ThreeTraderの口座開設方法と必要書類・口座開設にかかる時間

threetrader 口座開設

ゲムゲム

ThreeTraderの口座開設方法を画像付きで紹介して行きます☆

ThreeTraderの口座開設の手順を画像付きで紹介して行きます。

必要書類の種類や、口座開設までにかかる時間についても測ってみたので参考にしてください。

ThreeTraderの公式サイトはコチラ

ThreeTraderの口座開設について

ThreeTraderの口座開設について解説します。

口座タイプは2種類

Pureスプレッド口座 Rawゼロ口座
スプレッド 0.5pips~ 0.0pips~
手数料 無料 往復400円(0.4pips)
レバレッジ 最大500倍 最大500倍
最小入金額 1万円 10万円
最小取引サイズ 0.01 ロット 0.01 ロット

ThreeTraderの口座タイプは2種類あります。

Pureスプレッド口座は1万円から入金可能ですが、スプレッドが少し広いタイプです。

Rawゼロ口座は10万円から入金可能で、スプレッドが狭いタイプになります。

Rawゼロ口座の方がおすすめですが、入金する金額によって判断すると良いでしょう。

ThreeTraderはどの口座タイプでもボーナスはありません。

必要書類は身分証明書と居住証明書の2種類

身分証明書
パスポート 運転免許証 マイナンバー
居住証明書
公的料金請求書 銀行取引明細書

口座開設に必要な書類は2種類あり「写真付きの身分証明書」と「居住証明書」を提出する必要があります。

身分証明書は写真が必要なので、健康保険証や通知カードは利用できません。

居住証明書は発行から3ヶ月以内のものであれば、住所が確認できる公的書類であれば、何でもOKです。

口座開設にかかる時間

口座開設にかかる時間を、実際に口座開設した時の時間を確認しました。

【11:45】書類のアップロード完了

口座開設をして書類をアップロードした時間が11:45でした。

 
【18:15】口座の有効化完了

審査が承認されて口座が有効化されたのが18:15となりました。

かかった時間は6時間30分でした。

意外と時間がかかった印象です。

ThreeTraderの口座開設手順

それではThreeTraderの口座開設手順を画像付きで紹介して行きます。

ライブ口座開設

まずThreeTraderのトップページから「ライブ口座開設」をクリックします。

個人情報

個人情報
  • 名:(例)Tarou
  • 姓:(例)Yamada
  • Eメール:(例)Yamada@gmail.com
  • 携帯電話:(例)8011223344(080-1122-3344の場合)
  • パスワード:8~15文字、大文字と小文字、数字を含めたもの

個人情報を入力して行きます。

氏名はローマ字で入力し、携帯番号は最初の0を省いたものを入力しましょう。

パスワードでここで設定したものでログインすることになるので、忘れないようにメモしておくと良いです。

追加情報

追加情報
  • 生年月日:日,月,年の順番で入力
  • 住所:(例)Akasaka1-1-301,(赤坂1-1-301[マンション名不要])
  • 市区町村:Minato-ku(港区)
  • 都道府県:(例)Tokyo(東京都)
  • 郵便番号:(例)107-0052

追加情報では生年月日や住所などを入力して行きます。

住所は英語で入力し、日本とは逆に入力して行きます。

住所の英語表記は「住所を英語表記に簡単変換 – 君に届け!」で変換すると便利です。

口座設定

口座設定
  • 口座タイプ:PureかRawを選択
  • 口座通貨:JPY
  • レバレッジ:1:500がおすすめ
  • パスワード:8~15文字、大文字と小文字、数字を含めたもの

口座設定ではRawゼロ口座とPureスプレッド口座を決めて、レバレッジやMT4のパスワードを入力して行きます。

Rawゼロ口座の方が取引にかかる手数料が安くなりますが、最低入金額が10万円となります。

少ない資金で取引したい人はPure口座を選択するようにしましょう。

また、レバレッジは初期が400倍となっていますが500倍を選択することが可能です。

500倍にしてから進むようにしてください。

身分証明書と居住証明書の提出

身分証明書と居住証明書を提出して行きます。

スマホなどで撮影したものをアップロードして行きましょう。

承認されると口座が有効化される

書類審査が承認されると口座有効化のメールが来ます。

同時にMT4の情報も届くので、消さないように保管しておきましょう。

私の場合は書類アップロードが11:45で、有効化されたメールが来たのが18:15でした。

有効化まで6.5時間かかっているので、意外と時間がかかった印象でした。

 
ログイン後の画面に口座情報が掲載される

口座が有効化されると、このように口座情報が掲載されます。

これで入金をすれば取引をスタートすることができます。

以上でThreeTraderの口座開設方法は完了です。

ThreeTraderのログイン

threetrader ログイン

ThreeTraderのログイン方法は、コチラからログインをして行きましょう。

> ThreeTraderのログインはコチラ

パスワードは8文字~15文字で大文字、小文字、数字が入る

パスワードは口座開設時に決めますが、8文字~15文字で大文字、小文字、数字が入ります。

パスワードは再設定可能

パスワードを忘れてしまった人は、ThreeTraderのログイン画面から再設定できます。

ログイン画面の「パスワードをお忘れですか?」をクリックしましょう。

 
メールアドレスを入力してパスワードを再設定

ThreeTraderに登録したメールアドレスを入力してパスワードを再設定しましょう。

これでパスワードを忘れてしまった場合でも再設定することでログインが可能となります。

まとめ

ゲムゲム

ThreeTraderは口座開設をして有効化されるまで少し時間がかかります。

ThreeTraderの口座開設方法を紹介して来ました。

必要書類は身分証明書と居住証明書の2種類が必要になるので、事前に準備しておきましょう。

また開設する口座はRawゼロスプレッド口座の方がコストが安くなっておすすめですが、入金額のハードルが高くなっています。

少額でトレードする人は、まずPureスプレッド口座を利用するようにしましょう。

ThreeTraderの公式サイトはコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA