XMの出金手順と手数料・かかる日数 利益のおすすめ出金方法

XM(XMTrading)の出金方法や出金手数料、着金時間などを紹介していきます。

XMで出金する際、ルールや出金条件がいくつかあるので出金をする前に確認しておきましょう。

XMの公式サイトはコチラ

XMの出金方法一覧

XMでは、以下5種類の出金方法があります。

XM出金方法
  • クレジットカード/デビットカード(VISA)
  • bitwallet(ビットウォレット)
  • STICPAY(スティックペイ)
  • 海外銀行送金
  • BXONE(ビーエックスワン)

ここでは、日本円に対応したXMの4つの出金方法の出金手数料などを紹介していきます。

出金手数料とかかる時間

出金の種類 手数料 着金時間
無料 数日~数週間
50万円あたり412~824円 即時(30分以内)
500円 即時(30分以内)
800円+出金額の2% 即時(30分以内)
(海外銀行送金) 2,500~5,000円前後 1~2営業日程

XMの出金時の出金手数料や着金時間を比較すると、bitwalletかBXONEが一番お得でスピーディーに出金することが可能です。

クレジットカードは手数料無料となりますが、着金時間が遅くて1ヶ月ほどかかると思います。

ただ、クレジットカードは入金がスピーディーで手数料が無料なので、総合的にはおすすめです。

海外銀行送金については、手数料が2,500円~5,000円前後と高いですが、利益の出金は銀行送金だけになるため、できるだけまとめて出金するようにしましょう。

コストをできるだけ抑えたいのであれば、BXONEがおすすめです。

最低出金額と出金上限額

出金の種類 最低出金額 出金上限額 利益の出金
500円~ 入金金額まで 出金不可
500円~ 入金金額まで 出金不可
500円~ 入金金額まで 出金不可
500円~ 入金金額まで 出金不可
(海外銀行送金) 10,000円~ 無制限 可能

XMの出金方法には出金上限があり、入金金額までしか出金できない方法と、利益の出金も可能な方法があります。

「入金金額まで」となっている方法については、入金金額までなら問題なく出金できますが、利益の出金については海外銀行送金でしか出金することができません。

XMの出金方法のうち、出金上限がなく、利益の出金も可能なのは「海外銀行送金」のみとなっています。

ただ、海外銀行送金を利用した場合、手数料が2,500円~5,000円前後かかってしまうため、できるだけまとめて出金するのをおすすめします。

XMの出金ルール・出金条件

XMの出金方法を紹介しましたが、出金する際には複数のルールや条件があります。

入金をどの方法を選んだかも出金時にかかわってくるので、XMの口座に入金する前に出金ルールを確認しておくのをおすすめします。

入金額までは入金した方法で出金する

XMに限らず、海外FX業者の多くでは資金洗浄の防止のため、入金額までは入金した方法で出金しなければならないというルールがあります。

例えば、クレジットカード/デビットカードで10万円入金した場合、同じクレジットカード/デビットカードに10万円出金を行うことになります。

もしトレードで5万円の利益が出た場合には、トレードで得た利益分の出金は銀行送金を利用しなければなりません。

MEMO
口座開設ボーナスで利益を上げた場合などで入金手段がない場合には、海外銀行送金での出金になります。

また、複数の入金方法で入金した場合には、出金優先順位が設けられています。

出金方法の優先順位
  1. クレジットカード/デビットカード
  2. オンラインウォレット(bitwallet,BXONE,STICPAY)
  3. 銀行送金

入金時期にかかわらず、優先順位の高い出金方法から入金額が出金されることになり、優先順位的にはトレードの利益(銀行送金)は最後となります。

利益の出金は海外銀行送金のみ

クレジットカード オンラインウォレット
(bitwallet,BXOE,STICPAY)
海外銀行送金
利益の出金 出金不可 出金不可 可能

XMの利益の出金は、クレジットカード/デビットカード、オンラインウォレット(bitwallet、STICPAY) ではできず、海外銀行のみ出金が認められています。

以前はbitwallet入金ならBitalletでも利益が出金できましたが、今は「入金額まで」というルールに変更になったので注意が必要です。

海外銀行送金は手数料が高いため、利益の出金に海外銀行送金を利用する場合にはまとめて出金するようにしましょう。

XMのボーナスは出金できない

新規口座開設や入金などのキャンペーンでXMから受け取ったボーナスについては、出金することはできません。

XMの取引口座には、「残高(入金した額が加算)」と「クレジット(ボーナスが加算)」の資金項目があり、出金が可能なのは残高にある資金のみとなっています。

MEMO

XMから受け取ったボーナスを利用して得た利益については、出金可能です。

もしXMの口座にボーナスが残った状態で出金する場合には、「出金額と同じ割合のボーナスが消滅」してしまいます。

口座残高に10万円、ボーナスが5万円ある場合

5万円(残高10万円に対して出金額5万円は50%にあたる)の出金
→ ボーナス2.5万円(50%)が消滅

出金額の割合に応じてボーナスが消滅してしまうため、出金時には注意が必要です。

別の口座に移動しても「口座残高と同じ割合のボーナスも移動する」というだけで、ゼロ口座に資金移動するとボーナスは消滅するので気を付けてください。

ポジション保有時は証拠金維持率に制約がある

XMではポジションを保有していても出金することが可能です。

ただ、出金後の証拠金維持率が一定水準を下回る場合には、出金ができません。

平日と休日では維持率が異なりますが、例えば平日の場合には出金後の証拠金維持率が150%を下回る場合には出金が認められないという制約があります。

注意
  • 平日(月8:00~土6:50):150%を下回ったら出金不可
  • 週末(土6:50~月8:00):400%を下回ったら出金不可

出金後に残る金額が水準を下回らないように気を付けて出金しましょう。

XMの出金手順

XMの出金方法ごとの出金手順を確認していきましょう。

また出金時のより詳しい注意点を解説していきます。

クレジット/デビットカード(VISA)

手数料 利益の出金 着金時間
無料 出金不可 数日~数週間

XMのクレジットカード出金では、VISAカードで出金ができます。

クレジットカードは手数料が無料ですが、利益の出金ができないこと、着金時間がかかることがデメリットと言えます。

注意

JTBのクレジットカードで入金した場合、カードによる出金ができず、「海外銀行送金」での出金となるので注意が必要です。

また、以前はマスターカードで入金が可能でしたが、入金できないカードが多くなったため利用停止となっています。

XMのクレジットカード出金手順

XMの出金画面にアクセスして、「Credit/Debit Cards」の「出金」をクリックしましょう。

 

「資金の出金」のページに行きますので、出金額をJPY(日本円)で入力しましょう。

MEMO

クレジットカード出金の場合には、利益の出金はできないので入金と同じ額までとなります。

入金額が分からない場合には入金履歴を事前に確認しておきましょう。

出金額を入力して、同意事項にチェックを入れたら、「リクエスト」をクリックします。

 

「成功」と表示されたら、XMの出金が完了ということになります。

XM側で出金処理が完了したら、XMから登録メールアドレス宛に「クレジットカードへ出金処理いたしました」というメールが届くのでそちらも確認しておきましょう。

bitwallet(ビットウォレット)

手数料 利益の出金 着金時間
銀行振込824円 出金不可 即時(30分以内)

bitwalletはオンラインウォレット(電子財布)サービスの一つです。

入金や送金などが24時間365日可能で、資金移動時のコストが安価なことが最大の特徴となっています。

XMのbitwallet出金は、着金時間が30分以内とスピードが早く、手数料が安めなので、メインの入出金にbitwalletを使用している人が多いです。

注意

以前は利益の出金も可能でしたが、現在は入金額までの出金となっています。

bitwalletからの出金は「銀行振込」と「仮想通貨」のみ

bitwalletから出金する場合、クレジットカードは選べず、「銀行振込」か「仮想通貨」での出金となります。

選択肢は多くはありませんが、どちらか利用しやすい方を選びましょう。

bitwallet内のステイタスが上がると手数料が安くなる

トライアル ベーシック プロ アンリミテッド
ステータスアップ条件 必要書類の提出 必要書類の提出
+直近1年に1万ドル以上の入金
+10回以上の入出金
必要書類の提出
+直近1年に3万ドル以上の入金
+30回以上の入出金
クレジット入金 毎月300ドルが上限 毎月2万5千ドルが上限 毎月5万ドルが上限 無制限
銀行入金 無制限 無制限 無制限 無制限
出金手数料 100% 25%割引 50%割引

参照:bitwallet アカウントステイタスについて

bitwalletにはステイタスランクが存在し、身分証明書の提出や直近の入金実績などでランクアップしていきます。

ステイタスが上がるほどクレジットでの入金額が高くなったり、出金時の手数料が安くなったりします。

XMでbitwalletを利用する場合、銀行出金の手数料が824円ですが、「アンリミテッド」のステイタスになると824円の50%割引の412円になります。

XMから海外銀行送金を選択するよりも、手数料のコストを抑えることができます。

XMのbitwalletの出金手順

XMの出金ページに行き、「bitwallet」の項目で出金先に指定するbitwalletアカウントを選択して、「出金」をクリックします。

 

bitwallet口座(Eメール)に登録メールアドレスが表示されているか確認後、出金したい額を入力します。

最後に、出金規約にチェックを入れたら「リクエスト」をクリックしたら完了です。

BXONE(ビーエックスワン)

手数料 利益の出金 着金時間
BXONE→銀行(500円) 出金不可 即時(30分以内)

BXONEもオンラインウォレットで出金は400万円までが手数料500円となります。

手数料が非常に安いため、ほとんどの人はbitwalletよりも出金手数料が安くなります。

(bitwalletのランクがアンリミテッドで50万円まではbitwalletの方が少し安い)

BXONEは現在XMとbigbossしか利用できませんが、ぜひ利用すると良いでしょう。

XMのBXONEの出金手順


XMの出金ページに行き、BXONEを選択して、「出金」をクリックします。

(BXONE入金している場合に出現します)

 

BXONEのアカウントIDを入力して、出金したい額を入力します。

最後に、出金規約にチェックを入れたら「リクエスト」をクリックしたら完了です。

BXONE出金については別ページで詳しく紹介しているので参考にしてください。

> XMのBXONE出金手順と手数料・反映時間・利益の出金について

STICPAY(スティックペイ)

手数料 利益の出金 着金時間
STICPAY→銀行(800円+2%) 出金不可 即時(30分以内)

STICPAYはbitwalletと同じオンラインウォレットサービスの一つで、手数料は600円+2.5%と比較的安めです。

出金額の2.5%分が手数料としてかかりますが、9,000円までの出金であれば、bitwalletよりも手数料が安くなります。

出金スピードも30分以内とスピーディーなので、bitwalletと合わせて登録しておいても良いでしょう。

XMのSTICPAYの出金手順

XMの出金画面に行き、「STICPAY Wallet」を選びましょう。

 

Sticpay口座IDに登録メールアドレスが表示されているか確認後、出金したい額を入力します。

最後に、出金規約のチェックボックスにチェックを入れ、「リクエスト」をクリックしたらSTICPAYの出金手続きが完了です。

海外銀行送金

手数料 利益の出金 着金時間
中継手数料(約2,500円)+受取手数料(約2,500円) 可能 1~2営業日程(目安として2~5日かかります)

XMの海外銀行送金は、利益の出金が可能ということで、多くの人が利用している出金方法となります。

ただ、手数料が合計5,000円前後かかることや、着金時間がかかることが気になる点です。

実は、手数料についてはネット銀行を利用することで、手数料を抑えることが可能となっています。

ソニー銀行、住信SBI銀行などネット銀行なら受取手数料がかからない

ソニー銀行楽天銀行住信SBIネット銀行などの「ネット銀行」では、受取手数料がかからない特徴があり、約2,500円の手数料だけで出金が可能です。

例:住信SBIネット銀行の出金記録

住信SBIネット銀行の出金記録ですが、「外貨送金手数料」として毎回2,500円の手数料がかかっています。

例:ソニー銀行の出金記録

ソニー銀行で1万ドルを出金した際の出金記録ですが、1万ドルから20ドル分の手数料が引かれて入金されています。

このように、ソニー銀行、住信SBI銀行といったネット銀行なら手数料がかなり安く済むためおすすめです。

海外銀行送金に対応していない銀行もある

海外銀行送金に未対応の銀行
  • ゆうちょ銀行
  • 新生銀行
  • ジャパンネット銀行
  • セブン銀行
  • じぶん銀行
  • みずほ銀行(インターネット支店のみ)

XMの海外銀行送金では、都市銀行のほか、地方銀行や信用金庫、ネット銀行も出金先銀行として利用可能です。

ただ、海外銀行送金に対応していない銀行もあるため、これらの銀行口座しか持っていない場合にはソニー銀行など海外銀行送金に対応している銀行口座を作りましょう。

XMの海外銀行送金の出金手順

資金の出金 入力事項
  • 受取人の下のお名前(全角カナ表記):(例)タロウ
  • 受取人の姓(全角カナ表記):(例)ヤマダ
  • 受取人のお名前(フルネーム):(例)Taro Yamada
  • 受取人の住所:(例)103,1-1-1,Aoyama,Minato-ku,Tokyo(マンション・ビル名は省略)
  • 受取人の銀行口座番号/IBAN:(例)1234567

資金の出金ページで、受取人のお名前をカナで、受取人のお名前(フルネーム)はアルファベットで、受取人の住所は英語で入力していきます。

英語入力は慣れていない人も多いと思うので、住所をローマ字に変換してくれるサイトを利用しましょう。(参考:JuDress)

「受取人の銀行口座番号/IBAN」は、あなたの銀行口座番号を入力してください。

注意

IBANとは、「International Bank Account Number」の略称で、所在国、支店、口座番号を特定するためのものであり、欧州を中心に利用されているコードです。

ここではIBANを気にせずに、銀行口座番号のみを入力しましょう。

 

次に、銀行の所在地と支店コードなどを入力していきます。

SWIFTコードは調べないとわからないのでコードを調べられるサイトなどを利用しましょう。(参考:SWIFT/BIC コード)

【記入例】みずほ銀行 赤坂支店
  • 銀行名:MIZUHO BANK, LTD.
  • SWIFTコード:MHCBJPJT
  • 銀行所在地:4-1-33,Akasaka,Minato-ku,Tokyo
  • 支店名:Akasaka Branch
  • 支店コード:539

SWIFTコードのないネット銀行については、出金先銀行として登録ができないので注意してください。

出金額(JPY)を入力し、出金規約のチェックボックスにチェックを入れて「リクエスト」を押しましょう。

これでXMの海外銀行送金が完了します。

銀行送金については以下のページでおすすめ銀行や手数料について紹介しているので参考にしてください。

> XMの利益の出金におすすめの銀行!手数料と出金手順

ネット銀行の出金手順や手数料
>楽天銀行 >住信SBIネット銀行 >ソニー銀行

XMで出金拒否はある?口座から出金できない場合の対処法

「XMは出金拒否が起こる」という噂がありますが、出金拒否されるケースをまとめてみました。

XMで出金拒否・出金できない事例
  • 入金履歴がない方法での出金
  • クレジットカードでの入金額以上の出金
  • 出金先銀行の記載に不備
  • XMのボーナスの出金
  • ゆうちょ銀行やSWIFTコードが登録されていない銀行、海外送金に未対応の銀行への出金
  • ポジション保有時に証拠金維持率が150%を下回る出金
  • 禁止されている両建取引を行った(「複数口座間で」、「他のFX業者との間で」、「複数名で口座を分けて」は禁止)

出金拒否される・入金できない場合には、これらのようなケースに当てはまらないか確認してみましょう。

例えば、XMに限らず、海外FX業者では「入金額までは入金と同じ方法で出金する」というルールがありますので、入金履歴がない方法での出金は認められていません。

正しい方法や手順で出金しているか、出金時の入力時に不備がないかなどを再度確認の上、出金手続きをしてください。

注意

ボーナスの悪用・不正受取、同一口座の同一ペア以外での両建取引といった規約違反は、出金拒否だけでなく口座凍結やアカウント停止処分になる恐れがあります。

事例や規約違反に当てはまらないのに出金できない場合には、XMのサポートセンターにメールで連絡してみましょう。

MEMO

XMオンラインサポート・サポートデスク:support@xmtrading.com

参照:XM サポート

週5日(土日以外)24時間対応しているので、もしXMで出金ができないときは連絡を取ってみてください。

出金拒否は出金トラブルについては別ページにまとめたので参考にしてください。

まとめ

ゲムゲム

XMの出金方法や出金手数料などを紹介してきました。出金する際にはルールや出金条件があるので、出金する前に必ず確認しましょう。

XMの出金方法や出金手数料、出金手順などを紹介しました。

XMの出金方法はいくつかありますが、手数料が安く着金スピードも早いbitwalletが一番おすすめです。

今回紹介したように出金がうまくできない場合や出金拒否される場合もあるので、ルールなどを確認してから出金を行いましょう。

XMの公式サイトはコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA