一撃くんのEA検証結果

ゲムゲム

今回は一撃くんを検証して行きたいと思います。
ぜひEAを使うかどうかの参考にしてください。

GogoJungleの有料EA「一撃くん」をTDS(Tick Data Suite)を使ってバックテストを行ったので、結果を紹介して行きます。

実際のトレードと近くなるように、変動スプレッド、スリッページ機能を付け、スプレッドも平均的なスプレッドになるように補正しています。

一撃くんはUSDJPYのスイングトレードEAですが、成績はどうなのでしょうか。

当サイトでバックテストを行なった結果がコチラです。

更新日2024年6月30日

過去16年
2007.1~2024.6
リリース後
2019.9~2024.6
収益 +89,793円 +199,659円
収益率 +17.9% +39.9%
勝率 32.74% 32.13%
PF 1.01 1.08
最大ドローダウン 351,232円(59.20%) 155,871円(20.84%)
リスクリターン率 0.26 1.28
平均利益 5,049円 5,565円
最大利益 43,669円 43,709円
平均損失 -2,433円 -2,438円
最大損失 -18,689円 -15,720円

※0.1ロット運用、証拠金50万円で検証しました。

バックテストの結果は、過去16年、リリース後ともにプラスでした。

では、一撃くんを詳しく見て行きましょう。

一撃くんの詳細を確認する適切なリスク管理とシンプルなトレンドフォローで満塁ホームランを狙う! | GogoJungle

一撃くんの特徴

取引タイプ 通貨ペア 時間足
スイングトレード USDJPY 1H
最大ポジション リリース日 価格
1 2019年9月13日 20,000円

一撃くんはトレンドフォロー型のスイングEAとなります。

最大ポジションは1つになります。

GogoJungleでの公開成績

収益 10,060,400円 収益率(全期間) 80.82%
プロフィットファクター 1.18 勝率 33.90% (436/1286)
初期ロット数 1.03ロット 最大ポジション数 2
リスクリターン率 2.19 最大ドローダウン 22.30% (4,601,940円)
平均利益 149,963円 最大利益 2,206,880円
平均損失 -65,218円 最大損失 -358,956円

一撃くんは公開成績を見ると、収益が1千万円超えの成績になっていますが、デフォルトが複利運用になっておりロットがかなり大きくなっています。

月次分析(月間の損益)


月次分析を見ると、2023年はかなり大きく負けている月があります。

月間の取引回数


月間の取引回数は1ヶ月に30回前後になります。

Yamaさんの他のEA


Yamaさんは一撃くんのほかにもEAを出品されています。

一撃くんの設定

注意点
・MinLots :ご希望の最小取引アマウントを設定ください(デフォルト値は0.1=1万通貨)
・MaxLots : 許容できる最大取引アマウントを設定ください。(デフォルト値は証券会社の1ショット最大取引量の標準である20=200万通貨)

一撃くんの設定では、MinLotsとMaxLotsの設定がありますが、デフォルトのままですと自動的にロットが証拠金残高によって決まります。

50万円スタートの場合は0.28ロット開始でした。検証では、MinLotsとMaxLotsの値を「0.1」にして固定ロットにして検証を行っています。

2007年~のバックテスト結果

ゲムゲム

ここからは私が実際にTDSを使ってバックテストを行った結果を紹介して行きます。

スプレッド補正

基準値 TDS 補正値
USDJPY 1.60pips 0.59pips 1.01pips

スプレッドが広めの業者のスタンダード口座に合わせて検証しています。

(スプレッドが狭い業者を使うと、成績が良くなります)

変動スプレッドON、スリッページONにして、できるだけリアルに近い環境でテストしています。

収益 +89,793円 収益率(全期間) +17.9%
初期証拠金 500,000円 勝率 32.74%
プロフィットファクター 1.01 最大保有ポジション 1
最大ドローダウン 351,232円(59.20%) リスクリターン率 0.26
平均利益 5,049円 最大利益 43,669円
平均損失 -2,433円 最大損失 -18,689円

一撃くんは過去16年は+8.9万円になりました。

成績の推移とドローダウン


補足説明
  • メイングラフの薄い赤色部分:停滞期間
  • 下方の赤色のグラフ:ドローダウン(山が大きいとドローダウンが大きい)
  • 一番下の青いグラフ:VIX指数
  • 一撃くんをQuantAnalyzerで見てみると、前半の下落が大きく、トータルで見て停滞しています。

    年次・月次の成績・損益グラフ


    QuantAnalyzerを使った年次・月次の成績となります。

    前半はマイナスが大きいですが、直近はプラスの年が多くなっています。

    直近の月次損益グラフ

    2024年

    2024年はトータルでプラスです。

    2023年

    2023年はマイナスの月もありますがトータルでプラスです。

    2022年

    2022年もトータルでプラスです。

    2021年

    2021年はマイナスが多くトータルでマイナスです。

    2020年

    2020年は3月に大きくプラスで、トータルでプラスになっています。

    リリース後のバックテスト結果

    一撃くんのリリース後のバックテスト結果(≒フォワード結果)は以下のようになりました。

    「バックテスト結果とフォワードテスト結果が違いないか」、「過去データに最適化し過ぎていないか」など参考にしてください。

    収益 +199,659円 収益率(全期間) +39.9%
    初期証拠金 500,000円 勝率 32.13%
    プロフィットファクター 1.08 最大保有ポジション 1
    最大ドローダウン 155,871円(20.84%) リスクリターン率 1.28
    平均利益 5,565円 最大利益 43,709円
    平均損失 -2,438円 最大損失 -15,720円

    2019年9月13日のリリース日以降のバックテスト結果は+19.9万円でした。

    まとめ

    過去16年
    2007.1~2024.6
    リリース後
    2019.9~2024.6
    収益 +89,793円 +199,659円
    収益率 +17.9% +39.9%
    勝率 32.74% 32.13%
    PF 1.01 1.08
    最大ドローダウン 351,232円(59.20%) 155,871円(20.84%)
    リスクリターン率 0.26 1.28
    平均利益 5,049円 5,565円
    最大利益 43,669円 43,709円
    平均損失 -2,433円 -2,438円
    最大損失 -18,689円 -15,720円

    ※0.1ロット運用、証拠金50万円で検証しました。

    ゲムゲム

    一撃くんは過去16年、リリース後ともにプラスでした。

    GogoJungleの一撃くんのバックテストをしてきました。

    成績はあまり安定していないようです。

    ぜひ参考にしてください。

    一撃くんの詳細を確認する適切なリスク管理とシンプルなトレンドフォローで満塁ホームランを狙う! | GogoJungle

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA