KUNAI_GBPAUDのEA検証結果

ゲムゲム

今回はKUNAI_GBPAUDを検証して行きたいと思います。
ぜひEAを使うかどうかの参考にしてください。

GogoJungleの有料EA「KUNAI_GBPAUD」をTDS(Tick Data Suite)を使ってバックテストを行ったので、結果を紹介して行きます。

実際のトレードと近くなるように、変動スプレッド、スリッページ機能を付け、スプレッドも平均的なスプレッドになるように補正しています。

KUNAI_GBPAUDは1ポジション型の朝スキャEAですが、成績はどうなのでしょうか。

当サイトでバックテストを行なった結果がコチラです。

過去15年
2007.1~2021.9
リリース後
2019.6~2021.9
収益 +466,833円 +27,701円
収益率 +233.4% +13.8%
勝率 72.4% 70.43%
PF 1.29 1.24
最大ドローダウン 9.55%(64,944円) 15.87%(33,218円)
リスクリターン率 7.18 0.83
平均利益 1,302円 1,089円
最大利益 5,117円 5,044円
平均損失 -2,644円 -2,091円
最大損失 -4,343円 -4,335円

※0.1ロット運用、証拠金20万円で検証しました。

バックテストの結果は、過去15年もリリース後の成績も良さそうです。

全体的にドローダウンも小さいので、ロットを上げて運用しても問題ないと思います。

では、KUNAI_GBPAUDを詳しく見て行きましょう。

KUNAI_GBPAUDの詳細を確認する1ポジション型の朝スキャGBPAUD版です。 | GogoJungle

KUNAI_GBPAUDの特徴

取引タイプ 通貨ペア 時間足
朝スキャ GBPAUD 15M
最大ポジション リリース日 価格
1 2019年6月19日 12,800円

KUNAI_GBPAUDは日本時間早朝に稼働するGBPAUD専用の朝スキャEAです。保有ポジションは1つのみです。

相場が行き過ぎた時に押し目買い・戻り売りを狙います。

注意点
注意点として、MT4サーバ時間 0:00~1:00 の間にポジションを持つEAとなるため、スプレッドの広いブローカーではポジション取りが少なくなり、成績も落ちます。

今回はGEMFOREXのスプレッド(3.46pips)を想定してスプレッド補正し、バックテストを行っています。

これよりもスプレッドの狭い業者を選択することで、利益幅や取引回数も増えて来ると思います。

GogoJungleでの公開成績

収益 +457,226円 収益率(全期間) +46.69%
プロフィットファクター 1.65 勝率 77.25% (129/167)
初期ロット数 1.0ロット 最大ポジション数 1
リスクリターン率 2.57 最大ドローダウン 15.44% (178,061円)
平均利益 8,999円 最大利益 39,970円
平均損失 -18,517円 最大損失 -51,776円

KUNAI_GBPAUDは公開成績を見ると、2019年6月19日リリース、初期証拠金が100万円スタートで約1.5倍まで残高が増えています。

月次分析(月間の損益)

月次分析を見ると、2021年は全てプラスで終わっています。

月間の取引回数

月間の取引回数は1回~3回ほどで、かなり少なめです。

SHINOBIさんの他のEA

SHINOBIさんはKUNAIシリーズで複数EAを販売しています。

1つのEAで1つの通貨ペアなので割高になってしまいますが、収益率が高く価格の安いものを選んで購入すると良いでしょう。

SHINOBIさんのほかのEAも検証していますので参考にしてください。

2007年1月~のバックテスト結果

ゲムゲム

ここからは私が実際にTDSを使ってバックテストを行った結果を紹介して行きます。

スプレッド補正

GEMFOREX TDS 補正値
3.46pips 2.50pips 1.0pips

スプレッドはGEMFOREXに合わせて補正をして検証しています。

(GEMFOREXよりもスプレッドが狭い業者を使うと、成績が良くなります)

変動スプレッドON、スリッページONにして、できるだけリアルに近い環境でテストしています。

収益 +466,833円 収益率(全期間) +233.4%
初期証拠金 200,000円 勝率 72.4%
プロフィットファクター 1.29 最大保有ポジション 1
最大ドローダウン 9.55%(64,944円) リスクリターン率 7.18
平均利益 1,302円 最大利益 5,117円
平均損失 -2,644円 最大損失 -4,343円

KUNAI_GBPAUDは15年で46.6万円の利益を上げました。

初期ロットの1.0ロットで運用すれば10倍なので、466万円の利益になります。

今回は20万円で0.1ロット運用でしたが、ドローダウンが少ないため、もっと大きなロットで運用して良さそうです。

成績の推移とドローダウン

補足説明
  • メイングラフの薄い赤色部分:停滞期間
  • 下方の赤色のグラフ:ドローダウン(山が大きいとドローダウンが大きい)
  • 一番下の青いグラフ:VIX指数
  • KUNAI_GBPAUDをQuantAnalyzerで見てみると、2014年くらい2021年まで伸び悩んでいます。

    2019年6月にリリースしてからは、少しドローダウンがあった後に伸びているようです。

    年次・月次の成績

    QuantAnalyzerを使った年次・月次の成績となります。

    一番右側(YTD)の年次は、4回ほどマイナスの年がありますが、プラスの年の方が多いです。

    年次の損益グラフ

    年次グラフを見ると、2007年~2011年くらいまでは成績が良いですが、その後はプラスとマイナスが続き、伸び悩んでいるように見えます。

    直近の月次損益グラフ

    2021年

    2021年の月間成績は、7月8月はマイナスですが、全体的にはプラスになっています。

    2020年

    2020年もマイナスの月が4回ありますが、プラスの方が圧倒的に多いです。

    複利機能(MM)をONにした結果

    KUNAI_GBPAUDには複利機能がついていて、パラメーター設定で複利(MM)のON/OFFとRiskが変更できます。

    • MM(デフォルトはfalse):複利機能のON/OFF
    • Risk(デフォルトは2.0):残証拠金から計算(%)
    設定の修正
    Risk 0.8

    複利機能(MM)をONにして、初期設定が0.1ロットになるように「Risk → 0.8」に変更して検証してみました。(証拠金20万円の場合)

    残証拠金でロットが変わるため、注意してください。

    収益 +1,643,655円 収益率(全期間) +821.8%
    初期証拠金 200,000円 勝率 72.40%
    プロフィットファクター 1.17 最大保有ポジション 1
    最大ドローダウン 30.80%(631,219円) リスクリターン率 2.60
    平均利益 7,078円 最大利益 42,521円
    平均損失 -15,850円 最大損失 -43,736円

    結果は過去15年は164万円となりました。

    単利と比べて3倍以上の成績となりました。

    最終的な保有ロットは1.0ロット前後となりましたが、初期のロットを増やすと、もっと良い成績になっていたと思います。

    リリース後のバックテスト結果

    KUNAI_GBPAUDのリリース後のバックテスト結果(≒フォワード結果)は以下のようになりました。

    「バックテスト結果とフォワードテスト結果が違いないか」、「過去データに最適化し過ぎていないか」など参考にしてください。

    収益 +27,701円 収益率(全期間) +13.8%
    初期証拠金 200,000円 勝率 70.43%
    プロフィットファクター 1.24 最大保有ポジション 1
    最大ドローダウン 15.87%(33,218円) リスクリターン率 0.83
    平均利益 1,089円 最大利益 5,044円
    平均損失 -2,091円 最大損失 -4,335円

    リリース後の成績は一度ドローダウンがあり下がりましたが、そこから順調に成績を上げています。

    少しムラはありますが、総合的には良さそうです。

    まとめ

    過去15年
    2006.10~2021.9
    リリース後
    2019.6~2021.9
    収益 +466,833円 +27,701円
    収益率 +233.4% +13.8%
    勝率 72.4% 70.43%
    PF 1.29 1.24
    最大ドローダウン 9.55%(64,944円) 15.87%(33,218円)
    リスクリターン率 7.18 0.83
    平均利益 1,302円 1,089円
    最大利益 5,117円 5,044円
    平均損失 -2,644円 -2,091円
    最大損失 -4,343円 -4,335円

    ※0.1ロット運用、証拠金20万円で検証しました。

    ゲムゲム

    KUNAI_GBPAUDはGBPAUD専用の朝スキャEAで、なかなか良い成績でした。今回の検証よりも積極的なロットでも良いと思います。。

    GogoJungleのKUNAI_GBPAUDのバックテストをしてきました。

    バックテストの結果は、そこそこ良く、ドローダウンも少ないのでもっと積極的に運用しても良さそうです。

    QuantAnalyzerを見てみると停滞期間もあるため、年単位で見た方が良さそうです。

    ぜひ参考にしてください。

    KUNAI_GBPAUDの詳細を確認する1ポジション型の朝スキャGBPAUD版です。 | GogoJungle

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA