Tradeview ILC口座の特徴とスタンダード口座との違い

ゲムゲム

TradeviewのILC口座について詳しく紹介して行きます。ILC口座はスプレッドが狭く、業者最狭を誇る口座です。

TradeviewのILC口座の特徴やXレバレッジ口座(スタンダード口座)との違いについて紹介して行きます。

ILC口座はスプレッドや取引手数料が安いですが、レバレッジが低かったり最低入金額が高めの設定など、デメリットもあるので注意しましょう。

Tradeviewの口座開設はコチラ

Tradeview ILC口座の特徴(ECN方式)

ILC口座
注文方式 ECN方式
プラットフォーム MT4・MT5
レバレッジ 200倍
スプレッド 狭い
取引手数料 5ドル/1ロット
最小ロット 0.1ロット
初回入金額 10万円

TradeviewのILC口座はECN方式の口座で、スプレッドは狭いですが1ロット5ドルの取引手数料がかかります。

ILC口座は海外FX業者で最狭レベルのスプレッドを誇りますが、レバレッジが200倍と低めで、入金額も10万円かかるためハードルが高めです。

ロスカット水準も100%なので、証拠金も多めに入れておく必要があります。

Xレバレッジ口座と比べると資金はたくさん必要になりますが、かかるコストがかなり安いため、中級者・上級者のトレーダーにおすすめの口座になります。

ECN方式とは
ECN方式はインターバンク市場に注文が流れて相対取引(自動マッチング)する注文方式です。
ECN方式は業者を通さず直接インターバンク市場に注文するため、透明性がありますが、取引量の少ない時間や大きなロットなどは約定しにくい特徴があります。
基本的にはスプレッドと取引手数料の2つのコストがかかります。

ILC口座と他の口座タイプとの比較

Xレバレッジ口座 ILC口座 cTrader口座 Currenex口座
注文方式 STP方式 ECN方式 ECN方式 STP方式
プラットフォーム MT4・MT5 MT4・MT5 cTrader Currenex
レバレッジ 500倍 200倍 400倍 400倍
スプレッド 広い 狭い 狭い 広い
取引手数料 無料 5ドル/1ロット 5ドル/1ロット 6ドル/1ロット
最小ロット 0.01ロット 0.1ロット 0.01ロット 0.1ロット
初回入金額 1万円 10万円 10万円 10万円

Tradeviewでは主に4つの口座タイプがありますが、CURRENEX(カリネックス)口座は金融機関やファンドが利用するプラットフォームとなっています。

個人で利用している人が少なく、ネット情報もほとんどないためXレバレッジ口座かILC口座、cTrader口座の中から選択するようにしましょう。

他の口座タイプについては別ページで詳しく紹介しているので参考にしてください。

> Tradeviewのおすすめ口座タイプ!Xレバレッジ口座やILC口座を比較

ILC口座はボーナスなし

ボーナス 無し

TradeviewではILC口座を含めてすべての口座でボーナスがありません。

ボーナスをもらうためには、キャッシュバックサイトを使って取引ごとのキャッシュバックをもらうか、FXRoyalCashBackで口座開設して1万円もらえるキャンペーンを利用しましょう。

以下のページで詳しく解説していますので参考にしてください。

> Tradeviewはボーナスがあるの?Tradeviewのボーナスキャンペーン

ILC口座のレバレッジ

最大レバレッジ 200倍
初期レバレッジ 100倍

ILC口座のレバレッジは200倍が最大となります。初めて口座開設時にILC口座を選択した時は、レバレッジが100倍になっているので200倍に変更してもらうと良いでしょう。

Xレバレッジ口座はレバレッジ500倍、cTrader口座は400倍なので、ILC口座のレバレッジは低めです。

1000万円以上はレバレッジ100倍に制限

口座残高 レバレッジ制限
1,000万円まで 200倍
1,000万円~ 100倍

Tradeviewでは口座残高が1,000万円以上になるとレバレッジが100倍に制限されます。

1,000万円以上になることはなかなか無いと思いますが、一応気を付けておきましょう。

> Tradeviewの最大レバレッジ 変更・確認とレバレッジ制限・計算方法

ILC口座のスプレッドと取引手数料

スプレッド 取引手数料 合計コスト
USDJPY 0.35pips 0.5pips(5ドル) 0.85pips
EURJPY 0.38pips 0.5pips(5ドル) 0.88pips
GBPJPY 0.96pips 0.5pips(5ドル) 1.46pips
AUDJPY 0.67pips 0.5pips(5ドル) 1.17pips
NZDJPY 1.11pips 0.5pips(5ドル) 1.61pips
EURUSD 0.14pips 0.5pips(5ドル) 0.64pips
GBPUSD 0.50pips 0.5pips(5ドル) 1.0pips
AUDNZD 1.14pips 0.5pips(5ドル) 1.64pips
XAUUSD 1.21pips 0.5pips(5ドル) 1.71pips

ILC口座ではスプレッドだけでなく取引手数料が1ロットあたり5ドルかかり、スプレッドと取引手数料の両方がかかってきます。

他の海外FX業者と比べてスプレッドも非常に狭いですが、取引手数料も5ドルで業界で最低水準になっています。

スキャルピングをしている人や、頻繁に取引するEAを使っている人は、ぜひILC口座を使って行きましょう。

TradeviewとAxiory、TitanFXとのスプレッド・取引手数料比較

スプレッド Tradeview
ILC口座
Axiory
ナノスプレッド口座
TitanFX
ブレード口座
取引手数料 往復5ドル 往復6ドル 往復7ドル
ドル円 0.85pips(0.35pips) 1.0pips(0.4pips) 1.03pips(0.33pips)
ユーロドル 0.64pips(0.14pips) 1.0pips(0.4pips) 0.9pips(0.2pips)
ポンドドル 1.00pips(0.50pips) 1.5pips(0.9pips) 1.27pips(0.57pips)
ユーロ円 0.88pips(0.38pips) 1.3pips(0.7pips) 1.44pips(0.74pips)
ポンド円 1.46pips(0.96pips) 2.3pips(1.7pips) 2.15pips(1.45pips)
豪ドル円 1.17pips(0.67pips) 1.5pips(0.9pips) 1.82pips(1.12pips)

※赤色が3社で一番狭いスプレッド

TradeviewのILC口座とAxioryのナノスプレッド口座、TitanFXのブレード口座を比較すると、全体的にTradeviewのスプレッドが狭いのが分かります。

業界でみてもNo.1ではないかというスプレッド・取引手数料なので、たくさん取引する人はILC口座がおすすめです。

以下のページでスプレッドについて詳しく紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

> Tradeviewのスプレッド一覧 手数料と最大・最小スプレッド

ILC口座の最低入金額と限度額

入金の種類 最低入金額 限度額
クレジットカード 10万円 上限なし
Bitwallet 10万円 1000万円
STICPAY 10万円 100万円
bitpay 10万円 10万ドル
銀行振込 10万円 上限なし

ILC口座は最低入金額が10万円で、かなり高めに設定されています。

資金があまりない人はXレバレッジ口座(入金1万円~)を利用するようにしましょう。

> Tradeviewの入金方法と手順・手数料と入出金の注意点について

ILC口座はMT4・MT5のみ(cTrader無し)

MT4 MT5 cTrader

ILC口座はMT4とMT5が使えますが、cTraderは使うことができません。

cTraderを使いたい場合はcTrader口座が利用でき、ILC口座とcTrader口座はほとんど同じ仕様になっています。

(cTrader口座の方がレバレッジ400倍なので少し有利な条件で取引できます)

自動売買をしている人などはMT4やMT5を使いましょう。

まとめ:ILC口座は海外FXの中でスプレッドが最狭で取引できる

ゲムゲム

ILC口座はスプレッドが狭く取引手数料が低いので、資金力がある人にはおすすめです。

TradeviewのILC口座について紹介して来ました。

ILC口座はスプレッドが狭いですが、レバレッジが200倍と低く、最低入金額が10万円必要になります。

資金力のある人におすすめの口座で、たくさん取引する人やEAをたくさん稼働している人はILC口座を使うと良いでしょう。

Tradeviewの口座開設はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA