Axiory口座タイプの種類と特徴・おすすめ口座はどれ?

ゲムゲム

ここではAxioryの口座タイプについて紹介して行きます。
今は種類が増えて4タイプの口座があります。

Axioryの口座タイプの特徴やおすすめ口座について紹介して行きます。

新しくできたテラ口座やアルファ口座についても解説します。特徴に合わせた口座に登録するようにしましょう。

Axioryの詳細を見る

Axiory口座タイプの種類一覧

参照:Axiory(アキシオリー)の口座タイプ

Axioryでは、「スタンダード口座」、「ナノ・スプレッド口座」、「テラ口座」、「アルファ口座」の4種類の口座タイプがあります。

4つの口座タイプの違いを表で色付けして紹介して行きます。

口座タイプ スタンダード口座 ナノスプレッド口座 テラ口座 アルファ口座
最大レバレッジ 400倍 400倍 400倍 1倍
注文方式 STP方式 ECN方式 ECN方式 ECN方式
口座通貨 日本円/米ドル/ユーロ 日本円/米ドル/ユーロ 日本円/米ドル/ユーロ 日本円/米ドル/ユーロ
最小入金額 5,000円 5,000円 5,000円 5,000円
ゼロカット あり あり あり あり
最低取引数量 0.01 0.01 0.01 1
最大注文ロット 1,000 1,000 1,000 100,000
1ロットの単位 10万通貨 10万通貨 10万通貨
最大保有ポジション 制限なし 制限なし 制限なし 制限なし
取引手数料 無料 1Lotあたり6$/往復 1Lotあたり6$/往復 あり
ロスカット水準 20% 20% 20%
取扱銘柄 FX
株式CFD
株価指数CFD
エネルギーCFD
貴金属CFD
FX
株式CFD
株価指数CFD
エネルギーCFD
貴金属CFD
FX
株式CFD
株価指数CFD
エネルギーCFD
貴金属CFD
現物株式
ETF
取引プラットフォーム MT4,cTrader MT4,cTrader MT5 MT5
デモ口座 あり あり あり

4つの口座を違う箇所を色付けして表示しました。

今まではスタンダード口座とナノ・スプレッド口座の2つしかありませんでしたが、テラ口座とアルファ口座が誕生しました。

この4つの口座の違いを詳しく紹介して行きます。

どの口座タイプでもボーナスはもらえる

Axioryでは口座タイプによるボーナスの違いはありません。

(新しくできたアルファ口座はFXではなく株式なので、そこのボーナスはどうなるかはまだ分かりません)

他の業者のようにボーナスによる違いはないので、スプレッドや取引プラットフォーム、取扱いの通貨によって判断しましょう。

Axiory口座タイプの違いと特徴

口座タイプの違い早見表
  • スタンダード口座:STP方式(取引手数料がかからない)、MT4・cTraderの口座
  • ナノ・スプレッド口座:ECN方式(取引手数料がかかる)、MT4・cTraderの口座
  • テラ口座:ナノ・スプレッド口座と同じでMT5の口座
  • アルファ口座:海外の現物株式とETF専用口座

4タイプの口座はこのような違いがあります。

スタンダード口座とナノ・スプレッド口座は仕組みの違いで、ナノ・スプレッド口座の方が総合的な取引コストは安くなります。

(スプレッド+取引手数料がかかっても、ナノ・スプレッド口座の方がコストが安い)

テラ口座はナノスプレッド口座のMT5口座になっただけで、アルファ口座は海外株式の専用口座となっています。

一番おすすめの口座はコストが安くて汎用性の高い「ナノ・スプレッド口座」となります。

スタンダード口座

Axioryスタンダード口座の特徴
  • STP方式:注文をLPに流して自動的に一番安いスプレッドで成約する注文方式
  • STP方式なので、取引量の少ない時間やロット数の小さい注文も約定しやすい
  • 取引手数料は無料だがナノ・スプレッド口座よりもスプレッドは広い
  • 取引ツールはMT4,cTrader

Axioryのスタンダード口座は、初心者やプロトレーダーまで広く使われている一般的な口座です。

スイングトレードや中長期的なトレードを行う人向けに設計された口座となっています。

ナノ・スプレッド口座よりも取引コストが高いので、ナノ・スプレッド口座の方がおすすめです。

ナノ・スプレッド口座

Axioryナノ・スプレッド口座の特徴
  • ECN方式:インターバンク市場に注文が流れて相対取引(自動マッチング)する注文方式
  • ECN方式なので、取引量の少ない時間や大きなロットなどは約定がしにくい
  • 業界最狭水準のスプレッドでスキャルピングや指数トレードとは相性抜群
  • スプレッドは狭いが取引手数料が1ロットあたり往復6ドルかかる
  • 取引ツールはMT4,cTrader

Axioryのナノ・スプレッド口座の一番の特徴は、スプレッドが狭い代わりにトレード毎に取引手数料(1ロットあたり片道3$/往復6$)がかかることです。

しかし、スプレッドと取引手数料を合わせてもスタンダード口座よりも取引コストが安くなるので、ナノ・スプレッド口座の方がおすすめです。

STPとECNの仕組み(注文先の市場の特徴)がちょっと違いますが、基本的にナノ・スプレッドで大丈夫です。

テラ口座

Axioryテラ口座の特徴
  • 中級者・上級者向けの口座タイプ
  • 業界最狭水準のスプレッドでスキャルピングや指数トレードとは相性抜群
  • スプレッドは狭いが取引手数料が1ロットあたり往復6ドルかかる
  • 取引ツールはMT5

テラ口座はナノ・スプレッド口座と変わりませんが、取引ツールがMT5(MetaTrader 5)になっています。MT5はMT4と比べて動作が軽快で速いため、スキャルピングには有利と言われます。

自動売買はMT4の方がEAの数が多いですが、裁量トレードの人はMT5の方がおすすめです。

アルファ口座

Axioryアルファ口座の特徴
  • 株式取引のみが対象の口座タイプ
  • 米国・欧州市場の現物株式とETFが取引可能
  • FX通貨ペアなどは取引できない
  • 取引ツールはMT5
  • 取引手数料がかかる

アルファ口座の特徴はほかの口座と違い、米国・欧州市場の現物株式・ETFの取引ができるところです。

逆にFX通貨ペアや貴金属CFD、株価指数CFDなどの取引はできません。

また、取引手数料が取引ボリュームに応じてかかります。

海外株式を買いたい人はアルファ口座を開設すると良いでしょう。

参照:アキシオリー取扱商品 | AXIORYの株式 | 現物株式取引

Axioryのおすすめ口座

Axioryはアルファ口座の「海外株式やETF」という特徴のある口座もありますが、総合的におすすめの口座は「ナノ・スプレッド口座」です。

ナノ・スプレッド口座がおすすめの理由
  • スタンダード口座よりも取引コスト(スプレッドや取引手数料の合計)が安い
  • MT4の方が自動売買EAの種類が豊富
  • 裁量トレードで便利なcTraderがある
  • スタンダード口座はスプレッドが広く、特にメリットはないのでナノ・スプレッド口座の方が良いです。

    テラ口座とは「MT5を使いたいか? MT4やcTraderを使いたいか?」で判断しましょう。

    裁量トレードとしてはcTraderの方が機能はすぐれていますが、使い慣れたMetaTraderの方が良い人はMT5のテラ口座が良いと思います。

    まとめ

    ゲムゲム

    Axioryの口座タイプについて紹介して来ました。

    Axioryの口座タイプは、ボーナスなどの大きな違いはないので、単純に取引プラットフォームや取扱いの通貨種類、スプレッドで判断すると良いです。

    スタンダード口座は特にメリットがないので、ナノ・スプレッド口座かテラ口座を使うと良いでしょう。

    海外株式やETFを取引したい人はアルファ口座を作っても良いと思います。

    Axioryの詳細を見る

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA