TradeviewのcTraderインストール・ログイン手順・設定方法

ゲムゲム

TradeviewのcTraderについて紹介して行きます。

TradeviewではMT4やMT5以外にもcTrader(シートレーダー)という取引プラットフォームを使うことができます。

このページではcTraderの特徴やMT4との違い、インストール方法について解説して行きます。

cTraderは非常に高機能なので、手動で取引をしている裁量トレーダーにおすすめです。

Tradeviewの詳細を見る

TradeviewのcTraderとは?cTraderの特徴

cTrader(シートレーダー)は、2011年にイギリス・ロンドンのSpotware System社が開発したFX取引プラットフォームです。

2018年のFinance Magnates AwardsでBEST FX Trading Platformに選ばれるなど、使いやすさに定評があります。

ECN取引用に開発されたツールで、主にスキャルピングなどの短期トレードに最適なツールとなっています。

cTraderには下記のメリットがあります。

cTraderのメリット
  • 約定力が高くて速い
  • リクオート(約定拒否)・取引制限なし
  • 板情報を見ることができる
  • 損切り・利食いなど設定をカスタマイズしワンクリック注文が可能
  • 複数ポジションの一括決済やドテン注文がワンクリックで可能
  • ポジションの建玉を変更したり分割決済も可能
  • あらゆるプラットフォームに対応

TradeviewのcTraderプラットフォーム別対応表

プラットフォーム Windows PC Mac iOS Linux PC iPad/iPhone Android
スマホ/タブレット
Windows版
対応
× × × ×
Web版
対応

対応

対応
× ×
iOS版 × × ×
対応
×
Android版 × × × ×
対応

参照:Tradeview cTrader

cTraderはWindowsには対応していますが、MacやLinuxには対応していません。

MacやLinuxで取引する場合はWebTraderを使う必要が出てきます。

スマホはiOSとAndroid両方でアプリが準備されています。

TradeviewのcTraderはENN方式のcTrader専用口座

xレバレッジ口座 ILC口座 cTrader口座
プラットフォーム MT4,MT5 MT4,MT5 cTrader

TradeviewのcTraderはECN方式のcTrader専用口座があります。

同じスプレッドのILC口座と比較すると、cTrader口座はレバレッジ400倍となり、ILC口座200倍と比べて優位に取引することができます。

cTraderを採用している海外FX業者

cTraderを扱う海外FX業者
axioryAxiory tradeviewTradeview fxproFxPro icmarketsIC Markets

cTraderを採用している海外FX業者は現在4社だけとなり、国内でシェアがあるのはTradeviewとAxioryだけになります。

XMやGEMFOREX、TintanFXなどはcTraderの取り扱いはありません。

cTraderとMT4との違いを比較

ではcTraderとMT4の違いについて見て行きましょう。

比較 cTrader MT4
取引方式 ECN STP・ECN
操作性 直感的に操作できる 慣れるのに時間が必要
約定力 高い 業者による
取引制限 一切なし 利用業者によっては制限あり
板情報 閲覧可能 閲覧不可
ワンクリック注文機能 損切り・利食い幅の設定やドテン注文もワンクリックでできる cTraderと比べると貧弱
一括決済 可能 1つずつ決済する必要がある
インジケーター・EA MT4と比べて少ない 非常に多い

cTraderはECN方式専用に作られている取引プラットフォームになるので、インターバンク市場での取引を想定しています。

ですのでMT4と違い、板情報が見れるなどの機能が備わっています。

また、直感的に取引ができるように複数通貨ペアのワンクリック注文や全ポジションの一括決済機能など、MT4にはない機能が備わっています。

ただ、拡張性はMT4ほどなく、カスタムインジケーターやEAは少なめになっています。

裁量でトレードする人におすすめの取引プラットフォームになります。

TradeviewのMT4ダウンロードとログイン・初期設定方法

cTraderに入っているインジケーター

cTraderに入っているインジケーターをMT4と比較しました。

ボリンジャーバンドや一目均衡表などはMT4にもcTraderにも入っていますが、エンベロープなどMT4に入っているインジケーターがcTraderには備わっていないものもあります。

▾クリックするとインジケーターが確認できます

インジケーター 読み方 mt4 cTrader
Bollinger Bands ボリンジャーバンド
Ichimoku Kinko Hyo 一目均衡表
Simple Moving Average SMA(単純移動平均線)
Exponential Moving Average EMA(指数平滑移動平均線)
Weighted Moving Average 加重移動平均線
Parabolic SAR パラボリックSAR
Standard Deviation 標準偏差
Average True Range ATR
MACD マックディー
Momentum モメンタム
Relative Strength Index RSI・相対力指数
Stocastic Oscillator ストキャスティクス
Williams’Percent Range ウィリアムズ%R
On Balance Volume オンバランス数量
Accelerator Oscillator ACオシレーター(ビルウィリアムズ指標)
Awesome Oscillator オーサム・オシレーター
Accumulative Swing Index 累積スウィング指数
Aroon アルーン・インディケーター
Directional Movement System DMI
Time Series Moving Average 時系列移動平均線
Triangular Moving Average 三角移動平均線
Welles Wilder Smoothing ウェルズ・ワイルダーの平滑化平均
Detrended Price Oscillator DPO
MACD Histogram MACDヒストグラム
Mass index マス・インデックス
Price Oscillator プライスオシレーター (PRO)
Price ROC レート・オブ・チェンジ(ROC)
Rainbow Oscillator レインボーオシレーター
TRIX Triple Exponential Average
Ultimate Oscillator アルティメット・オシレーター
Vertical Horizontal Filter VHF
Chaikin Volatility CV(チャイキン ボラティリティ)
Donchain Channel ドンチャンチャネル (DC)
Fractal Chaos Bands フラクタルカオスバンド
Historical Volatility ヒストリカル・ボラティリティ
Keltner Channels ケルトナーチャネル (KC)
Linear Regression Forecast 線形回帰予測(LRF)
Chaikin Money Flow チャイキン マネー フロー (CMF)
Ease Of Movement イーズ オブ ムーブメント(EOM)
Money Flow index マネーフローインデックス(MFI)
Negative Volume Index 負出来高指数 (NVI)
Positive Volume Index PVI
Price Volume Trend プライスボリュームトレンド(価格出来高トレンド)
Trade Volume Index 取引量指数(TVI)
Volume Oscillator ボリューム・オシレーター
Volume ROC 変化率
Median 中央値
Swing Index スイング・インデックス
Typical Price 通常価格
VIDYA ヴィドゥヤ
Weighted Close 加重終値
Williams Accumulation Distribution ウィリアムズ累積分布
Average Directional Movemenct Index ADX
Envelopes エンベロープ
Bears Power ベアーズ・パワー
Bulls Power ブルズ・パワー
Commodity Channel Index CCI(商品チャンネル指数)
DeMarker デマーカー
Force Index 勢力指数
Moving Average of Oscillator 移動平均オシレーター
Relative Vigor Index RVI・相対活力指数
Accumulation/Distribution 蓄積/配信
Money Flow Index マネー・フロー・インデックス
Volumes ボリューム
Alligator アリゲーター
Fractals フラクタル
Gator Oscillator ゲーター・オシレーター
Market Facilitation Index マーケットファシリテーションインデックス
Custom Moving Aberages カスタム移動平均
SimlePanel シンプルパネル
Heiken Ashi 平均足
iExposure
ZigZag ジグザグ

cTraderでもcAlgoのページからカスタムインジケーターを取ることができるので、足りないものはコチラから取得して行きましょう。

cTrader Algorithms

TradeviewのcTrader メリットと機能

TradeviewのcTraderについて、メリットと機能を画像付きで紹介して行きます。

ワンクリック注文

cTraderではこのように複数通貨ペアのワンクリック注文が可能です。

MT4でもワンクリック注文は可能ですが、デフォルトでは1通貨ペアのワンクリック注文しかできません。

複数通貨ペアで注文する場合はcTraderの方が注文しやすくなります。

約定スピードが速いので連続してトレード可能

cTraderは動作が非常に早く、サクサク注文が決まるのが特徴です。

注文を連続して行っても、このようにどんどん決まって行きます。

全ポジション決済

cTraderでは全ポジションの一括決済ができるので、複数ポジションを持っていても、決済は簡単です。

MT4だと「×」を連打しないといけませんが、cTraderの決済は簡単になっています。

建玉変更、分割決済

cTraderでは建玉変更や分割決済が可能で、一部のポジションの数量を増やしたり減らしたりすることが可能です。

板情報が見れる

cTraderでは3種類の板情報を見ることができ、指値の板状況が視覚的に確認できます。

VWAP DoM

VWAP(出来高加重平均価格)は板情報が数字で見ることができます。

 
標準DoM

標準DoMは指値が入っている注文価格と数量が棒グラフで見ることができ、視覚的に使いやすいです。

 
価格DoM

価格DoMは金額ごとに指値のない価格も確認できるので、指値設定をする時に便利です。

cTraderはこのように複数の板情報が見れるので、MT4と比べて指値が入れやすいです。

市場時間やシンボル情報

cTraderもMT4と同じく市場時間やシンボル情報を見ることができます。

cTraderは取引手数料(片道)の金額や最低取引額、最高取引額も記載してあります。

日本時間にしている場合、現地時間の何時にクローズするか、何時にオープンするか、も教えてくれます。

時間足の種類が多い

cTrader時間足の種類
  • Standard:ローソク足。一般的なチャートモデル
  • Tick:ティックチャート。市場の売買成立のたびに点を打ちチャートが作成される
  • Renko:練行足。トレンドの方向性が分かりやすい
  • Range:レンジバーチャート。特定の値動きがあった場合にチャートが作成される
  • cTraderの時間足
  • 1分足(M1)・2分足(M2)・3分足(M3)・4分足(M4)・5分足(M5)・6分足(M6)・7分足(M7)・8分足(M8)・9分足(M9)・10分足(M10)・12分足(M12)・15分足(M15)・20分足(M20)・30分足(M30)・45分足(M45)
  • 1時間足(H1)・2時間足(H2)・3時間足(H3)・4時間足(H4)・6時間足(H6)・8時間足(H8)・12時間足(H12)
  • 日足(D1)・2日足・3日足・週足(W1)・月足(MN)
    ※MT4にはない時間足を赤色表示しています
  • cTraderはMT4に比べて時間足の種類や数が多いです。

    ティックチャートも見ることができますし、時間足の数もMT4よりも圧倒的に多く、細かいチャート分析が可能になっています。

    チャートのカスタマイズ

    チャートの書き込み機能
    ライン:垂直ライン、水平ライン、斜線、トレンドライン
    フィボナッチ:フィボナッチファン、フィボナッチエクスパンション
    図形:長方形、楕円形、三角形、矢印など
    その他:テキストや配色、チャート撮影など

    cTraderのチャートすぐ横には自由にカスタマイズする機能があり、自由に書き込みができます。

    水平ラインやトレンドライン、いろんな図形など、自分が使いやすいようにチャート分析できるので便利です。

    cTraderのスマホアプリ

    cTraderはiPhoneやAndroidのスマホアプリもあります。

    MT4よりも機能が充実して使いやすいのでスマホで裁量トレードしている人にはおすすめです。

    ワンクリック注文できる

    cTraderのスマホアプリはワンクリック注文が可能です。

    チャートを見ながら注文できるので便利です。

    板情報も見れる


    cTraderのスマホアプリは板情報を見ることも可能です。

    指値注文をする時など便利ですね。

    cTraderのカスタムインジケーター・自動売買EA

    cTraderではcAlgoのページからカスタムインジケーターやEAをダウンロードすることができます。

    すべて英語になってしまうため、翻訳しながら使わなくてはいけなく、少し使いにくい部分があります。

    数としてはEA・インジケーター含めて1,300個以上あるので、かなりの数量があります。

    Tradeview cTraderのインストール方法と手順

    ここからはTradeview cTraderのインストール手順について紹介して行きます。

    cTraderを利用する場合は、cTrader IDも併せて作成する必要があります。

    デモ口座の作成時点で、cTrader IDも作られるため、そのやり方をご紹介します。

    cTraderデモ口座の登録
    Tradeview cTraderページ」にアクセスします。

    cTraderのデモ口座作成画面になるので必要事項を入力します。

    ユーザー登録
  • 名(ローマ字):(例)Taro
  • 姓(ローマ字):(例)Yamada
  • 電話番号:(例)09012345678
  • メールアドレス:(例)gemgemfx@gmail.com
  • レバレッジ:(例)200倍
  • 通貨:(例)JPY(円建て)
  • 資金:(例)50000
  • Eメール受取りの同意:※チェックしないと先に進めません
  • 必要事項を入力したら、「送信する」をクリックします。

    cTraderをダウンロード

    画面が切り替わり、cTraderのダウンロートボタンが表示されるのでダウンロードします。

     
    セットアップファイルを起動

    ダウンロードしたcTraderのセットアップファイルをダブルクリックして実行します。

     
    警告が出てもインストールを選択

    「アプリケーションのインストール」画面が表示され、「セキュリティの警告」などが出る場合もありますが、そのまま「インストール」をクリックします。

     
    インストールは数分かかる

    インストール中。数分かかる場合があります。


    インストールが完了すると自動でcTraderが起動します。

    cTrader IDの作成

    デモ登録時に、「Welcome to cTrader ID」という件名でメールが来ていますので、「Confirm cTrader ID」でcTrader IDを作成します。


    cTrader IDのパスワード設定

    「パスワード」を設定します。

    これで、cTrader ID作成は完了で、デモ口座のアカウントとも連携された状態になります。

    cTraderからもIDを作成可能
    cTraderを起動してから「Create cTrader ID」で新規作成することも可能です。

    cTrader IDを新規作成の場合は、メールアドレスとパスワードを設定し、「Create cTrader ID」でIDを作成します。

    cTrader IDのログイン

    「Login」を選択し、メールアドレス(またはcTrader ID)とパスワードでログインします。

    cTraderの設定方法・使い方

    最後にcTraderの設定方法について紹介します。

    cTraderを日本語表示にする

    cTraderをインストールすると、デフォルトは英語になっていますので、日本語化します。

    左下の「設定」→「General」→「Language」からプルダウンで「日本語」を選択します。

    日本語に反映させるにはcTraderの再起動が必要になるので、「Restart」をクリックして、再起動させます(パソコンの再起動ではなく、cTraderの再起動のみです)

    日本時間に変更

    cTraderはMT4と異なり、簡単に日本時間へ変更することができます。右下の「UTC+0」をクリックし、「UTC+9」にすることで日本時間になります。

    MT4よりもcTraderの方が日本語や日本時間の設定が簡単なので、非常に使いやすいです。

    まとめ:cTraderはMT4を超える高機能取引プラットフォーム

    ゲムゲム

    TradeviewのcTraderについて紹介して来ました。

    TradeviewのcTraderについて、特徴やMT4との違い、インストール方法について紹介して来ました。

    全体的に機能としてはMT4やMT5よりも高性能なので、裁量でトレードしている人はcTraderがおすすめです。

    EAなどはまだまだMT4が主流なので、自動売買の人はMT4やMT5の方が良いでしょう。

    Tradeviewの詳細を見る

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA