XMの日経225 特徴とレバレッジ・ロットと現物・先物の違い

xm 日経225

ゲムゲム

XMの日経225の特徴やメリット、レバレッジやスプレッドなどの仕様について紹介して行きます。

XMの日経225のレバレッジやスプレッド、1ロットの数量や取引時間について解説して行きます。

日経225は現物と先物の2種類があるので、違いについても紹介したいと思います。

XMの高いレバレッジを活かして日経225でトレードして行きましょう。

XMの日経225は短期~中期のトレードがおすすめです。

XMの公式サイトはコチラ

XMの日経225の特徴とメリット

XM NIKKEI(JP225)

XMの日経225の特徴やメリットについて紹介して行きます。

日経225は現物と先物の2種類がありますが、基本的な仕様は共通しています。

日経225はレバレッジ200倍

日経225のレバレッジは200倍(必要証拠金率0.5%)となります。

XMのFXはレバレッジ888倍となりますが、日経225は最大レバレッジが200倍に抑えられています。

株式指数の中で日経225だけ200倍(その他は100倍以下)なので、日経225はボラティリティーが低い指数だと思われます。

日経225の必要証拠金

日経の価格(例) レバレッジ 必要証拠金
28,000円 200倍 140円
必要証拠金の計算方法
28,000円(例) ÷ 200倍 = 140円

日経225を1ロット(1通貨)で保有した場合、日経225の価格が28,000円の時、レバレッジ200倍で計算すると必要証拠金が140円となります。

1ロット約140円なので、かなり多くのロット数を購入することが可能です。

日経225のスプレッド

通貨ペア 現物 先物
日経225 6.0pips 16.0pips

日経225のスプレッドを実際に24時間計測してみましたが、現物で6.0pips、先物で16.0pipsとなりました。

(XMの日経225のページに書かれているスプレッドと同じ結果となっています)

日経225の価格変動単位は1円なので、「6.0pips=6円」となります。

スプレッドはかなり狭く100ロット買っても600円のスプレッドで済みます。

日経225のロット

1ロット 最大ロット(MT4/MT5) 最小ロット
1通貨 12500/10000 0.1ロット

日経225は「1ロット=1通貨」となり、最小ロットは0.1通貨となります。

最大ロットはMT4とMT5で違い、MT4の最大ロットは12500ロット、MT5の最大ロットは10000ロットとなります。

日経225の取引時間

夏時間 冬時間
日本時間 7:05~5:15,5:30~5:55 8:05~6:15,6:30~6:55

※MT4時間と日本時間の差は夏時間は+6時間、冬時間は+7時間です

日経225の取引時間は現物、先物ともに、日本時間の朝7:05~翌朝の5:15と5:30~5:55(夏時間)となります。

冬時間は1時間遅くなります。

日本の東証の立会時間とは違ってくるので、東証が閉まっている時間にも取引することが可能です。

日経225の現物と先物の違い

XMの日経225は現物と先物の2種類があります。

現物と先物の違いについて紹介して行きます。

スプレッドは現物の方が狭い

通貨ペア 現物 先物
日経225 6.0pips 16.0pips

日経225のスプレッドは現物の方が狭くなります。

現物のスプレッドは先物の半分以下なので、スプレッドで比べると現物の方がお得です。

現物はスワップポイントが付く(マイナススワップ)

現物 先物
買いスワップ -225円(1ロット)
売りスワップ -228円(1ロット)

日経225の現物にはスワップポイントが付きますが、買いも売りも両方マイナスとなります。

先物にはスワップポイントが付かないので、先物の方がスワップポイント的にはお得になります。

現物には配当金が付く(ただし日経225は対象外)

現物取引には通常、配当金が付き、先物には配当金は付きません。

しかしXMの場合は日経225の現物も配当金が付かないので注意しましょう。

先物には限月(決済期限)がある

先物には限月(げんげつ)と呼ばれる決済期限があり、MT4のシンボルの箇所に限月日が記載してあります。

限月になると自動的に決済されて利確・損切りとなるため、先物は長期投資はできません。

最大3ヶ月の取引期間となります。

長期で運用したい人は現物の方を買うようにしましょう。

(ただし現物を買ってもマイナススワップとなるため、長期運用には不利です)

まとめ

ゲムゲム

XMの日経225は高いレバレッジを活かしたトレードが可能ですが、短期~中期の取引がメインとなります。

XMの日経225の仕様について紹介して来ました。

日経225の現物は限月がないですが、マイナススワップがあるため長期保有には向かず、先物は限月があるため最大でも3ヶ月までしか保有できません。

XMで日経225の取引をする時は短期~中期の取引がおすすめです。

XMの公式サイトはコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA