海外FXのXMを使って1万円チャレンジをして稼いでみた

海外fx 1万円チャレンジ

ゲムゲム

今回、XMを使って1万円チャレンジをしてみましたので、ぜひ参考にしてください。

海外FXのハイレバレッジを活かして1万円でトレードをして資金を増やす「1万円チャレンジ」が人気を集めています。

今回は1万円の資金を使って自動売買EAを使って資金を増やしてみようと思います。

トレード経験が少ない人や、投資金が少ない人でもチャレンジ可能なので、ぜひ参考にしてみてください。

1万円チャレンジの内容とルール

1万円チャレンジの内容とルール
・使用する業者はXMのKIWAMI極口座
・取引は自動売買のみ
・TariTaliのキャッシュバックを利用して、オートリベートで直接口座にキャッシュバックが入るようにする
・自動売買のEAを買う場合は口座資金を使って購入する
・証拠金は1万円(初めてXMを利用する人は口座開設ボーナス13,000円で代用可能)
・VPSの利用代金は含めません

今回はXMのKIWAMI極口座を使って1万円チャレンジをしてみます。

ボーナスのあるスタンダード口座を使っても良いですが、スプレッドが広くなるため、最終的にはKIWAMI極口座の方がメリットがあると思ったのが理由です。

今回は1万円を入金して取引スタートしますが、XMに初めて口座開設する人は13,000円の口座開設がもらえるので、実質的に資金を使わずにトレードを始めることができます。

1万円チャレンジの前準備

では1万円チャレンジの前準備をしていきましょう。

TariTaliというキャッシュバックのオートリベート口座を使い、キャッシュバックが口座資金に入ってくる仕組みを利用します。

TariTaliを使ってXMで口座開設(または追加口座)

まずはXMの口座開設または追加口座をTariTaliを使ってキャッシュバックが入るようにします。

キャッシュバックは手数料の一部が戻ってくるので、非常にお得な仕組みです。

さらにオートリベートを利用することで、キャッシュバックが自動的に口座に入るようにしていきます。

TariTaliからXMの口座開設

まずはTariTaliからXMの口座開設をしましょう。

TariTaliに登録していない人は、TariTaliに登録してからXMの口座開設が必要になります。

> TariTali XMのキャッシュバック口座開設

 
口座開設の内容

口座開設の内容

  • 取引プラットフォーム:MT4
  • 口座タイプ:KIWAMI極口座
  • 口座の基本通貨:JPY
  • レバレッジ:1000倍
  • 口座ボーナス:はい
  • 既にXMで口座開設をしている人は、追加口座をしていきます。

    ↓ XMの口座開設方法は以下のページを参考にしてください。

    ・XMの口座開設方法(日本語)を画像付き!口座開設の注意点

     
    XM口座開設が完了したらTariTaliに紐づけ

    XMの口座開設が完了したら、TariTaliに紐づけ申請をします。

    TariTaliにログイン後、「口座管理」からXMを選択し、取引口座番号を登録しましょう。

    数時間~1営業日くらいかかりますので、しばらく待ちます。

     
    オートリベートの申請

    TariTaliに紐づけ申請している間に、オートリベート申請もしましょう。

    > 【XMTrading】オートリベート申請フォーム

    オートリベートをすることでキャッシュバック金がXMの口座に入ってくるので、1万円チャレンジを有利に進めることができます。

    コチラも数時間~1営業日くらいかかり、口座の紐づけと同じくらいのタイミングでTariTaliから連絡が来ます。

    TariTaliから連絡が来るまでの間、MT4の設定をしていきましょう。

    VPSまたはパソコンの準備

    自動売買は基本的にVPSと呼ばれるネット上からログインできる仮想サーバーを利用します。

    XMの場合「1000ドル以上の入金+1ヶ月に5ロット以上の取引」の条件を満たせば無料で利用することが可能です。

    > XMの無料VPSの仕様と条件・導入するまでの流れ

    VPSの契約が無い人は、自宅のパソコンを使うしかないので、基本、電源を入れっぱなしにして稼働させましょう。

    上の「1000ドル以上の入金+1ヶ月に5ロット以上の取引」の条件を満たしたら、無料VPSに引っ越すようにしてください。

    自動売買EAの設定

    続いて自動売買EAの設定をおこなっていきます。

    今回の1万円チャレンジは「資金の範囲内でEAを購入する」というルールにするため、最初は1万円しかありません。

    ですので、MQL5で無料で提供しているEAを使います。

    今回利用するEA

    利用するEA

    今回はコチラの2つの無料EAを使っていきます。

    この2つは無料の中では比較的良いと判断していますが、必ず勝てるわけではないので、スタンダード口座よりもKIWAMI極口座を使った方が良いと思います。

    同じ開発者さんでSmart AI MT4というEAもありますが、ちょっと微妙だったので、今回は外しています。

    MT4の自動売買の設定

    MT4で自動売買が動くように設定していきます。

    自動売買を設定したことがない人はコチラのページで詳しく紹介しているので、参考にしてください。

    > MT4で自動売買EAの設定をする方法と手順・EAの使い方

    また、EAが動かない時はコチラを参考にしてください。

    > MT4で自動売買EAが動かない時の21項目のチェックリスト

    この2つをMT4からダウンロードして使っていきましょう。

    MQL5のEAのダウンロード方法

    MQL5のEAはMT4からダウンロードしていきます。

    MT4右上の吹き出しのマークをクリックしてMQL5にログインもしくは新規登録をしてログインしましょう。

     
    ターミナルのマーケットからダウンロード

    ターミナルのマーケットの箇所から「synapse」と検索すると2つが出てきますのでダウンロードしましょう。

    使うチャートはH1のEURUSDとAUDUSDの2つのみ

    2つのEAを稼働するために使うチャートは、H1のAUDUSDとEURUSDの2つだけです。

    1つのチャートでEURUSDとAUDUSDの両方で稼働してくれます。

    今回はEURUSDとAUDUSDを1つずつ使いますが、EURUSDを2つでもAUDUSDを2つでもOKです。

    EAのパラメーター設定

    パラメーター設定
    Instruments:AUDUSD,EURUSD
    Order size calc,method:Fixed orfer size
    Order size:0.01
    Orders comment:名前を付けておくと後から分かりやすいです
    Orders magic:2つのEAを別の数字にする 

    最初に使う2つのEAは0.01ロットで稼働します。

    固定ロットのしたいので「Fixed orfer size」のままでOKです。

    EA設定時のパラメーター設定で、0.01ロットにして、マジックナンバーが同じにならないように設定しましょう。

    ※マジックナンバーが同じになると、同じ番号のEAを間違えて決済するようになります。

    これでEAの設定は完了です。

    2つのEAは1日数回程度取引するので、基本は放置でOKです。

    同じ開発者さんおEAなので、同時にエントリーすることもあります。

    1万円チャレンジの進捗と結果

    また随時、更新していきます。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA