Tradeviewのおすすめ口座タイプ!Xレバレッジ口座やILC口座を比較

ゲムゲム

Tradeviewの口座タイプについて紹介して行きます。Tradeviewでは主に4つの口座タイプがあり、それぞれ特徴があります。

Tradeviewは機能や特徴によって選ぶ口座タイプが変わって来ます。

このページではTradeviewの口座の特徴や選び方を目的別に紹介して行きます。

初めての人や迷っている人はXレバレッジ口座(スタンダード口座)を選ぶようにしましょう。

Tradeviewの口座開設はコチラ

Tradeview口座タイプの種類

Xレバレッジ口座 ILC口座 cTrader口座 Currenex口座
注文方式 STP方式 ECN方式 ECN方式 STP方式
プラットフォーム MT4・MT5 MT4・MT5 cTrader Currenex
レバレッジ 500倍 200倍 400倍 400倍
スプレッド 広い 狭い 狭い 広い
取引手数料 無料 5ドル/1ロット 5ドル/1ロット 6ドル/1ロット
最小ロット 0.01ロット 0.1ロット 0.01ロット 0.1ロット
初回入金額 1万円 10万円 10万円 10万円

Tradeviewでは主に4つの口座タイプがありますが、CURRENEX(カリネックス)口座は金融機関やファンドが利用するプラットフォームとなっています。

個人で利用している人が少なく、ネット情報もほとんどないためXレバレッジ口座かILC口座、cTrader口座の中から選択するようにしましょう。

Xレバレッジ口座(スタンダード口座)

注文方式 プラットフォーム レバレッジ スプレッド
STP方式 MT4・MT5 500倍 広い
取引手数料 最小ロット 初回入金額
無料 0.01ロット 1万円
Xレバレッジ口座におすすめの人
入金額が少ない人や、あまり頻繁に取引しない人(スイングトレーダー)など

Xレバレッジ口座(スタンダード口座)は初回入金額が低く、初心者におすすめの口座タイプです。

MT4とMT5から取引プラットフォームを選択することができます。

レバレッジが高いため、少額でも大きなロットを保有することができます。

ただ、スプレッドは広めなので、スキャルピングなど取引回数の多いトレードでは不利になります。

ILC口座

注文方式 プラットフォーム レバレッジ スプレッド
ECN方式 MT4・MT5 200倍 狭い
取引手数料 最小ロット 初回入金額
5ドル/1ロット 0.1ロット 10万円
ILC口座におすすめの人
資金が多い人や取引回数が多い人、自動売買をやっている人

ILC口座はXレバレッジ口座よりもスプレッドが狭い口座タイプです。

初回入金額が10万円でハードルが高いのと、レバレッジが200倍なので、レバレッジを活かした大きなトレードには不向きです。

スプレッドと取引手数料5ドル/1ロットがかかりますが、トータルコストはILC口座の方が少なくなります。

スキャルピングやデイトレード、自動売買で頻繁に取引する人はILC口座がおすすめです。

cTrader口座

注文方式 プラットフォーム レバレッジ スプレッド
ECN方式 cTrader 400倍 狭い
取引手数料 最小ロット 初回入金額
5ドル/1ロット 0.01ロット 10万円
cTrader口座におすすめの人
裁量トレードをメインにしている人や取引回数の多い人

cTrader口座は取引プラットフォームがcTraderを使う口座となります。

その他の仕様はILC口座と似ていますが、レバレッジは400倍となりILC口座よりも少し有利な条件で取引することができます。

cTraderは裁量トレード(手動による取引)に向いている口座で、機能が視覚的に分かりやすく落ち着いた雰囲気の取引プラットフォームです。

注文もサクサク進み、MT4などのようにインジケーターをいろいろ入れなくても初期の段階から高機能なのでおすすめです。

CURRENEX口座(Viking口座)

注文方式 プラットフォーム レバレッジ スプレッド
STP方式 Currenex 400倍 広い
取引手数料 最小ロット 初回入金額
6ドル/1ロット 0.1ロット 10万円

CURRENEX口座(Viking口座)は金融機関やファンドなどが利用する取引プラットフォームで、個人で利用している人はほとんどいません。

スプレッドは広いにも関わらず取引手数料もかかり、CURRENEXについて調べてもネット上ではほとんど情報が載っていないため、使いにくいでしょう。

高機能な取引プラットフォームのようですが、取引条件が悪いためCURRENEXを選択する必要はないと思われます。

Tradeviewにおすすめの口座タイプはどれ?

注意点
  • Xレバレッジ口座:初心者やレバレッジ重視、少額の入金でトレードしたい人
  • ILC口座:スプレッド重視や自動売買している人
  • cTrader口座:自分でトレードしている人やスキャルピングをしている人
  • Tradeviewのおすすめ口座タイプは、目的別に分かれてきます。

    Tradeviewで口座タイプを選ぶには、まず自分が重視したいことを考えて口座を選びましょう。

    初心者やレバレッジ重視ならXレバレッジ口座

    海外FXトレード初心者の人やレバレッジを重視したい人はXレバレッジ口座がおすすめです。

    Xレバレッジ口座は初回入金額が1万円なので、資金があまりない人にも良いと思います。

    スプレッドは広いので、スキャルピングやデイトレードなど頻繁に取引する人には不利な口座です。

    もしXレバレッジ口座でスプレッドを狭くしたい場合は、キャッシュバックサイトを使って上手くやりましょう。

    スプレッド・手数料重視ならILC口座かcTrader口座

    スプレッドや手数料を重視するならILC口座かcTrader口座がおすすめです。

    ILC口座とcTrader口座は取引手数料が1ロット5ドルかかりますが、スプレッドと取引手数料を足したトータルコストはILC口座やcTrader口座の方が少なくなります。

    スキャルピングやデイトレードなど頻繁に取引する人はILC口座かcTrader口座を選択しましょう。

    自動売買ならMT4のあるXレバレッジ口座かILC口座

    自動売買で取引している人はMT4やMT5のあるXレバレッジ口座やILC口座がおすすめです。

    Xレバレッジ口座の方が最低入金の敷居も低くレバレッジも高いですが、スプレッドは広めになります。

    ILC口座だとレバレッジが低くなってしまうため、キャッシュバックサイトを使ってXレバレッジ口座を利用するのがおすすめです。

    裁量取引ならcTrader口座

    裁量取引(手動による取引)をしている人はcTrader口座がおすすめです。

    MT4やMT5に慣れている人も多いと思いますが、cTraderはインジケーターを入れなくても様々な機能が備わっています。

    プラットフォームのスピードも速いですし、板情報が見れたり一括決済、分割決済など、いろんな機能がcTraderに備わっています。

    cTraderの機能や使い方については以下のページで詳しく紹介しています。

    > TradeviewのcTraderインストール・ログイン手順・設定方法

    まとめ

    ゲムゲム

    Tradeviewの口座タイプはXレバレッジ口座、ILC口座、cTrader口座の中から目的別に選びましょう。

    Tradeviewの口座タイプについて紹介して来ました。

    機能や目的によって選ぶ口座タイプが変わって来ます。

    もし全体的に高機能な口座を選びたい場合は、キャッシュバックサイトを使ってXレバレッジを選択し、スプレッドの負担をキャッシュバックで軽減するのがおすすめです。

    口座開設方法についてはコチラのページで紹介しているので参考にしてください。

    > Tradeview口座開設方法と必要書類・口座開設の注意点

    Tradeviewの口座開設はコチラ

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA