Tradeviewは追証なしのゼロカット?ゼロカットされる時間と注意点

ゲムゲム

Tradeviewのゼロカットについて紹介して行きます。ゼロカットのタイミングや流れについても詳しく解説します。

Tradeviewはゼロカットを採用していて、追証請求されることのない業者となっています。

実際にTradeviewに連絡を取り、ゼロカットのタイミングや流れについて確認しましたので解説して行きます。

Tradeviewの詳細を見る

Tradeviewは追証なしのゼロカット

Tradeview 危機管理(英語版)

Tradeviewでは顧客の口座がマイナス残高になってしまった場合、追証請求することなくTradeviewがマイナス残高を補填する「ゼロカット」というシステムを採用しています。

国内FXではマイナス残高はトレーダー自身が補填しなくてはいけませんが、Tradeviewを含めて海外FX業者の多くは業者が肩代わりしてマイナス残高を0円に戻してくれます。

Tradeviewでもゼロカットを採用していて、英語版のサイトにはゼロカットの内容が書かれています。

ゼロカットとはロスカットで間に合わなくマイナス残高になった時に嬉しいシステム

ゼロカットとは?
ゼロカットは、マイナス残高になっても追証する必要がなく、海外FX業者が補填して口座資金を0円にしてくれる仕組みです。
急落などの場面で決済注文が入らず、マイナス残高になってしまう場合がありますが、そんな時でも追加入金する必要がなく、すべて業者が補償してくれます。

ゼロカットは顧客資金を守るための仕組みで、マイナスになった口座残高をTradeviewが補填してくれる仕組みです。

通常は証拠金維持率が低くなると自動的に損切りされる「ロスカット」という仕組みがありますが、急落など価格が付かない場合などは、決済が間に合わずにマイナス残高になってしまう可能性もあります。

そこでトレーダーを救済する2つ目の方法としてゼロカットという仕組みがあります。

ロスカットについては別ページで詳しく説明しているので参考にしてください。

Twitterでゼロカットについての情報

Twitterを見ると、Tradeviewがゼロカットだという情報がたくさん出てきました。

実際に「ゼロカットされた!」という情報ではありませんでしたが、「ゼロカットもあるからTradeviewは安心」というような内容が多かったです。

ゼロカットのデメリットはない

国内FXを中心に活動していた方は「ゼロカットはメリットばかりでなくデメリットもあるのではないか?」と思う人もいるかもしれませんが、特にデメリットはありません。

ゼロカットする代わりにスプレッドが広くなる。などの措置もないので安心してトレードして行きましょう。

Tradeviewゼロカットのタイミングと流れ

Tradeviewのゼロカットされるタイミングの流れについて、実際にTradeviewに確認しましたので紹介します。

マイナス残高発生後、入金する時にゼロカットされる

Tradeviewでゼロカットになるタイミングを確認した結果、「追加入金する時」にゼロカットとなります。

ゼロカットの流れ

STEP.1
マイナス残高発生
ロスカットが間に合わず、マイナス残高となる
STEP.2
追加入金申請
マイナス残高のまま、入金申請をする
STEP.3
ゼロカットされてから入金される
自動的にマイナス残高が0円になり、そこから入金される

このような流れになります。入金でマイナス分の補填に使われることなく、ゼロカットされてから入金されるので安心してください。

ゼロカットは他の口座には影響なく、1つの口座内で適用される

Tradeviewのゼロカットは、他の口座には影響がなく、その口座内のみで適用されます。

以前、他の海外FX業者では他の口座に残高が残っている場合はマイナス残高の補填が行われない。ということがありました。

しかしTradeivewでは他の口座に残高やポジションがあっても関係なくゼロカットが行われますので安心して取引して行きましょう。

まとめ:Tradeviewはゼロカット対応の業者なので安心して取引できる

ゲムゲム

Tradeviewはゼロカット対応の業者なので、レバレッジを活かしたトレードをして行きましょう。

Tradeviewのゼロカットについて紹介して来ました。

Tradeviewは追証なしのゼロカットシステムを採用しているので、追証請求されることがなく、Tradeviewがマイナス分を肩代わりしてくれます。

追証を気にすることなく、思い切ったトレードをして行きましょう。

Tradeviewの詳細を見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA