しかなく、料金は高めになっています。

    日本語サイトがあり、日本人スタッフもいるため契約やサポートなどは問題ありませんが、料金的には微妙です。

    初めての海外VPSの契約で手堅く行きたい人はBeeksを選択しても良いでしょう。

    Beeks Financial Cloud

    海外FXのVPSに関する注意点

    海外FXのVPSに関する注意点を紹介します。

    無料VPSを使うには取引条件が必要なことが多い

    海外FX業者の無料VPSを使うためには、取引条件が必要になることが多いです。

    無料VPSを使えるようになるまで一定の取引が必要になるので、有料VPSを1つは契約する必要が出てきます。

    有料VPSを契約するには資金的に厳しい人は、Exnessなどの取引条件が無く、入金のみでOKの業者を使いましょう。

    国内VPS会社は国内サーバーになるため海外VPS会社との契約が必要

    国内のVPS会社は国内にサーバーを置いているため、ニューヨークやロンドンにサーバーを置く会社は約定スピードが落ちて取引が不利になりがちです。

    国内VPSは割高ですし、借りなくてもご自身のPCでも稼働できるため、国内VPSはあまりおすすめではありません。

    海外VPSはContaboが安いですが英語になりますが、VULTRは日本語対応なので、英語が苦手な人はVULTRかBeeksなどを使うと良いでしょう。

    まとめ

    ゲムゲム

    自動売買をやっている人は、ぜひ無料VPSを最大限に活用していきましょう!

    海外FX業者が提供する無料VPSについて紹介して来ました。

    複数の業者は入金条件や取引条件を満たすことでVPSを無料で利用することができます。

    VPSのスペックは最低限なのでMT4を1つくらいしか稼働することはできませんが、ぜひ上手く活用していきましょう。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA