Sniper_EURUSDのEA検証結果

ゲムゲム

今回はSniper_EURUSDを検証して行きたいと思います。
ぜひEAを使うかどうかの参考にしてください。

GogoJungleの有料EA「Sniper_EURUSD」をTDS(Tick Data Suite)を使ってバックテストを行ったので、結果を紹介して行きます。

実際のトレードと近くなるように、変動スプレッド、スリッページ機能を付け、スプレッドも平均的なスプレッドになるように補正しています。

Sniper_EURUSDはスキャルピングEAですが、成績はどうなのでしょうか。

当サイトでバックテストを行なった結果がコチラです。

更新日2024年3月31日

過去16年
2007.1~2024.3
リリース後
2020.9~2024.3
収益 +51,379円 +14,391円
収益率 +10.2% +2.8%
勝率 62.08% 60.16%
PF 1.01 1.02
最大ドローダウン 421,830円(72.55%) 75,520円(13.60%)
リスクリターン率 0.12 0.19
平均利益 1,700円 2,030円
最大利益 7,928円 6,264円
平均損失 -2,769円 -2,995円
最大損失 -13,997円 -12,451円

※0.1ロット運用、証拠金50万円で検証しました。

バックテストの結果は、過去16年、リリース後の成績ともにプラスの成績でした。

では、Sniper_EURUSDを詳しく見て行きましょう。

Sniper_EURUSDの詳細を確認する高精度エントリーで、安定収益を積み上げる逆張りEA | GogoJungle

Sniper_EURUSDの特徴

取引タイプ 通貨ペア 時間足
スキャルピング EURUSD 1M
最大ポジション リリース日 価格
1 2020年9月17日 15,200円

Sniper_EURUSDはユーロドル1分足で動作する、高精度の逆張り系EAとなります。

最大ポジションは1つです。

GogoJungleでの公開成績

収益 716,796円 収益率(全期間) 43.63%
プロフィットファクター 1.15 勝率 60.87% (322/529)
初期ロット数 1.0ロット 最大ポジション数 1
リスクリターン率 1.44 最大ドローダウン 22.39% (498,020円)
平均利益 17,814円 最大利益 59,590円
平均損失 -24,097円 最大損失 -114,309円

Sniper_EURUSDは公開成績を見ると、少し停滞をしている時期もありますが、最近は調子が良くなっているようです。

初期ロットが1.0ロットのため、1トレードあたりの利益も大きいですが、損失もその分大きくなります。

月次分析(月間の損益)




月次分析を見ると、ロットが大きい分、勝っている月と負けている月の差が大きいです。

月間の取引回数

月間の取引回数は1ヶ月に20回~30回前後です。

ねこ博士さんの他のEA


ねこ博士さんはSniper_EURUSD以外にもたくさんEAをリリースしています。

過去に検証していますので参考にしてください。

2007年~のバックテスト結果

ゲムゲム

ここからは私が実際にTDSを使ってバックテストを行った結果を紹介して行きます。

スプレッド補正

基準値 TDS 補正値
EURUSD 1.68pips 0.38pips 1.30pips

スプレッドが広めの業者のスタンダード口座に合わせて検証しています。

(スプレッドが狭い業者を使うと、成績が良くなります)

変動スプレッドON、スリッページONにして、できるだけリアルに近い環境でテストしています。

スプレッドについて
SpreadLimit(許容スプレッド)の初期値が0.6(pips)になっていますが、XMの環境では動かなかったため、スプレッドを上げてバックテストを行っています。

収益 +51,379円 収益率(全期間) +10.2%
初期証拠金 500,000円 勝率 62.08%
プロフィットファクター 1.01 最大保有ポジション 1
最大ドローダウン 421,830円(72.55%) リスクリターン率 0.12
平均利益 1,700円 最大利益 7,928円
平均損失 -2,769円 最大損失 -13,997円

Sniper_EURUSDは過去16年は+5.1万円でした。

途中までは大きくドローダウンし、その後に成績を戻しています。

成績の推移とドローダウン


補足説明
  • メイングラフの薄い赤色部分:停滞期間
  • 下方の赤色のグラフ:ドローダウン(山が大きいとドローダウンが大きい)
  • 一番下の青いグラフ:VIX指数
  • Sniper_EURUSDをQuantAnalyzerで見てみると、2012年までドローダウンが長く続いたため、2013年から利益を上げていますが停滞期間が長くなっています。

    年次・月次の成績・損益グラフ


    QuantAnalyzerを使った年次・月次の成績となります。

    前半はマイナスの多い結果となりました。

    直近の月次損益グラフ

    2024年

    2024年は1月がマイナスです。

    2023年

    2023年は3月が大きなドローダウンになっています。

    2022年

    2022年は勝ったり負けたりで、トータルではプラスでした。

    2021年

    2021年も同様に勝ったり負けたりでトータルでプラスです。

    2020年

    2020年は4月の利益が大きく、マイナスの月もありますがトータルでプラスです。

    リリース後のバックテスト結果

    Sniper_EURUSDのリリース後のバックテスト結果(≒フォワード結果)は以下のようになりました。

    「バックテスト結果とフォワードテスト結果が違いないか」、「過去データに最適化し過ぎていないか」など参考にしてください。

    収益 +14,391円 収益率(全期間) +2.8%
    初期証拠金 500,000円 勝率 60.16%
    プロフィットファクター 1.02 最大保有ポジション 1
    最大ドローダウン 75,520円(13.60%) リスクリターン率 0.19
    平均利益 2,030円 最大利益 6,264円
    平均損失 -2,995円 最大損失 -12,451円

    2020年9月17日のリリース日以降のバックテスト結果は、勝ったり負けたりしながらプラスの成績になっています。

    3月は大きな損失となっているので、ドローダウンには気を付けましょう。

    まとめ

    過去16年
    2007.1~2024.3
    リリース後
    2020.9~2024.3
    収益 +51,379円 +14,391円
    収益率 +10.2% +2.8%
    勝率 62.08% 60.16%
    PF 1.01 1.02
    最大ドローダウン 421,830円(72.55%) 75,520円(13.60%)
    リスクリターン率 0.12 0.19
    平均利益 1,700円 2,030円
    最大利益 7,928円 6,264円
    平均損失 -2,769円 -2,995円
    最大損失 -13,997円 -12,451円

    ※0.1ロット運用、証拠金50万円で検証しました。

    ゲムゲム

    Sniper_EURUSDは過去16年、リリース後ともにプラスでした。

    GogoJungleのSniper_EURUSDのバックテストをしてきました。過去16年は前半に損失が大きくなっていますが、後半からは比較的安定しています。

    ぜひ参考にしてください。

    Sniper_EURUSDの詳細を確認する高精度エントリーで、安定収益を積み上げる逆張りEA | GogoJungle

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA