XMの無料VPSの仕様と条件・導入するまでの流れ

xm vps

ゲムゲム

XMの無料VPSについて解説します。ぜひ条件を満たして無料で使いましょう。

XMでは条件を満たせば無料で利用できるVPSを用意しています。

口座残高と取引条件を満たして無料VPSを使って行きましょう。

この記事では、XMの無料VPSの仕様と条件や導入方法など紹介していきます。

XMの公式サイトはコチラ

XMの無料VPSとは

XMの無料VPSとは、条件を満たすことでVPS(仮想専用サーバー)を使うことができます。

「パソコンから別のパソコンにログインする」イメージで、別のデスクトップが用意されます。

ご自身のパソコンを切ってもVPSは稼働を続けるので、自動売買EAをやっている人におすすめのサービスです。

XMの無料VPSはロンドンにサーバーがあって動作が速くなるので、スキャルピングをしている人にもおすすめです。

XMのVPSが無料になる条件と仕様

XMでは、条件を満たせば無料でVPSのレンタルができます。

無料VPSの条件は口座残高5,000ドル以上かつ月に5ロットの取引

XMのVPSを無料で利用するためには以下の条件を満たす必要があります。

無料利用の条件
  • 口座残高が5,000ドル以上(約60万円)
  • 月に往復5ロット(50万通貨)以上の取引がある

片方一つでも条件を満たさないと、口座残高から自動的に28ドルが引き落とされます。

28ドルはドル円レート115円の場合、3,220円です。

XMのVPSのスペック

VPSの仕様
サーバー会社 Beeks社
CPU 1コア
メモリ 1.5GB
HDD 20GB
OS Windows Server 2012

XMのVPSはBeeks(ビークス)社で、海外VPS大手の業者で、多くの海外FX業者が提携しています。

1.5GBだと2~3個のMT4を稼働できるので、10個~20個くらいのEAを稼働できると思います。

条件を満たさない場合は28ドルかかってしまいますが、必ず条件を満たして無料で使うようにしましょう。

動かせる自動売買EAの数

VPSを使う人は自動売買EAを使う人が多いですが、1.5GBだと「MT4×3個で5~10チャートずつ」くらいが目安だと思います。

VPSを出来るだけ軽くするために、リモートデスクトップの画像の大きさを小さくしたり、画質を下げるなどの工夫も必要です。

また、MT4のチャート数を減らしたり、ニュースをOFF、音をOFFなど工夫しながら使って行きましょう。

XMとほかのFX海外業者のVPS比較

XMのようにVPSが無料で使えるFX海外業者がありますので比較してみました。

業者名 無料になる条件 有料の料金 CPU メモリ
xm ・5,000ドル以上の口座残高
・月に往復5ロット以上の取引
28ドル 1コア 1.5GB
gemforex ・5,000ドル以上の口座残高 28ドル 1コア 1GB
fbs ・初回入金450ドル以上
・月に3ロット以上の取引
28ドル 2コア 4GB
・2,000ドル以上の口座残高
・月に往復5ロット以上の取引
30ドル 1コア 1.3GB

無料VPSを比較するとXMの1.5GBは平均的な数値になっています。

GEMFOREXは1GBのVPSとなっていますが、1GBだとパソコンを稼働するのに1GB近くの容量が必要なので、MT4は1つくらいしか稼働できないと思います。

FBSの場合は4GBあるので、かなりの数(おそらくチャート100枚くらい)行けると思われます。

本格的にEAを稼働する場合は有料でご自身で申し込むようにしましょう。

XMの無料VPSの口コミ・評判

XMの無料で使えるVPSの口コミ・評判を調べてみました。

約定が速いという口コミあり

XMの無料VPSの評判は良いものが多かったです。

家でMT4を動かして外出中に止まっていて機会損失だった…という経験があるなら、試してみる価値はありそうですね。

XMのVPSを使うメリット・おすすめな人

VPSを使うメリットとしては以下のようなものがあります。

  • 自宅のパソコンを常時稼働しなくても良くなる
  • 24時間自動売買(EA)を動かせる
  • 約定力が上がる
  • 停電や災害などで停止リスクが下がる
  • スマホからもアクセスできる

このようなメリットから、XMのVPSは以下のような人におすすめです。

こんな人はXMのVPSがおすすめ
  • スキャルピングをしている人
  • 自動売買を行いたい人

スキャルピングをしている人

口コミにもありましたが、約定スピードが上がるのでスキャルピングトレードにもおすすめです。

XMのサーバーはロンドンにありますが、XMが提携しているBeeks社のサーバーもロンドンだからです。

高速取引を行うため、トレード用VPSサーバーを借りる人もいます。

自動売買する人

自動売買EAは常にパソコンを付けたままにしなければ行けないため、夜寝る時も稼働を続けなければ行けません。

寝室でパソコンを付けている人は、パソコンの音が気になると思いますし、家族への配慮や電気代の問題もあります。

また、Windowsなどは不定期で再起動が起きてしまい、気づいたら「MT4がすべて落ちていた」ということもあると思います。

パソコンでも自動的にMT4を再起動する方法もありますが、VPSを使っておいた方が何かと便利です。

XMのVPSの導入方法

では、XMのVPS導入方法を画像付きで説明して行きます。

ログインしてVPSを選択

VPSの申請はXMにログインしたら、「口座」→「VPS」から行うことができます。

注意書きの下の方に、VPSをリクエストするというボタンがあるので、「VPSをリクエストする」をクリックして申請します。

 
VPSをリクエスト

注意点
なお、この時点で自分の口座が無料条件を満たすのか?有料登録になるのかも表示されていますので、確認しておきましょう。

確認画面後、「確定」をクリックしましょう。

 
BeeksFXから返事を待つ

これでVPSの申請は完了です。

BeeksFXから連絡が来るのを待ちましょう。

 
BeeksFXからメールが来る

24時間以内にメールが来るので、「IP Address」と「Username」「Initial Password」の3つの情報からVPSにログインをします。

VPSのログインには「リモートデスクトップ」という、パソコンに最初から入っているリモート機能を使って行きます。

 
パソコンの検索窓からリモートデスクトップを検索

ご自身のパソコンから「リモート デスクトップ接続」を検索してクリックします。

 
IP Addressを入力

コンピューターの箇所に「IP Address」を入力します。

 
Administratorを選択

画面が切り替わって「Administrator」と「BeeksAdmin」の2つから選択する画面になります。

ここでは「Administrator」を選択しましょう。

 
Initial Passwordを入力

メールで届いた「Initial Password」を入力します。

 
新しいパスワードを入力

新しいパスワードを入力しましょう。

大文字、小文字、数字の3つが必要で9文字以上でパスワードを作りましょう。

これでVPSに接続できます。

 
XMのセットファイルを開く

VPSに接続できたら、XMのセットファイルがデスクトップに入っているので、クリックしてインストールしましょう。

 
MT4の設定

MT4のセットファイルは英語ですが、そのまま設定を進めて行きましょう。

 
MT4の実行

MT4のインストールが終わったら、XMのMT4をクリックして立ち上げます。

 
ログインして取引開始

MT4にログインをして、取引をスタートして行きましょう。

VPSと自宅のパソコンのスピード比較

XMのVPSと自宅のパソコンの接続スピードを比較してみました。

自宅のパソコンではスピードが237.25msですが、VPSの場合は2.48msとなりました。

XMのサーバーはロンドンにあるので、日本と比べると圧倒的に速くなります。

日本だと通信に0.23秒かかりますが、VPSだと0.002秒で通信が可能となります。

ただし、日本との通信は時間がかかるため、設定などには少し動作が遅くなります。

リモートデスクトップ接続の画質を落としたり、MT4のチャートを減らす、ニュースをOFFにするなどして、動作を軽くしていきましょう。

まとめ

ゲムゲム

XMの無料で使えるVPSについて紹介しました。

XMでは口座残高が5,000ドル以上、月に往復5ロット以上の取引を満たせばBeeks社のVPSが無料で利用できます。

無料だからといって性能が低いわけではなく、評判も良いですのでVPSを使ってみたい場合は利用してみると良いでしょう。

XMの公式サイトはコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA