FixesのEA検証結果

ゲムゲム

今回はFixesを検証して行きたいと思います。
ぜひEAを使うかどうかの参考にしてください。

GogoJungleの有料EA「Fixes」をTDS(Tick Data Suite)を使ってバックテストを行ったので、結果を紹介して行きます。

実際のトレードと近くなるように、変動スプレッド、スリッページ機能を付け、スプレッドも平均的なスプレッドになるように補正しています。

Fixesは仲値トレードEAのようですが、成績はどうなのでしょうか。

当サイトでバックテストを行なった結果がコチラです。

更新日2022年12月31日

過去16年
2007.1~2022.12
リリース後
2022.7~2022.12
収益 +412,924円 +8,331円
収益率 +82.5% +1.6%
勝率 51.00% 43.43%
PF 1.19 1.08
最大ドローダウン 65,164円(12.89%) 43,171円(8.35%)
リスクリターン率 6.34 0.19
平均利益 1,463円 2,501円
最大利益 4,370円 4,340円
平均損失 -1,280円 -1,772円
最大損失 -3,100円 -3,100円

※0.1ロット運用、証拠金50万円で検証しました。

バックテストをした結果、過去16年はプラス、リリース後もプラス成績となっています。

では、Fixesを詳しく見て行きましょう。

Fixesの詳細を確認するRR:1.2、勝率:54%で手堅いトレード! | GogoJungle

Fixesの特徴

取引タイプ 通貨ペア 時間足
アノマリー USDJPY 5M
最大ポジション リリース日 価格
2 2022年7月18日 19,800円

FixesはUSDJPY専用の仲値トレードEAで、またゴトー日にもトレードを行うロジックも搭載しているようです。

Fixesは日本時間早朝から10時頃の仲値の決定に向けて短期的に上昇し、仲値の発表後に下落するドル円の特徴を狙ってトレードします。
また、一般的にその傾向が表れやすいと言われている五十日(ゴトー日)についても併せて狙ってトレードを行います。

ポジション数はロジックごとに1つずつで、最大ポジションは2つになります。

GogoJungleでの公開成績

収益 +54,230円 収益率(全期間) +36.48%
プロフィットファクター 1.51 勝率 50.41% (61/121)
初期ロット数 0.1ロット 最大ポジション数 2
リスクリターン率 2.41 最大ドローダウン 13.16% (22,482円)
平均利益 2,463円 最大利益 6,180円
平均損失 -1,660円 最大損失 -3,000円

Fixesの公開成績を見ると、リリース後から約5ヶ月ほどになりますが4.3万円のプラスとなっています。

月次分析(月間の損益)

月次分析を見ると、2022年は8月はマイナスとなっていますがそれ以外はプラスの成績で12月で利益を伸ばしています。

月間の取引回数

月間の取引回数は15回前後になります。

miccoさんの他のEA

miccoさんはゴゴジャンでほかのEAも出品されています。

Fixesのパラメーター設定

Fixesは2つのロジックからなり、ロット設定も別々になります。

2007年1月~のバックテスト結果

ゲムゲム

ここからは私が実際にTDSを使ってバックテストを行った結果を紹介して行きます。
結果は、非常に安定した良い結果がでました。

スプレッド補正

GEMFOREX TDS 補正値
1.60pips 0.37pips 1.3pips

スプレッドはGEMFOREXに合わせて補正をして検証しています。

(GEMFOREXよりもスプレッドが狭い業者を使うと、成績が良くなります)

変動スプレッドON、スリッページONにして、できるだけリアルに近い環境でテストしています。

収益 +412,924円 収益率(全期間) +82.5%
初期証拠金 500,000円 勝率 51.00%
プロフィットファクター 1.19 最大保有ポジション 2
最大ドローダウン 65,164円(12.89%) リスクリターン率 6.34
平均利益 1,463円 最大利益 4,370円
平均損失 -1,280円 最大損失 -3,100円

Fixesは15年で41.2万円の利益となりました。

成績の推移とドローダウン

補足説明
  • メイングラフの薄い赤色部分:停滞期間
  • 下方の赤色のグラフ:ドローダウン(山が大きいとドローダウンが大きい)
  • 一番下の青いグラフ:VIX指数
  • FixesをQuantAnalyzerで見てみると、2007年から2009年まで停滞している期間がありますが、それ以降は利益を積み上げています。

    年次・月次の成績・損益グラフ

    QuantAnalyzerを使った年次・月次の成績となります。

    2007年、2008年だけマイナスで、それ以降の年はすべてプラスの成績となっています。

    直近の月次損益グラフ

    2022年

    2022年はマイナスの月もありますがトータルではプラスです。

    2021年

    2021年は勝ったり負けたりですが11月に大きく利益を伸ばしてトータルでプラスです。

    2020年

    2020年も同様に勝ったり負けたりで3月に大きく利益が出ているのでトータルでプラスになりました。

    リリース後のバックテスト結果

    Fixesのリリース後のバックテスト結果(≒フォワード結果)は以下のようになりました。

    「バックテスト結果とフォワードテスト結果が違いないか」、「過去データに最適化し過ぎていないか」など参考にしてください。

    収益 +8,331円 収益率(全期間) +1.6%
    初期証拠金 500,000円 勝率 43.43%
    プロフィットファクター 1.08 最大保有ポジション 2
    最大ドローダウン 43,171円(8.35%) リスクリターン率 0.19
    平均利益 2,501円 最大利益 4,340円
    平均損失 -1,772円 最大損失 -3,100円

    リリース後の成績はわずかにプラスとなっています。

    まとめ

    過去16年
    2007.1~2022.12
    リリース後
    2022.7~2022.12
    収益 +412,924円 +8,331円
    収益率 +82.5% +1.6%
    勝率 51.00% 43.43%
    PF 1.19 1.08
    最大ドローダウン 65,164円(12.89%) 43,171円(8.35%)
    リスクリターン率 6.34 0.19
    平均利益 1,463円 2,501円
    最大利益 4,370円 4,340円
    平均損失 -1,280円 -1,772円
    最大損失 -3,100円 -3,100円

    ※0.1ロット運用、証拠金50万円で検証しました。

    ゲムゲム

    Fixesは過去16年はプラス、リリース後はわずかにプラスとなっています。

    GogoJungleのFixesのバックテストをしてきました。

    長期バックテストは安定した成績となり、リリース後はわずかにプラスになっています。

    ぜひ参考にしてください。

    Fixesの詳細を確認するRR:1.2、勝率:54%で手堅いトレード! | GogoJungle

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA