Tradeviewは両建てができる?両建てのトレード方法と禁止事項

Tradeview 両建て

ゲムゲム

Tradeviewの両建て取引について解説して行きます。

Tradeviewの両建て手法や証拠金、別口座や別業者を使った両建てについて紹介して行きます。

Tradeviewでは両建ては制限されていないので、別口座や別業者を使った両建ても可能です。

両建てEAなども積極的に使って行きましょう。

Tradeviewの詳細を見る

Tradeviewの両建てとは?

Tradeviewの両建てとは

両建てとは「買いポジション」と「売りポジション」を同時に同じ数量もつトレード手法です。

片方に損失が出てももう片方で利益が出るため、相場が大きく動いても損益が相殺されます。

Tradeviewでは両建てが認められていて、別口座や別業者を使った両建ても可能となっています。

Tradeviewでは別口座や別業者を使った両建ては禁止されていない

Tradeviewに両建てについての詳細が載っていなかったため問い合わせしてみました。

Tradeviewへの問い合わせ内容と回答

取引での「両建て」について質問させてください。①複数口座での両建て ②他業者を使っての両建て それぞれの「両建て」は禁止されていますでしょうか。

お世話になります。弊社ではそのような禁止事項はございません。

同一口座の両建て 複数口座の両建て 異業者間の両建て
認められている 認められている 認められている

Tradeviewでは両建てについての禁止事項はなく、複数口座の両建てや別業者を使った両建ても禁止されていません。

特に「ゼロカット狙い」の両建てについても何も言われていないため、ゼロカットを利用した両建ても問題ないと思われます。

EAを使ったトレードをしている人は、通貨ペアを気にせずに複数口座で運用できるのが嬉しいところです。

両建てをすると証拠金はかからない

Tradeviewでは両建てをすると証拠金が相殺されます。

海外FX業者によって片側分の証拠金が必要な業者もありますが、Tradeviewでは両建てになると証拠金は必要ないので覚えておきましょう。

Tradeviewの両建て手法

両建ては通常、同じ口座内のトレード手法として活用します。

両建てを使いこなすことでさらなる利益を狙うことが可能です。

レンジ相場で利益を狙うことができる

両建てはトレード手法としても活用することができ、レンジ相場などで買いと売りの両ポジションを取ることで、利益を倍増することができます。

EAでも片方で損失が膨らむ一方で逆ポジションにエントリーをし、利益を上げる動きを見せることがあります。

ロスカット防止の緊急用に使える

「ロスカットされそう!」というタイミングに逆ポジションを入れることによって、緊急的にロスカットを防止することができます。

損失は減りますが、反転して利益が戻ってきても利益も相殺されてしまうので、損もなければ得もないことにはなります。

ただ、両建てをすることで証拠金が相殺されるので、証拠金に余裕が生まれます。

両建て取引をする時の禁止事項と注意点

Tradeviewの両建てをする時の禁止事項と注意点を紹介します。

スワップやスプレッドの拡大によりロスカットされる可能性がある

両建て スプレッドの拡大によるロスカット

両建てでポジションを持っていても、スワップやスプレッドの影響でロスカットされることが稀にあるので注意が必要です。

長期間保有することでマイナススワップが蓄積されたり、大きくスプレッドが開くことでロスカットすることもあります。

両建てしているからと言って安心することなく、十分な証拠金を持つようにしましょう。

別業者と両建てする場合に禁止されていないか確認する

Tradeviewと別の海外FX業者で両建てをする場合は、別の業者でも両建てが禁止されていないか確認する必要があります。

もし両建てが禁止になっている業者を使う場合は、ブリッジ業者(LPと取引するための代行業者)が被らないように注意しましょう。

ブリッジ業者が同じだと、ブリッジ側で「あれ?この人両建てやっているよね?」とばれてしまうので気を付けてください。

Tradeviewのブリッジ業者はPrimeXMやBeeksFX

試しにMT4の接続先として表示される2つのサーバーをIPを検索してみると、以下のような結果となりました。

Tradeview-Live

Tradeview-Markets Live 2

TradeviewのMT4でIP情報を調べたところ、TradeviewのMT4はPrimeXMやBeeksFXに注文を出しているようです。

(cTraderのIPの確認方法が分からなかったので、分かる方は教えてください)

PrimeXMを利用している海外FX業者はAxioryやTradersTrustなどがあり、BeeksFXはGEMFOREXなどが使っています。

もし別業者で両建てが禁止になっている場合は、注文先のブリッジ業者を確認して、被らないように注意しましょう。

悪質な両建て取引はやらないように

Tradeviewの規約には両建てについて明記がありませんが、悪質性のある取引は何かしらの措置を受ける可能性があるので気を付けましょう。

悪質性のある取引
  • 接続遅延を利用した取引
  • ゼロカット狙いの取引
  • 「たまたま両建てをしてゼロカットになった」などの場合は認められますが、明らかなゼロカット狙いなどの悪質性がある場合は、Tradeviewから何らかの措置が取られる可能性があるので気を付けましょう。

    禁止されていない取引
  • 複数口座の両建て
  • 別業者を使った両建て
  • 指標発表時などを狙ったハイレバ両建てトレード
  • 窓開け・窓埋めの両建てトレード
  • 裁定取引(アービトラージ)
  • 他の業者では認められていない両建てでも、悪質性がなければTradeviewでは問題ありません。

    ぜひ積極的なトレードをして行きましょう。

    まとめ

    ゲムゲム

    Tradeviewは両建ての禁止事項がないため、自由に取引して行きましょう。

    Tradeviewの両建てについて説明して来ましたが、Tradeviewはボーナスのある業者と比べて両建ての制限がなく、両建てしやすい環境にあります。

    特にゼロカットに対する制限(ゼロカット狙いの両建て)についても言われていないので、思い切った取引をして行きましょう。

    Tradeviewの詳細を見る

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA