Sprout Ver.1.1.0のEA検証結果

ゲムゲム

今回はSprout Ver.1.1.0を検証して行きたいと思います。ぜひEAを使うかどうかの参考にしてください。

GEMFOREXの無料EA「Sprout Ver.1.1.0」をTDS(Tick Data Suite)を使ってバックテストを行ったので、結果を紹介して行きます。

実際のトレードと近くなるように、変動スプレッド、スリッページ機能を付け、スプレッドもGEMFOREXの平均スプレッドになるように補正しています。

Sprout Ver.1.1.0は4つの通貨ペア対応のスイングEAですが、どんな結果だったのか見て行きましょう。

更新日2022年6月30日

過去15年
2007.1~2022.6
リリース後
2021.11~2022.6
EURJPY +951,622円 -4,661円
USDJPY +643,907円 +65,974円
EURUSD +536,985円 +65,680円
GBPUSD +209,566円 +38,082円

※デフォルト設定の0.1ロット運用、証拠金50万円で検証しました。

4通貨ペアのバックテストを行った結果ですが、過去15年での成績は全てプラス、リリース後の成績はEURJPYだけマイナスでそれ以外はプラスの成績でした。

ではSprout Ver.1.1.0を詳しく見て行きましょう。

GEMFOREXの公式サイトを見る

Sprout Ver.1.1.0の詳細を確認する ※口座開設・ログイン後に確認可能です

Sprout Ver.1.1.0の特徴

取引タイプ 通貨ペア 推奨証拠金
スイング 4通貨ペア 2000ドルで0.02ロット
時間足 最大ポジション リリース日
30M 記載なし 2021年11月1日

Sprout Ver.1.1.0は4通貨ペア対応のスイングトレードEAです。

トレンドの初動に仕掛ける順張りトレードになります。

最大ポジション数の記載はありませんが、バックテストの結果を見ると最大ポジション数は1つのようです。

GEMFOREXでの公開成績

使用時間軸 30M 勝率 34.46%
勝ちトレード回数 386 負けトレード回数 734
平均収益 48.21USD 平均損失 21.75USD
PF 1.17 損益レシオ 2.22
最大ドローダウン 54.60% 含み損益 0.00USD
総獲得pips 2875.9pips 投資収益率 26.45%

GEMFOREXの公開成績を見ると、勝率は3割と低いですが、平均損失よりも平均利益の方が約2倍と高く、損小利大となっています。

Sawyerさんの他のEA

SawyerさんはほかにもEAを出品されています。

以下のEAは過去に検証しているので、参考にしてください。

Sprout Ver.1.1.0のEA検証結果

ゲムゲム

ここからは私が実際にTDSを使ってバックテストを行った結果を紹介していきます。

スプレッド補正

  GEMFOREX TDS 補正値
EURJPY 1.70pips 0.59pips 1.2pips
USDJPY 1.60pips 0.37pips 1.3pips
EURUSD 1.68pips 0.31pips 1.4pips
GBPUSD 2.27pips 0.74pips 1.6pips

GEMFOREXのスプレッドに合うようにスプレッド補正をして検証しています。

変動スプレッドON、スリッページONにして、できるだけリアルに近い環境でテストしています。

EURJPY

過去15年 リリース後
収益 +951,622円 -4,661円
収益率 +190.3% -0.9%
勝率 35.78% 22.92%
PF 1.33 0.97
最大ドローダウン 9.97%(122,137円) 14.37%(72,752円)
リスクリターン率 7.79 -0.06
平均利益 9,174円 12,013円
最大利益 37,052円 23,060円
平均損失 -3,831円 -3,697円
最大損失 -7,164円 -7,108円

EURJPYは過去15年のバックテスト結果が一番良い通貨ペアです。

ただしリリース後の成績はEURJPYだけマイナスの結果でした。

年次・月次の成績

年間成績はマイナスの年もありますが全体的には良い成績となっています。

USDJPY

過去15年 リリース後
収益 +643,907円 +65,974円
収益率 +128.7% +13.1%
勝率 34.92% 42.86%
PF 1.28 2.08
最大ドローダウン 7.51%(82,160円) 4.72%(27,350円)
リスクリターン率 7.84 2.41
平均利益 5,533円 7,053円
最大利益 45,089円 18,929円
平均損失 -2,325円 -2,540円
最大損失 -9,192円 -5,070円

USDJPYは過去15年では2番目に成績が良く、リリース後もプラスでなかなか良い成績でした。

年次・月次の成績

マイナスの年もありますが、プラスの年の利益率が高く全体ではプラスとなっています。

EURUSD

過去15年 リリース後
収益 +536,985円 +65,680円
収益率 +107.3% +13.1%
勝率 36.59% 40.91%
PF 1.29 2.91
最大ドローダウン 16.73%(95,511円) 4.71%(24,987円)
リスクリターン率 5.62 2.63
平均利益 6,882円 11,120円
最大利益 63,234円 32,042円
平均損失 -3,072円 -2,646円
最大損失 -7,312円 -7,094円

EURUSDも過去15年、リリース後ともにプラスで良い成績でした。

年次・月次の成績

年間成績もマイナスの年もありますが、プラスの年の方が多いです。

GBPUSD

過去15年 リリース後
収益 +209,566円 +38,082円
収益率 +41.9% +7.6%
勝率 33.31% 30.61%
PF 1.06 1.33
最大ドローダウン 30.41%(195,116円) 9.10%(47,028円)
リスクリターン率 1.07 0.81
平均利益 7,887円 10,170円
最大利益 50,202円 41,898円
平均損失 -3,725円 -3,366円
最大損失 -10,953円 -9,259円

GBPUSDも過去15年、リリース後ともにプラスでした。

年次・月次の成績


年間成績は勝ったり負けたりですが、トータルではプラスとなっています。

4通貨ペア合計の損益

過去15年 リリース後
+2,342,081円 +165,075円

4通貨合計の損益は234万円となりました。リリース後は16.5万円です。

成績の推移とドローダウン

補足説明
  • メイングラフの薄い赤色部分:停滞期間
  • 下方の赤色のグラフ:ドローダウン(山が大きいとドローダウンが大きい)
  • 一番下の青いグラフ:VIX指数
  • 4通貨ペア合計の成績推移を見ると、順調に利益を積み上げています。

    年次・月次の成績

    年間成績は2018年だけがマイナスとなっていますが、それ以外は順調です。

    まとめ

    過去15年
    2007.1~2022.6
    リリース後
    2021.11~2022.6
    EURJPY +951,622円 -4,661円
    USDJPY +643,907円 +65,974円
    EURUSD +536,985円 +65,680円
    GBPUSD +209,566円 +38,082円

    ※デフォルト設定の0.1ロット運用、証拠金50万円で検証しました。

    ゲムゲム

    Sprout Ver.1.1.0は過去15年、リリース後ともにプラスの成績でした。

    ぜひ参考にしてください。

    GEMFOREXの公式サイトを見る

    Sprout Ver.1.1.0の詳細を確認する ※口座開設・ログイン後に確認可能です

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA