VantageFXのVPS 利用できる入金額と取引ロット数

vantagefx vps

ゲムゲム

VantageFXのVPSについて紹介します。VantageFXのVPSは返金制度となっているので、自由にVPS会社を選ぶことができ、他の業者のMT4も使えるのでおすすめです。

VantageFXではVPSの返金サービスがあり、条件を満たすことでVPS料金を上限50ドルで返金してくれます。

今回はVantageFXのVPSの利用方法や条件、返金方法について解説していきます。

VPSはどの会社でも利用ができ、最大50ドル(日本円の場合は5,000円)まで返金してくれるので、非常にメリットがあります。

後半ではVantageFXのVPSを利用した活用方法も紹介していきますので、ぜひ参考にしてください。

> VantageFXのVPS詳細はコチラ
VantageFXの公式サイトはコチラ

VantageFXのVPSとは?

VPS会社 返金補助額 返金方法
自由に選べる 毎月最大50ドル
(円の場合は5,000円)
毎月請求書をアップ

VantageFXではVPSの無料貸し出しではなく一定条件を満たした場合にVPS代金を返金してくれる制度となっています。

返金額は毎月最大50ドルとなっていて、比較的に大きな金額になっています。(円の場合は5,000円)

毎月請求する必要がありますが、VPSの料金やスペックを自由に設定することができるため、見方によっては非常に使い勝手が良い内容になっています。

> VantageFXのVPS詳細はコチラ

利用するVPS会社はどこでも大丈夫

VantageFXでVPS制度を利用する場合、利用するVPS会社はどこでも大丈夫です。

国内のVPS会社の場合は支払いが円になり、5,000円が最大になるため、ドルで支払いをする海外VPSの方が少しお得になります。

VantageFXの通信先IPアドレスを確認するとアメリカが表示されたので、ニューヨークサーバーを利用するのが良いと思います。

VantageFXのVPS利用条件とルール

VantageFXのVPSを利用するには以下の3つの条件を満たす必要があります。

1000ドル以上の入金

まずはVantageFXに1000ドル以上の入金が必要になります。私の場合は円口座なので15万円を入金しています。

VantageFXでは入金をすると初回は5万円までの50%ボーナス(5万円以上は20%)、2回目以降は20%ボーナスがもらえるので、ボーナスも上手く活用していきましょう。

口座開設ボーナスがある状態で入金をすると口座開設ボーナスが消滅するので、口座開設ボーナスを使い終わってから入金するようにしましょう。

ボーナスについては別ページで詳しく解説しているので参考にしてください。

> VantageFXのボーナスキャンペーン 口座開設・入金ボーナス

毎月100万ドル分(約10ロット)の取引

100万ドル分の取引とは?
EURUSD:10ロット(100万通貨分)
USDJPY:14ロット(ドル円140円の場合)

VPSを利用するには毎月100ドル分の取引が必要になります。

100ドル分は非常に分かりにくいですが、EURUSDなどの決済通貨がドルの場合は10ロットとなり、USDJPYなどの決済通貨が円の場合は為替によって変わってきます。

約10ロット~15ロットほどの取引をすれば、VPSの料金が返金されます。

毎月請求書をアップロード

請求書は毎月、VantageFXの会員ページからアップロードして請求をする必要があります。

毎月手続きが必要になるため、手間がかかるのがデメリットです。

請求するのを忘れないように、手帳やカレンダーにメモするようにしましょう。

VPS料金の請求方法

VPS料金の請求方法を紹介します。

請求は毎月行う必要があるため、忘れないようにメモをするようにしましょう。

会員ページのプロモーションからVPS使用料金を返金

VantageFXの会員ページにログインをして、「プロモーション」の「VPS使用料金を返金」をクリックします。

請求書をアップロード

請求書をアップロードしていきましょう。

オレンジ色の「VPS使用料金の新規返金申請について」をクリックします。

 
請求書のデータをアップ

請求書のデータをアップしましょう。

ファイル形式はPDFやpng、jpg、jpegなどの写真ファイルでも大丈夫です。

名前や日付、金額などが掲載されている利用明細や請求書をアップロードするようにしてください。

 
VantageFXから受付完了のメールが届く

請求書をアップロードしたら、VantageFXからメールが届きます。

確認作業まで10日間ほどかかるので、しばらくの間、待つようにしましょう。

数日後に承認の連絡が来る

10日ほど経つと、VPS申請の承認メールが届きます。

支払日は月末締の翌月10日までの支払いになるので、支払いまで少し待つ必要があります。

アップロードの翌月10日までに返金される

返金申請をしてから10日後くらいに口座に返金されていました。

翌月10日と聞いていましたが、当月の25日に返金があり、比較的早く返金されていました。

VPSの返金制度は非常にお得なので、ぜひやってみると良いでしょう。

VantageFXのVPS活用方法

VantageFXのVPSはVPS会社を自由に選ぶことができ、料金も毎月50ドルで非常に大きくなっています。

ここではVantageFXのVPSの活用方法を紹介します。

50ドル前後のVPSを契約して他社のMT4も稼働させる

VantageFXのVPSは他の業者を使っても問題ないため、50ドル前後の大きめのVPSを契約してVantageFX以外の業者も利用するのがおすすめです。

通常、無料VPSサービスは「その業者のMT4しか使えない」というルールですが、VantageFXではVPSが自由に選べるため、VantageFXと合わせて他の業者も利用することができます。

ですのでMT4を1つはVantageFXを使い、その他は他の業者のMT4を使うことで毎月のVPS料金を節約することが可能です。

50ドル前後のVPSであれば、もう2業者くらいMT4が入ると思うので、VantageFX+2業者(もしくは2つのMT4)利用すると良いでしょう。

VantageFXのVPSまとめ

ゲムゲム

VantageFXのVPSは他の業者のMT4も利用可能なので、ぜひ合わせて使ってVPS代金を節約しましょう。

VantageFXのVPSについて解説して来ました。

他の業者と違い、VPS料金を返金してくれる仕組みですが、一見面倒そうに感じますが、活用方法を考えるとなかなか良いと思います。

これまで有料のVPSを使ってきた人は、VantageFXを利用することで、実質無料でVPSが使えるようになるかもしれません。

ぜひVantageFXのVPS返金サービスを上手く利用して、VPSの経費を削減すると良いでしょう。

VantageFXの公式サイトはコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA