AxioryのMT5(テラ口座)MT4との違いとインストール方法

ゲムゲム

Axioryでは新しい口座のテラ口座(MT5)が誕生しました。

Axioryでは今までMT4とcTraderしかありませんでしたが、新しくテラ口座が誕生し、MT5が使えるようになりました。

このページではテラ口座の特徴と、MT5とMT4の違い、MT5のインストール方法について紹介して行きます。

Axioryの詳細を見る

AxioryのMT5(テラ口座)とは?

Axioryでは、MT5対応のテラ口座を2021年5月14日にリリースしました。

今までもFX、CFDのトレードができましたが、MT5のテラ口座誕生で株式CFDのトレードもできるようになりました。

テラ口座の詳細を見ると「MT4よりも多くの株式CFD銘柄を取引できます。」と記載がありますが、株式CFDはMT4でもすべて取引ができ、「US Stock CFD」だけがテラ口座専用の株式CFDのようです。

テラ口座のレバレッジや取引手数料などの利用条件は、ナノ・スプレッド口座と同等となります。

Axioryテラ口座の特徴
  • 取引プラットフォームはMT5専用
  • 他のスペックはナノ・スプレッド口座と同じ(低スプレッドのECN方式)
  • 78種類の株式CFD+US Stock CFD

基本的には「ナノ・スプレッド口座のMT5版」と捉えて頂ければ大丈夫です。

参照:アキシオリーのお知らせ | 取引時間変更や新ツールに関する最新情報

MT5とMT4の違い

Axioryテラ口座のMT5とMT4の違いについて紹介して行きます。

比較 MT5 MT4
動作スピード 速い MT5よりも遅い
時間足 21種類 9種類
内蔵インジケーター 96種類 50種類以上
カスタムインジケーター 少なめ 豊富
自動売買EA 少なめ 多い

MT5とMT4の違いですが、MT4が32bitに対してMT5が64bitとなっているので、動作スピードは大幅にアップしています。

時間足の種類も増え、内蔵インジケーターの数も増えています。

ただし、MT4とMT5は互換性がなくMT4のプログラミング言語が「MQL4」に対して、MT5が「MQL5」になっています。

そのためカスタムインジケーターやEAがそのまま移行できず、未だにMT4を使う人が多い状況です。

EAやカスタムインジケーターでMT4で気に入っている人はそのままMT4を使い、裁量トレードの人やMT5でも良いEAが合った場合はMT5を使うのが良いでしょう。

AxioryのMT4ダウンロードとログイン・初期設定方法

MT5は時間足が21種類

MT5の時間足
・1分足(M1)・2分足(M2)3分足(M3)4分足(M4)・5分足(M5)・6分足(M6)10分足(M10)12分足(M12)・15分足(M15)・20分足(M20)・30分足(M30)
・1時間足(H1)・2時間足(H2)3時間足(H3)・4時間足(H4)・6時間足(H6)8時間足(H8)12時間足(H12)
・日足(D1)・週足(W1)・月足(MN)
MT4から増えた時間足は赤色表示しています

テラ口座(MT5)にすることによって、時間足の種類が一気に増えます。

時間足の種類が豊富なので、細かいニーズやトレーダーのスタイルに合わせたチャート分析が可能になっています。

MT5はナビゲーターの種類が多い

MT5はナビゲーターの種類も多くなっています。

MT4の時は「通貨ペアリスト」と「ティックチャート」の2種類でしたが、「詳細」と「プライスボード」が増えています。

複数通貨ペアのワンクリック注文ができる

「詳細」は高値や安値など、気配値を見ることができるようになり、プライスボードはワンクリック注文が可能になりました。

ワンクリック機能はMT4にもありますが、MT5は複数の通貨ペアのワンクリックが可能になっています。

画面をポチポチ切り替える必要がなくなりました。

インジケーターの種類が増えた

MT5では最初から入っている内蔵インジケーターの数が2倍近くに増えています。

MT5で増えたインジケーター
Adaptive Moving Average(適応型移動平均) MFI(Money Flow Index)
Average Directional Movemenct Index Wilder(ウェルズワイルダーの平均方向性指数) MI(Mass Index)
Double Exponential Moving Average(2重指数移動平均) OBV(On Balance Volume)
Fractal Adaptive Moving Average(フラクタル適応型移動平均) ChartPanel
Triple Exponential Moving Average(3重指数移動平均) SimplePanel
Chaikin Oscillator(チャイキンオシレーター) Price_Channel
ASI(Accumulation Swing Index) PVT(Price and Volume Trend)
BW-ZoneTrade ROC(Rate of Change)
FlameChart StdDev(Standard Deviation)
CHV(Chaikin Volatility) TEMA(Triple Exponential Moving Average)
ColorBars(Color Bars Indicator) Ultimate_Oscillator
ColorCandlesDaily VIDYA(Variable Index Dynamic Average)
ColorLine VROC(Volume Rate of Change)
DPO(Detrended Price Oscillator) W_AD
FrAMA(Fractal Adaptive Moving Average) WPR(Williams’ Percent Range)
Gator_2 ZigzagColor

オブジェクトの数も増えた

MT5はオブジェクトの数も増えて、より使いやすくなっています。

MT5で増えたオブジェクト
矢印線 ビットマップ
エリオット推進波 ビットマップレベル
エリオット修正波 編集
買いサイン イベント
売りサイン 長方形ラベル
ボタン 矢印
チャート 

ゲムゲム

MT5はデフォルトでの機能がMT4よりも格段にアップしています。
裁量トレードの人はぜひMT5を使うのがおすすめです。

MT5のインストール方法

では、ここからはMT5のインストール方法を解説して行きます。

MT5のダウンロードにはテラ口座の開設が必要ですので、追加口座をしてテラ口座を作りましょう。

ダウンロードページからMT5をダウンロード

まずAxiory MT5のダウンロードページからWindows版MT5をダウンロードして行きます。

 
はいを選択

「このアプリがデバイスに変更を加えることを許可しますか?」という画面が出たら、「はい」をクリックします。

 
次へを選択

ライセンス同意画面になるので、「次へ」をクリックします。

 
インストールの完了

インストールが終わったら「完了」をクリックします。

以上で、AxioryのMT5のインストールは終了です。

 
MT5が開いたらAxioryを選択

自動的にMT5が立ち上がるので、Axioryを選択して「次へ」をクリックします。

 
ログインID、パスワード、サーバー名を選択

テラ口座を開設した時に届く「ログインID、パスワード、サーバー名」を入力して行きましょう。

 
MT5のプラットフォーム(クリックすると大きくなります)

MT5はこのような取引プラットフォームになり、デザインはMT4と似ています。

ただ「自動売買」の箇所が「アルゴリズム取引」と変更になっているなど、少し違いは出てきています。

最初は少し慣れないかもしれませんが、基本操作は一緒なので、ぜひMT5を使って行きましょう。

まとめ

ゲムゲム

Axioryのテラ口座の特徴とMT5の特徴やインストールについて紹介しました。

Axioryのテラ口座は「ナノ・スプレッド口座」のMT5版になります。

MT5の方がMT4よりも機能が多く使いやすくなっているので、自動売買をしていない人や、カスタムインジケーターを使っていない人はMT5がおすすめです。

動作も早いので、サクサク注文・決済が進むので、ストレスなく取引ができます。

Axioryの詳細を見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA