INTER EURJPY M5のEA検証結果

ゲムゲム

今回は INTER EURJPY M5を検証して行きたいと思います。
ぜひEAを使うかどうかの参考にしてください。

LET’S REALとGogoJungleで販売している有料EA「INTER EURJPY M5」をTDS(Tick Data Suite)を使ってバックテストを行ったので、結果を紹介して行きます。

実際のトレードと近くなるように、変動スプレッド、スリッページ機能を付け、スプレッドも平均的なスプレッドになるように補正しています。

INTER EURJPY M5はユーロ円専用のスキャルピングEAですが、成績はどうなのでしょうか。

当サイトでバックテストを行なった結果がコチラです。

更新日2022年12月31日

ロング 過去16年
2007.1~2022.12
リリース後
2020.3~2022.12
収益 +392,365円 +76,997円
収益率 +78.4% +15.3%
勝率 79.43% 78.71%
PF 1.46 1.75
最大ドローダウン 35,265円(6.55%) 18,609円(3.13%)
リスクリターン率 11.13 4.14
ショート 過去16年
2007.1~2022.12
リリース後
2020.3~2022.12
収益 +350,174円 -47,474円
収益率 +70.0% -9.5%
勝率 73.91% 66.35%
PF 1.30 0.83
最大ドローダウン 86,146円(9.34%) 85,976円(16.40%)
リスクリターン率 4.06 -0.55

※デフォルトの0.1ロット運用、証拠金50万円で検証しました。

INTER EURJPY M5はEAがロング用(買いのみ)とショート用(売りのみ)の2つに分かれているため、それぞれのバックテストの結果となります。

長期ではどちらもプラスでしたが、リリース後はショートがマイナスとなりました。

では、 INTER EURJPY M5を詳しく見て行きましょう。

INTER EURJPY M5の特徴

取引タイプ 通貨ペア 時間足
スキャルピング EURJPY 5M
最大ポジション リリース日 価格
1 2020年8月26日
(公開成績:2020/3/23~)
18,000円

INTER EURJPY M5はEURJPY専用で、MT4時間19:00~2:00にエントリーするスキャルピングEAです。

LET’S REALでの公開成績

PF 1.43 買ポジ比率 51%
平均利益 14pips 売ポジ比率 50%
平均損失 -32.3pips 月平均取引 12回
最大利益 75.3pips ポジ保有最短時間 2分
最大損失 -48.3pips ポジ保有平均時間 11時間10分
買/売勝率 80%/72% ポジ保有最長時間 3日1時間25分
最大ドローダウン 187.6pips 計測期間 2年9月19日

LET’S REALの公開成績を見ると、途中停滞している時期がありますがトータルでは利益をあげています。

月次分析(月間の損益)


月次分析を見ると、2022年はマイナスの月が多いですがトータルではプラスです。

2021年も勝ったり負けたりですが、トータルはプラスです。

月間の取引回数


月間の取引回数は10~15回前後です。

Forex_TAMさんの他のEA

Forex_TAMさんはLET’S REALにINTER EURJPY M5のほかにもEAを出品されています。

バックテスト結果

ゲムゲム

ここからは私が実際にTDSを使ってバックテストを行った結果を紹介して行きます。

スプレッド補正

GEMFOREX TDS 補正値
EURJPY 1.70pips 0.59pips 1.2pips

スプレッドは少し広めのGEMFOREXに合わせて補正をして検証しています。

(GEMFOREXよりもスプレッドが狭い業者を使うと、成績が良くなります)

変動スプレッドON、スリッページONにして、できるだけリアルに近い環境でテストしています。

ロング

証拠金50万円 過去16年 リリース後(2020.03.23~)
収益 +392,365円 +76,997円
収益率 +78.4% +15.3%
勝率 79.43% 78.71%
PF 1.46 1.75
最大ドローダウン 35,265円(6.55%) 18,609円(3.13%)
リスクリターン率 11.13 4.14
平均利益 1,184円 1,129円
最大利益 5,380円 4,520円
平均損失 -3,143円 -2,386円
最大損失 -4,720円 -4,650円

INTER EURJPY M5のロングの過去16年のバックテスト結果は、+39.2万円という結果でした。

リリース後の成績も順調です。

年次・月次の成績

年次の成績では2012年と2019年がわずかにマイナスのみだけであとはプラスの成績でした。

ショート

証拠金50万円 過去16年 リリース後(2020.03.23~)
収益 +350,174円 -47,474円
収益率 +70.0% -9.5%
勝率 73.91% 66.35%
PF 1.30 0.83
最大ドローダウン 86,146円(9.34%) 85,976円(16.40%)
リスクリターン率 4.06 -0.55
平均利益 1,824円 1,626円
最大利益 7,420円 5,642円
平均損失 -3,980円 -3,877円
最大損失 -4,764円 -4,708円

ショートの過去16年の成績は+35万円でしたが、リリース後の結果はマイナスとなりました。

年次・月次の成績

ショートの場合、2021年と2022年だけがマイナスになっています。

合計の成績

過去16年 リリース後
+742,539円 +29,523円

QuantAnalyzerを使ってロングとショートを合計すると、過去16年間で71.3万円の収益となり、リリース後の成績は1.4万円ほどの利益となりました。

成績の推移とドローダウン

補足説明
  • メイングラフの薄い赤色部分:停滞期間
  • 下方の赤色のグラフ:ドローダウン(山が大きいとドローダウンが大きい)
  • 一番下の青いグラフ:VIX指数
  • INTER EURJPY M5をQuantAnalyzerで見てみると、2021年、2022年が停滞しています。

    年次・月次の成績、年次の損益グラフ


    QuantAnalyzerを使った年間成績では、2012年と2022年以外はプラスの成績です。

    まとめ

    ロング 過去16年
    2007.1~2022.12
    リリース後
    2020.3~2022.12
    収益 +392,365円 +76,997円
    収益率 +78.4% +15.3%
    勝率 79.43% 78.71%
    PF 1.46 1.75
    最大ドローダウン 35,265円(6.55%) 18,609円(3.13%)
    リスクリターン率 11.13 4.14
    ショート 過去16年
    2007.1~2022.12
    リリース後
    2020.3~2022.12
    収益 +350,174円 -47,474円
    収益率 +70.0% -9.5%
    勝率 73.91% 66.35%
    PF 1.30 0.83
    最大ドローダウン 86,146円(9.34%) 85,976円(16.40%)
    リスクリターン率 4.06 -0.55

    ※デフォルトの0.1ロット運用、証拠金50万円で検証しました。

    INTER EURJPY M5はEAがロング用(買いのみ)とショート用(売りのみ)の2つに分かれているため、それぞれのバックテストの結果となります。

    ゲムゲム

    INTER EURJPY M5はロングは過去16年、リリース後ともにプラスでした。

    LET’S REALのINTER EURJPY M5のバックテストをしてきました。

    ロングの方は長期だけでなくリリース後の成績も良かったですが、ショートの方はリリースしてからの成績はマイナスとなりました。

    ぜひ参考にしてください。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA