激勝ち AUDNZDのEA検証結果

ゲムゲム

今回は激勝ち AUDNZDを検証して行きたいと思います。
ぜひEAを使うかどうかの参考にしてください。

GogoJungleの有料EA「激勝ち AUDNZD」をTDS(Tick Data Suite)を使ってバックテストを行ったので、結果を紹介して行きます。

実際のトレードと近くなるように、変動スプレッド、スリッページ機能を付け、スプレッドも平均的なスプレッドになるように補正しています。

激勝ち AUDNZDはAUDNZD専用のリピート系EAですが、成績はどうなのでしょうか。

当サイトでバックテストを行なった結果がコチラです。

更新日2023年6月30日

過去16年
2007.1~2023.6
リリース後
2020.9~2023.6
収益 -1,001,898円 +72,190円
収益率 -100.2% +7.2%
勝率 88.37% 98.26%
PF 0.13 13.05
最大ドローダウン 1,116,052円(100.17%) 29,963円(2.81%)
リスクリターン率 -0.90 2.41
平均利益 108円 86円
最大利益 443円 242円
平均損失 -6,394円 -375円
最大損失 -10,918円 -1,005円

※0.01ロット運用、証拠金100万円で検証しました。

バックテストした結果、過去16年の長期ではロスカットとなり、リリース後の成績はプラスとなっています。

では、 激勝ち AUDNZDを詳しく見て行きましょう。

激勝ち AUDNZDの詳細を確認するヘッジ機能付きでドローダウンを極限まで抑えたEA | GogoJungle

激勝ち AUDNZDの特徴

取引タイプ 通貨ペア 時間足
リピート系 AUDNZD 5M
最大ポジション リリース日 価格
80 2022年10月14日 25,000円

激勝ち AUDNZDはAUDNZD専用のリピート系EAで、売り・買いに上限・下限レンジを設定し、レンジ内で取引を行います。

またヘッジ機能があり破綻リスクを抑えた仕様になっているとのことです。

想定レンジを抜けた場合には新規売買の停止+保有しているポジションと同数のヘッジポジションを取得し損益を一時的にロックします。

最大ポジション数は、設定の建玉ポジションの間隔によって変わり、デフォルトの10pipsの場合は最大80ポジションまで持ちます。

  • 建玉ポジションの間隔:10Pips=最大80ポジション
  • 建玉ポジションの間隔:20Pips=最大40ポジション
  • 建玉ポジションの間隔:30Pips=最大27ポジション

激勝ち AUDNZDの設定

激勝ち AUDNZDでは、売りの上限レンジ、買いの下限レンジが設定されていて、それぞれロット設定も売り買いで設定可能です。

検証では0.01ロットで行ってます。

推奨証拠金・最大ポジション数・想定最大含み損の目安が、販売ページに記載されています。

激勝ち AUDNZDのレンジ設定は、AUDNZDの長期月足チャートで見ると2013年後半からのレートに合っています。

検証では2007年から行っていますが、想定レンジが長期間外れると結果も厳しくなるようです。

GogoJungleでの公開成績

収益 +1,092,410円 収益率(全期間) 61.06%
プロフィットファクター 892.48 勝率 99.84% (1284/1286)
初期ロット数 0.1ロット 最大ポジション数 80
リスクリターン率 3.17 最大ドローダウン 14.10% (344,297円)
平均利益 +861円 最大利益 +3,947円
平均損失 -619円 最大損失 -1,171円

激勝ち AUDNZDは公開成績を見ると、リリースから利益を積み重ねていて、最大ドローダウンも低めです。

月次分析(月間の損益)


月次分析を見ると、リピート系のため基本プラスとなります。

月間の取引回数

月間の取引回数は100回前後です。

EA博士さんの他のEA

EA博士さんはほかにも多くのEAをゴゴジャンで出品されています。

2007年1月~のバックテスト結果

ゲムゲム

ここからは私が実際にTDSを使ってバックテストを行った結果を紹介して行きます。

スプレッド補正

XM TDS 補正値
AUDNZD 4.07pips 2.29pips 1.78倍

スプレッドはXMに合わせて補正をして検証しています。
(XMよりもスプレッドが狭い業者を使うと、成績が良くなります)

変動スプレッドON、スリッページONにして、できるだけリアルに近い環境でテストしています。

収益 -1,001,898円 収益率(全期間) -100.2%
初期証拠金 1,000,000円 勝率 88.37%
プロフィットファクター 0.13 最大保有ポジション 80
最大ドローダウン 1,116,052円(100.17%) リスクリターン率 -0.90
平均利益 108円 最大利益 443円
平均損失 -6,394円 最大損失 -10,918円

激勝ち AUDNZDの過去16年はロスカットでした。

0.01ロットでの検証ですが、途中から0.4ロットほどのポジションを持ち出して、1年以内にロスカットになります。

500万円の証拠金でバックテストをしても、1年以内にロスカットになりました。

成績の推移とドローダウン

補足説明
  • メイングラフの薄い赤色部分:停滞期間
  • 下方の赤色のグラフ:ドローダウン(山が大きいとドローダウンが大きい)
  • 一番下の青いグラフ:VIX指数
  • 激勝ち AUDNZDをQuantAnalyzerで見てみると、2007年の段階でロスカットになっています。

    年次・月次の成績・損益グラフ

    1年以内にロスカットとなっています。

    リリース後のバックテスト結果

    激勝ち AUDNZDのリリース後のバックテスト結果(≒フォワード結果)は以下のようになりました。

    「バックテスト結果とフォワードテスト結果が違いないか」、「過去データに最適化し過ぎていないか」など参考にしてください。

    収益 +72,190円 収益率(全期間) +7.2%
    初期証拠金 1,000,000円 勝率 98.26%
    プロフィットファクター 13.05 最大保有ポジション 80
    最大ドローダウン 29,963円(2.81%) リスクリターン率 2.41
    平均利益 86円 最大利益 242円
    平均損失 -375円 最大損失 -1,005円

    リリース後の成績は、最大ドローダウンも低めで、成績も安定しています。

    まとめ

    過去16年
    2007.1~2023.6
    リリース後
    2020.9~2023.6
    収益 -1,001,898円 +72,190円
    収益率 -100.2% +7.2%
    勝率 88.37% 98.26%
    PF 0.13 13.05
    最大ドローダウン 1,116,052円(100.17%) 29,963円(2.81%)
    リスクリターン率 -0.90 2.41
    平均利益 108円 86円
    最大利益 443円 242円
    平均損失 -6,394円 -375円
    最大損失 -10,918円 -1,005円

    ※0.01ロット運用、証拠金50万円で検証しました。

    ゲムゲム

    激勝ち AUDNZDは0.01ロットでも途中から大きなポジションを持ち出すので注意が必要です。

    GogoJungleの 激勝ち AUDNZDのバックテストをしてきました。

    0.01ロットで検証しましたが、途中から0.4ロットほどのポジションになり、急にロスカットされます。

    長期運用は難しそうなので、気を付けるようにしてください。

    激勝ち AUDNZDの詳細を確認するヘッジ機能付きでドローダウンを極限まで抑えたEA | GogoJungle

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA