XMポイント(XMP)の貯め方とランク条件・活用方法

xm xmポイント

ゲムゲム

XMポイント(XMP)について紹介して行きます。

XMポイント(XMP)はXM独自の会員専用のポイントプログラムで、トレード取引量に応じて貯まっていきます。

この記事では、XMポイントの効率的な貯め方や活用方法について解説します。

XMを長く利用するほど便利な仕組みになりますので、ぜひ利用していきましょう。

XMの公式サイトはコチラ

XMポイントとは

簡単にXMポイントについて説明しておきますと、XMが実施しているロイヤルティプログラムで付与されるポイントのことです。

下記のような特徴があります。

XMポイントの特徴
  • 取引するとXMポイントが自動的につく
  • XMポイントはアカウント単位で共有される
  • 貯まったポイントはクレジットボーナスまたは現金に交換できる
  • XMロイヤルティステータスのランクによって付与率が変わる

XMポイントはボーナスと現金を選ぶことができますが、現金への換金率が非常に悪いため、ボーナスに交換するのがおすすめです。

(現金はボーナス換金率の7.5%)

XMポイントの効率的な貯め方

XMポイントの効率的な貯め方について解説していきます。

ポジションは10分以上保有する

XMPが付与されるためには、エントリーしてから10分以上ポジションを保有しておかなければいけません。

スキャルピングトレードのように、数秒・数分単位で売買を繰り返す手法ですとXMPポイントはつきませんのでご注意ください。

ロイヤルティステータスのランクをあげる

XMポイントの付与率はロイヤルティステータスによって異なります。

ステータス 往復1ロットのXMP ランクアップに必要な日数
EXECUTIVE
エグゼクティブ
10 XMポイント 0日(初回取引)
GOLD
ゴールド
13 XMポイント 30日
DIAMOND
ダイアモンド
16 XMポイント 60日
ELITE
エリート
20 XMポイント 100日

ロイヤルティステータスのランクをあげるとXMポイントが多くもらえるようになるので、ランクアップの条件に沿うよう取引した方が効率よくXMポイントが貯められます。

スタンダード口座かマイクロ口座を使う(ゼロ口座はNG)

XMポイントは、スタンダード口座またはマイクロ口座の取引で貯まります。

ゼロ口座ではいくら取引してもXMポイントは貯まりません。

またマイクロ口座の場合、1ロットの通貨量がスタンダード口座の100分の1であるため、XMポイントの貯まる量も100分の1になります。

定期的にトレードを行いランク条件を維持する

ランクアップしても、一定期間取引がない状態で放置すると、ランクがリセットされ、XMポイント(XMP)が消滅してしまいます。

ランク リセットの条件
EXECUTIVE 42日取引がないとき、XMPが消滅
GOLD 30日取引がないとき、EXECUTIVEにリセット&XMPが消滅
DIAMOND 60日取引がないとき、EXECUTIVEにリセット&XMPが消滅
ELITE 100日取引がないとき、EXECUTIVEにリセット&XMPが消滅

XMPの有効期限が切れないよう、定期的にトレードを行いロイヤルティステータスのランク条件を維持しましょう。

ELITEランクへの効率的なランクアップ方法

XMポイントを効率良く貯めるには、ELITE(エリート)ランクまでランクアップした方が良いと解説してきましたが、頻繁な取引を行って損失が多くなっては意味がありません。

ランクアップするには、口座開設しただけではダメで、実際に取引日数が必要になります。

ELITEまでに最短でランクアップするためには、XMのマイクロ口座を使い、小さいロット、0.01ロット(10通貨)でエントリーして100日間ポジションを保有することです。

MEMO
仮に、USDJPYのドル円を0.01ロット(10通貨)で買いエントリーをしたとしましょう。
100日後に1円(100pips)円高になっていたとしても、損失は10円ほどです。10円円高(1,000pips)でも100円ですので、損失を最小限に抑えることができます。

XMポイントの確認方法

XMポイントがどれくらい貯まっているかの確認方法をご紹介します。

PCでのXMポイント確認方法

パソコンの場合はXMポイントの確認は簡単です。

XMのトップページにアクセスし、ログインすると、上部に表示されます。

スマホでのXMポイント確認方法

スマホ、タブレットの場合のXMポイントの確認は少しわかりにくいです。

まず、スマホのブラウザでXMのサイトにアクセス、ログインします。

ログインしたら、「メニュー」→「プロフィール」をタップし、「ロイヤルティポイント」でXMポイントと、自分のロイヤルティステータスを確認できます。

XMポイントの活用方法・使い方

XMポイントの活用方法・使い方について解説していきます。

XMポイントの使い道は2種類

貯まったXMポイントの使い道は以下の2通りです。

XMP交換
  • クレジットボーナスに交換する
  • 現金に換金する

おすすめは「クレジットボーナスに交換する」です。

なぜなら、現金に換金するよりボーナスに交換した方が還元率がかなり高いからです。

  • クレジットボーナスに変換:XMポイント÷ 3
  • 現金に換金:XMポイント÷ 40

貯まったXMポイントがどれくらいのボーナス、現金に変えられるかは、XMのホームページで確認できます。

XMポイント専用口座でハイレバトレード

XMポイントの交換は、現金よりもクレジットボーナスに交換した方が還元率が高いのでおすすめですが、クレジットボーナスのみのXMP交換用専用口座を作ってトレードする使い方もあります。

XMでは追加口座が簡単につくれますので、

  1. 追加口座を開設
  2. 追加口座でログインしてXMポイントをボーナスに交換

で、現金ゼロ・クレジットボーナスを証拠金にしてトレードができます。

失ってもポイントで交換した分のみですので、ハイレバトレードで新しい手法などにチャレンジしてみるのも有りでしょう。

XMポイントの交換方法

XMポイントの交換方法をご紹介します。

注意点
複数口座を持っている場合、交換したいXMの口座でログインしてください。ログインした口座に交換後のボーナスまたは現金が付与されます。

ボーナスに交換する場合

ボーナスの方の「今すぐ交換」をクリックします。

交換したいXMPを入力して「ボーナスに換金」

換金可能なXMPが表示されるので、交換したいXMPを数字で入力して、「ボーナスに換金」をクリックすると口座に反映されます。

全てじゃなく一部でも交換可能です。

XMポイントの注意点

XMポイントを利用していくうえで以下の注意点をご紹介しておきます。

XMポイントをそのまま出金はできない

XMポイントの状態では出金などはできません。

XMポイントを現金に換金することで出金可能になります。

XMPを現金に換金すると課税対象になる

XMポイントが付与された時点では税金などはかかりませんが、現金に換金した場合は、その時点で課税対象となります。

なお、XMポイントをクレジットボーナスに交換の場合は、ボーナスは出金できないので課税対象にはなりません。

XMPを交換したボーナスは出金額と同じ比率で消滅する

XMポイントをクレジットボーナスに交換した場合、出金した額と同じ比率でボーナスは消滅します。

利益が出ていて、出金の予定がある場合には先に出金してからXMポイントをボーナスに交換した方が良いでしょう。

ポイントをボーナス交換後 資金移動(振替)でも消滅する場合がある

XMポイントをボーナスに交換後、資金振替で口座間で資金移動した場合も、口座によってはボーナスが消えてしまう場合があります。

  • ゼロ口座
  • リベート口座
  • ボーナスの受け取りを拒否した口座

がそれに当てはまります。

せっかくXMポイントをボーナスに交換するタイミングには注意してください。XMポイントのままなら、口座を長期で放置、ランクが下がらない限り消滅しません。

XMPを現金に換金できるのはDiamond以上

XMポイントを現金に換金できるのは、XMロイヤルティステータスが、「Diamond(ダイヤモンド)以上」となります。

XMポイントについてのQ&A

そのほか、XMポイントに関してよくある質問についてご紹介します。

XMポイントは両建てでも貯まる?

XMポイントは、両建てでも貯まります。

ただし、「ポイント目的にしたXMの両建て」は利用規約違反になります。

CFD取引でもXMポイントは貯まる?

XMポイントはCFD取引でも貯めることができます。

ただし、CFD銘柄によって1ロットあたり付与されるXMPが違います。

詳しい付与率の表は「XMのロイヤルティプログラム」ページにリンクされている規約PDFに記載されています。

参考:XMロイヤルティプログラム

XMポイントは廃止された?

XMポイントは廃止されていません。

一時期、「XMポイントが廃止された」という噂がネット上でありましたが、2022年2月現在でも、XMのロイヤルティプログラム、XMポイントの制度は継続しています。

まとめ

ゲムゲム

XMポイントの交換はクレジットボーナスがおすすめです。

XMポイントの仕組みや使い方について解説してきました。

効率良くXMポイントをGETしてトレードにも活用していきましょう。

XMの公式サイトはコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA