ボイジャーX JPYのEA検証結果

ゲムゲム

今回はボイジャーX JPYを検証して行きたいと思います。
ぜひEAを使うかどうかの参考にしてください。

GogoJungleの有料EA「ボイジャーX JPY」をTDS(Tick Data Suite)を使ってバックテストを行ったので、結果を紹介して行きます。

実際のトレードと近くなるように、変動スプレッド、スリッページ機能を付け、スプレッドも平均的なスプレッドになるように補正しています。

ボイジャーX JPYはドル円、ユーロ円、ポンド円対応のデイトレEAのようですが、成績はどうなのでしょうか。

当サイトでバックテストを行なった結果がコチラです。

更新日2022年6月30日

過去15年
2007.1~2022.6
リリース後
2019.4~2022.6
USDJPY +399,388円 +87,488円
EURJPY +348,680円 +49,976円
GBPJPY +204,743円 +167,735円

※0.1ロット運用、証拠金50万円で検証しました。

過去15年、リリース後ともに3通貨ペア全てでプラスでした。

では、ボイジャーX JPYを詳しく見て行きましょう。

ボイジャーX JPYの詳細を確認する3通貨ペア対応 (ドル円、ユーロ円、ポンド円) 1ポジで高収益を狙うデイトレEA  | GogoJungle

ボイジャーX JPYの特徴

取引タイプ 通貨ペア 時間足
デイトレ EURJPY/GBPJPY/USDJPY 1H
最大ポジション リリース日 価格
1 2019年04月26日 30,000円

ボイジャーX JPYは、2種類のロジックでエントリーするデイトレEAです。

・ボリンジャーバンドを利用したトレンドフォロー型のロジック
・株の売買サインをFXに応用した逆張りのロジック

対円の3通貨ペア(ドル円、ユーロ円、ポンド円)に対応します。

最大ポジションは1つのみで、週末持越し無しとリスクを限定した安全仕様となっています。

GogoJungleでの公開成績

収益 +384,713円 収益率(全期間) +99.19%
プロフィットファクター 1.28 勝率 50.44% (1675/3321)
初期ロット数 0.1ロット 最大ポジション数 3(3通貨ペア合計)
リスクリターン率 9.22 最大ドローダウン 6.99% (41,734円)
平均利益 1,071円 最大利益 14,475円
平均損失 -851円 最大損失 -3,100円

ボイジャーX JPYは公開成績を見ると、2019年4月26日リリースで、勝率は50%と低めですが、平均利益>平均損失で利益を積み上げていくタイプのようです。

月次分析(月間の損益)

月次分析を見ると、2022年は1月~5月まで全てプラスとなっています。

月間の取引回数

月間の取引回数は1ヶ月に50~80回前後で、週4~ほぼ毎日のペースで取引がありますね。

シストレクラウド(STC)さんの他のEA

シストレクラウド(STC)さんはボイジャーX JPY以外にもゴゴジャンにEAをリリースしています。

2007年~のバックテスト結果

ゲムゲム

ここからは私が実際にTDSを使ってバックテストを行った結果を紹介して行きます。

スプレッド補正

  GEMFOREX TDS 補正値
USDJPY 1.60pips 0.37pips 1.3pips
EURJPY 1.70pips 0.59pips 1.2pips
GBPJPY 2.15pips 1.44pips 0.8pips

スプレッドはGEMFOREXに合わせて補正をして検証しています。

(GEMFOREXよりもスプレッドが狭い業者を使うと、成績が良くなります)

変動スプレッドON、スリッページONにして、できるだけリアルに近い環境でテストしています。

USDJPY

過去15年 リリース後
収益 +399,388円 +87,488円
収益率 +79.8% +17.5%
勝率 50.02% 48.89%
PF 1.26 1.24
最大ドローダウン 5.48%(33,747円) 6.25%(33,231円)
リスクリターン率 11.83 2.63
平均利益 901円 833円
最大利益 11,760円 10,935円
平均損失 -714円 -644円
最大損失 -2,600円 -2,600円

USDJPYは15年で+40万円の収益でした。1年あたり2.5万円ほどで、3通貨ペアの中では一番成績が良かったです。

年次・月次の成績

USDJPYは年次では2011、2019、2020年にマイナスになっていますが、トータルでは一番利益が出ています。

年単位で見ると、けっこう安定しています。

EURJPY

過去15年 リリース後
収益 +348,680円 +49,976円
収益率 +69.7% +10.0%
勝率 51.31% 47.07%
PF 1.21 1.10
最大ドローダウン 7.50%(67,444円) 10.78%(64,233円)
リスクリターン率 5.17 0.78
平均利益 1,090円 996円
最大利益 19,695円 11,861円
平均損失 -953円 -804円
最大損失 -3,100円 -3,132円

EURJPYは15年で+34万円の収益でした。1年あたり2.2万円ほどになります。

年次・月次の成績

2009、2015、2019、2021年がマイナスですが、2021年以外はマイナスも少なく、トータルではプラスとなっています。

GBPJPY

過去15年 リリース後
収益 +204,743円 +167,735円
収益率 +40.9% +33.5%
勝率 51.69% 52.98%
PF 1.07 1.28
最大ドローダウン 17.84%(102,361円) 6.33%(33,426円)
リスクリターン率 2.00 5.02
平均利益 1,416円 1,324円
最大利益 26,236円 11,195円
平均損失 -1,417円 -1,170円
最大損失 -8,060円 -3,230円

GBPJPYは15年で+20万円の収益でしたが、リリース後は一番成績が良い通貨ペアとなっています。

年次・月次の成績

GBPJPYは2010、2015、2017、2018年がマイナスですが、トータルではプラスとなっています。

3通貨ペア合計の損益

過去15年 リリース後
+952,812円 +305,199円

QuantAnalyzerを使って3通貨ペアを合計すると、過去15年間で95万円の収益となりました。

リリース後も30万円の利益となっています。

成績の推移とドローダウン

補足説明
  • メイングラフの薄い赤色部分:停滞期間
  • 下方の赤色のグラフ:ドローダウン(山が大きいとドローダウンが大きい)
  • 一番下の青いグラフ:VIX指数
  • ボイジャーX JPYの3通貨ペア合計をQuantAnalyzerで見てみると、2007年が少し停滞していますが、全体的に綺麗な右肩上がりのグラフです。

    年次・月次の成績

    年次成績も合計で2015年以外は全てプラスとなっています。

    まとめ

    過去15年
    2007.1~2022.6
    リリース後
    2019.4~2022.6
    USDJPY +399,388円 +87,488円
    EURJPY +348,680円 +49,976円
    GBPJPY +204,743円 +167,735円

    ※0.1ロット運用、証拠金50万円で検証しました。

    ゲムゲム

    ボイジャーX JPYは3通貨ペア全てでプラスでした。

    GogoJungleのボイジャーX JPYのバックテストをしてきました。過去15年、リリース後ともに成績はプラスでした。

    3通貨ペア使うことで安定するため、3通貨ペアを稼働させるのが良いのではないかと思います。

    ぜひ参考にしてください。

    ボイジャーX JPYの詳細を確認する3通貨ペア対応 (ドル円、ユーロ円、ポンド円) 1ポジで高収益を狙うデイトレEA  | GogoJungle

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA