TradeviewのMT4ダウンロードとログイン手順・取引方法

ゲムゲム

ここではTradeviewのMT4のダウンロード方法やログイン、初期設定について解説して行きます。
画像付きで分かりやすく紹介して行こうと思います。

TradeviewのMT4について詳しく解説して行きます。

ダウンロード方法や設定方法・使い方については画像付きで説明するので、ぜひ参考にしてください。

Tradeviewの取引プラットフォームは3種類ありますが、迷ったらとりあえずMT4にしておきましょう。

MT4のダウンロードはコチラ
> Windows版 > iOS版 > Android版

Tradeviewの詳細を見る

TradeviewのMT4(MetaTrader4)とは?

参照:Tradeview MetaTrader4

MT4(MetaTrader4)は世界で最も人気のある取引プラットフォームで、メタクオーツ社が2005年にリリースされて以降、人気が衰えることなく利用さています。

MT4は多くのカスタムインジケーターや自動売買EAがあるため、MT5が発売されてからもMT4を利用する人が多いです。

日本のように業者が自社のシステムを提供するわけではなく第三者の取引プラットフォームとなるため、業者側の不正行為がやりにくい仕組みとなり、透明性が高くなっています。

今まで国内FXでトレードしてきた人は、MT4はTradeviewに限らずほとんどの海外FX業者が使っているので、慣れておくと良いでしょう。

TradeviewのMT4はX Leverage口座とILC口座で利用できる

スタンダード口座 ILC口座 cTrader口座 Cureenex口座
プラットフォーム MT4,MT5 MT4,MT5 cTrader Currenex

TradeviewではMT4を使える口座がX Leverage口座(スタンダード口座)とILC口座の2つになります。

cTrader口座はcTraderのみ、Currenex口座はCurrenexのみが使えます。

TradeviewではMT4の他にcTraderとMT5が利用可能

TradeviewではMT4の他にMT5やcTrader、Currenexでの取引が可能となっています。

Currenexを使っている人はほとんどいないと思うので、MT4とMT5、cTraderの特徴を比較して行きます。

MT4の特徴
  • カスタムインジケーターやEAの種類が非常に豊富
  • MT5やcTraderと比べて動作は遅めで機能は少ない
  • MT5の特徴
  • MT4よりも動作が速く、機能が増えている
  • カスタムインジケーターやEAは少ないが、少しずつ増えてきている
  • cTraderの特徴
  • 裁量トレード向き取引プラットフォームで高速&多機能で使いやすい
  • 自動売買やインジケーターは、公式サイトが日本語非対応で使いにくい
  • 今でもMT4を使っている人が多いですが、MT5もかなりEAなどの種類が多くなり、MT4・MT5両方に対応することも増えてきました。

    cTraderは手動で取引する人におすすめで、多機能で非常に使いやすく、視覚的にトレーダーができるので良いと思います。

    ゲムゲム

    どの取引プラットフォームを使おうか迷っている人は、とりあえずMT4で良いと思います。MT5は使い方が似ているので、MT4に慣れればMT5もすぐに使えるようになります。

    MT4を利用するメリット

    MT4を利用するメリットは「インジケーター」や「自動売買」の種類が豊富というところです。

    GogoJungleなどで提供されているEAはすべてMT4専用となり、MT5には未だに非対応となっています。

    その他、個人で開発している人の多くもMT4でEAが提供されています。

    ただ、メタクオーツ社のMQL5で提供されているEAはMT5にも対応しているEAも多く、少しずつ増えてきている印象です。

    自動売買をしない人はMT5やcTraderの方が機能的に良いので、MT5やcTraderを使うと良いでしょう。

    TradeviewのMT4ダウンロードとインストール

    ここからはTradeviewのMT4のダウンロードとインストール方法について紹介して行きます。

    MT4はWindows版、iOS版、Android版の3種類がありますが、ここではWindows版について紹介します。

    MT4のダウンロードはコチラ
    > Windows版 > iOS版 > Android版

    ↑クリックするとダウンロードが始まるので、ここから説明して行きます。

    MT4セットアップファイルをダブルクリック

    「はい」を選択

    「このアプリがデバイスに変更を加えることを許可しますか?」という画面が出たら、「はい」をクリックします。

    次へを選択

    MT4のセットアップが開始され、ライセンス同意画面になるので、「次へ」をクリックします。

     
    しばらく待ってインストール完了

    しばらく待つとインストールが完了します。

    「完了」をクリックすると、自動的にMT4が立ち上がります。

    TradeviewのMT4にログイン

    MT4のインストールが終わったらログインして行きましょう。

    TradeviewのMT4にログイン(PC)

    サーバー名を選択

    TradeviewのMT4を開くとサーバー名を選択する画面になります。

    使用するサーバーを選択して「次へ」をクリックします。

     
    ログインIDとパスワードを入力

    「既存のアカウント」を選択して、ログインIDとパスワードを入力しましょう。

    これでTradeviewのMT4へのログインは完了になります。

    TradeviewのMT4のインストールとログイン(スマホアプリ)

    ゲムゲム

    続いてスマホアプリのログイン方法を解説します。

    まずはMT4アプリを立ち上げましょう。

     

    ログインはMT4アプリ右下にある「設定」を選択します。

     

    「新規口座」を選択します。

     

    「既存のアカウントにログイン」をクリックしましょう。

     

    検索画面で「tradeview」と入力するとTradeviewのサーバーが出てきます。

    ご自身のサーバー名を選択してください。

     

    ログイン(口座番号)とパスワードを入力しましょう。

    これでスマホアプリのMT4ログインが完了です。

    MT4初期設定

    ゲムゲム

    ここからはMT4の初期設定と基本操作について紹介して行きます。
    初めてMT4を使う人は参考にしてください。

    通貨ペアの表示、非表示

    MT4左上にある「気配値」の部分で通貨ペアを選択することができます。

    「気配値のどこかで右クリック」→「非表示、すべて非表示、すべて表示、通貨ペア」で通貨ペアを表示させたり非表示にすることができます。

    あまり使っていない通貨ペアは非表示にしておきましょう。

    インジケーターの追加、削除

    インジケーターの追加は上の方にある「挿入」→「インディケータ」から選ぶことができます。

    自分でインポートしたインジケーターは「カスタム」の部分に入ります。

    今起動しているインジケーターの確認や、削除する方法

    今起動しているインジケーターを確認したり、いらないインジケーターを消すには「チャート」→「表示中のインディケータ」をクリックすると、今起動しているインジケーターが確認できます。

    時間足の切り替え

    時間足の切り替えは上のメニューバーに載っています。

    ズームイン、ズームアウト

    虫眼鏡マークのプラスで「ズームイン」、マイナスで「ズームアウト」になります。

    バーチャート、ローソク足、ラインチャート

    デフォルトではバーチャートになっているので、ローソク足に切り替えると良いでしょう。

    チャート分割、1つを全画面

    デフォルトではチャート分割した状態で表示されるので、チャート分割のボタンや最大化を使って調整しましょう。

    ワンクリック注文

    チャート左上にある矢印をクリックするとワンクリック注文の画面が出てきます。

    頻繁にトレードする人は便利なので覚えておきましょう。

    ワンクリック決済

    「ターミナル」の「取引」の部分で左側にある「×」をクリックすると、ワンクリック決済となります。

    MT4の使い方

    ゲムゲム

    最後にMT4の注文方法を解説して行きます。

    Tradeview MT4の注文・決済

    成行注文

    新規注文はツールバーにある「新規注文」もしくは気配値をダブルクリックで注文することが可能です。

    • 通貨ペア:取引する通貨ペア
    • 数量:ロット数(1ロット = 10万通貨。0.01ロット = 1000通貨)
    • 決済逆指値:損切り設定(決済も成行の場合は0.000)
    • 決済指値:利確設定(決済も成行の場合は0.000)
    • コメント:メモに使える
    • 注文種別:ストリーミング注文(原油やエネルギーなどのCFD取引の場合は成行注文)
    • 提示価格との価格誤差を有効にする:成行注文をしたタイミングと約定価格が指定したpips数離れたら注文が入らないようにできる
    • 最大価格誤差:〇ポイント = 〇pipsまでは許すかを決める

    指値注文

    • 通貨ペア:取引する通貨ペア
    • 数量:ロット数(1ロット = 10万通貨。0.01ロット = 1000通貨)
    • 決済逆指値:損切り設定(決済も成行の場合は0.000)
    • 決済指値:利確設定(決済も成行の場合は0.000)
    • コメント:メモに使える
    • 注文種別:指値注文(Pending Order)
    • 注文差別:Buy Limit,sell Limit,Buy Stop,Sell Stopから選択
    • 価格:指値価格を入れる
    • 有効期限:特に決めなくてOK

    指値注文・逆指値注文は成り行き注文とは違って、「金額を指定する予約注文)です

    指値注文(Buy Limit・Sell Limit)や逆指値注文(Buy Stop・Sell Stop)ではあまり馴染みのない言葉が出て来ますので紹介しておきます。

    注文種別 日本語訳 注文方法の意味
    Buy Limit 指値買い 今よりも低い価格を指定して予約買い注文
    Sell Limit 指値売り 今よりも高い価格を指定して予約売り注文
    Buy Stop 逆指値買い 今よりも高い価格を指定して予約買い注文
    Sell Stop 逆指値売り 今よりも低い価格を指定して予約売り注文

    決済方法

    ワンクリック決済は「ターミナル」→「取引」の右側にある「×」をクリックすると決済できます。

    まとめ

    ゲムゲム

    TradeviewのMT4について解説しましたが、MT4もまだまだ現役で活躍しそうな取引プラットフォームです。

    MT5が既にリリースされて10年以上経ちますが、未だにMT4の人気が高く、自動売買の世界ではMT4の方が圧倒的なシェアを占めています。

    次第にMT5の方がシェアを広げて行くと思いますが、まだまだMT4の方を使っている人が多いです。

    裁量トレードの人はMT5やcTraderを使うのがおすすめですが、自動売買をする人はMT4を使って行きましょう。

    Tradeviewの詳細を見る

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA