AssyeGBPのEA検証結果

ゲムゲム

今回はAssyeGBPを検証して行きたいと思います。
ぜひEAを使うかどうかの参考にしてください。

GogoJungleの有料EA「AssyeGBP」をTDS(Tick Data Suite)を使ってバックテストを行ったので、結果を紹介して行きます。

実際のトレードと近くなるように、変動スプレッド、スリッページ機能を付け、スプレッドも平均的なスプレッドになるように補正しています。

AssyeGBPは1ポジション型のデイトレードEAですが、成績はどうなのでしょうか。

当サイトでバックテストを行なった結果がコチラです。

更新日2022年3月31日

過去15年
2016.10~2022.3
リリース後
2020.10~2022.3
収益 +525,860円 +37,163円
収益率 +105.1% +7.4%
勝率 56.12% 58.84%
PF 1.08 1.10
最大ドローダウン 43.98%(306,437円) 8.42%(48,373円)
リスクリターン率 1.71 0.76
平均利益 3,058円 2,073円
最大利益 18,170円 13,730円
平均損失 -3,609円 -2,688円
最大損失 -5,695円 -5,670円

※0.1ロット運用、証拠金50万円で検証しました。

バックテストの結果は、すべての期間で安定した良い成績となりました。

リリース後の成績は前回の更新よりも少し利益額を落としています。

では、AssyeGBPを詳しく見て行きましょう。

AssyeGBPの詳細を確認する勝ち逃げ最強 ぶわっと来たら獲る(゚д゚ ) | GogoJungle

AssyeGBPの特徴

取引タイプ 通貨ペア 時間足
デイトレード GBPJPY 1M
最大ポジション リリース日 価格
1 2020年10月29日 24,800円

AssyeGBPはボリンジャーバンドを引き金にトレンド方向に対して押し目を形成し反転すると思われるところに仕掛けるEAです。

GBPJPY専用のデイトレードEAで、保有ポジションは1つのみです。

アッシェとはフランス語で本来「hache」と書き、みじん切りという意味です。

大きな利益を狙うのではなく昔からみんなが使っているテクニカルを使ってシンプルに長期間にわたり安定的なものがよいと思い、ごくシンプルに作った物です。

GogoJungleでの公開成績

収益 +46,077円 収益率(全期間) +27.43%
プロフィットファクター 1.13 勝率 59.78% (165/276)
初期ロット数 0.1ロット 最大ポジション数 1
リスクリターン率 0.89 最大ドローダウン 19.67% (51,739円)
平均利益 2,452円 最大利益 12,600円
平均損失 -3,212円 最大損失 -5,620円

AssyeGBPは公開成績を見ると、2022年に入ってから少し成績を落としています。

月次分析(月間の損益)


月次分析を見ると、2022年はかなり不調のようで、大きなマイナスとなっています。

2021年は7月はマイナスですが、それ以外は全体的に成績が良いです。

月間の取引回数

月間の取引回数は1ヶ月に9回~16回ほどになりました。

取引回数はそこそこ多いです。

アオタロウさんの他のEA

アオタロウさんはAssyeGBP以外にもたくさんのEAをリリースしています。

またの機会に検証したいと思います。

2007年~のバックテスト結果

ゲムゲム

ここからは私が実際にTDSを使ってバックテストを行った結果を紹介して行きます。

スプレッド補正

GEMFOREX TDS 補正値
2.15pips 1.44pips 0.8pips

スプレッドはGEMFOREXに合わせて補正をして検証しています。

(GEMFOREXよりもスプレッドが狭い業者を使うと、成績が良くなります)

変動スプレッドON、スリッページONにして、できるだけリアルに近い環境でテストしています。

収益 +525,860円 収益率(全期間) +105.1%
初期証拠金 500,000円 勝率 56.12%
プロフィットファクター 1.08 最大保有ポジション 1
最大ドローダウン 43.98%(306,437円) リスクリターン率 1.71
平均利益 3,058円 最大利益 18,170円
平均損失 -3,609円 最大損失 -5,695円

AssyeGBPは15年で52.5万円の収益でした。1年あたり3.5万円ほどになります。

前半で成績を落とす場面がありますが、全体的には利益を上げています。

成績の推移とドローダウン

補足説明
  • メイングラフの薄い赤色部分:停滞期間
  • 下方の赤色のグラフ:ドローダウン(山が大きいとドローダウンが大きい)
  • 一番下の青いグラフ:VIX指数
  • AssyeGBPをQuantAnalyzerで見てみると、2007年後半から2012年くらいが停滞時期となっています。

    この時期はVIXが高くなっているので、VIXとの関連性も高そうです。

    それ以外は全体的に利益を伸ばしている様子です。

    年次・月次の成績・損益グラフ

    QuantAnalyzerを使った年次・月次の成績となります。

    一番右側(YTD)の年次成績は3回ほどマイナスとなっていますが、それ以外はすべてプラスとなっています。

    直近の月次損益グラフ

    2022年

    2022年は1月に大きなマイナスで、2月も少しマイナスとなっています。

    2021年

    2021年は7月に大きなマイナス(-2.5万円ほど)となっていますが、その他は比較的良い成績となっています。

    2020年

    2020年も大きなマイナスが2回ほどあります。

    月別で見ると、コツドカ傾向があるのが分かります。

    リリース後のバックテスト結果

    AssyeGBPのリリース後のバックテスト結果(≒フォワード結果)は以下のようになりました。

    「バックテスト結果とフォワードテスト結果が違いないか」、「過去データに最適化し過ぎていないか」など参考にしてください。

    収益 +37,163円 収益率(全期間) +7.4%
    初期証拠金 500,000円 勝率 58.84%
    プロフィットファクター 1.10 最大保有ポジション 1
    最大ドローダウン 8.42%(48,373円) リスクリターン率 0.76
    平均利益 2,073円 最大利益 13,730円
    平均損失 -2,688円 最大損失 -5,670円

    2020年10月29日のリリース日以降のバックテスト結果は、前半は大きく利益を伸ばしていますが、2022年に入ってからはマイナス成績となっています。

    長期バックテストを見る限りでは良さそうですが、ちょっと様子見しても良いかもしれません。

    まとめ

    過去15年
    2016.10~2022.3
    リリース後
    2020.10~2022.3
    収益 +525,860円 +37,163円
    収益率 +105.1% +7.4%
    勝率 56.12% 58.84%
    PF 1.08 1.10
    最大ドローダウン 43.98%(306,437円) 8.42%(48,373円)
    リスクリターン率 1.71 0.76
    平均利益 3,058円 2,073円
    最大利益 18,170円 13,730円
    平均損失 -3,609円 -2,688円
    最大損失 -5,695円 -5,670円

    ※0.1ロット運用、証拠金50万円で検証しました。

    ゲムゲム

    AssyeGBPは多少のドローダウンはありますが、比較的安定的に利益を上げています。

    GogoJungleのAssyeGBPのバックテストをしてきました。少しコツドカ傾向がありますがAssyeGBPは比較的安定して利益を上げていました。

    リリース後の成績も比較的良さそうなので、ぜひ検討してみると良いでしょう。

    AssyeGBPの詳細を確認する勝ち逃げ最強 ぶわっと来たら獲る(゚д゚ ) | GogoJungle

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA