XMアフィリエイトは稼げない?稼げない原因とおすすめの稼ぎ方

xm アフィリエイト 稼げない

ゲムゲム

XMアフィリエイトで全然稼げない!という方は参考にしてください。

XMアフィリエイトで思うように稼げていない人向けに、稼げない原因とおすすめの稼ぎ方について紹介していきます。

XMアフィリエイトは非常に人気が高いため、他のジャンル、他の業者と比べて難易度が高めになっています。

ベテランアフィリエイターも多いXMでどうやって攻略していくのか検証していこうと思います。

XMアフィリエイトの登録はコチラ

XMアフィリエイトは稼げない?稼げない理由と原因

XMアフィリエイトは稼げないのか?稼ぐのが難しい理由について見ていきましょう。

成果地点が遠いため稼ぎにくい

口座開設による報酬 取引ごとの報酬
無し 3~10ドル/1ロット

まずXMを含めて海外FX全体ですが、アフィリエイト報酬は口座開設では発生せず、登録したトレーダーが入金をして取引をしたタイミングで報酬が発生します。

一定数のトレーダーは口座開設だけして取引しない、もしくは口座開設ボーナス3,000円分しか取引しない人もいるため、一定割合のトレーダーからは報酬が発生しないです。

XMアフィリエイトで稼ぐには、ある程度の人数のアクティブトレーダーが必要になってきます。

報酬が高く人気のため競合アフィリエイターが多い

xm gemforex axiory titanfx
STP口座 3~10ドル 2.5~10ドル 5ドル 4.2~5ドル
ECN口座口座 5ドル 0.25~1ドル 1~2ドル 1~1.5ドル

pipsによる報酬の場合も簡易的にドルで表記しています

XMアフィリエイトは他の海外FX業者と比べて報酬が高く、最大の10ドルにランクアップしやすいので非常に人気となっています。

ゼロ口座の報酬も5ドルで、他の業者のECN口座と比べても報酬がかなり高いです。

また、XMは国内で一番人気の海外FX業者となっているため、競合アフィリエイターも多く、難易度の高いアフィリエイトとなっています。

SEOの難易度が高い

XMは非常に人気で競合の多い商標ワードになるため、上位表示が難しくなっています。

通常のSEOを使ったアフィリエイトを正面から勝負しようと思ってもなかなか勝てないのが現状です。

昔のように「コツコツ記事を書いていれば、そのうち上位表示される」ということは無くなり、裏技のSEO対策を駆使しないと勝つことは難しそうです。

細かい記事もライバルに網羅されている

XMを紹介するアフィリエイターは他の業者と比べて非常に多いため、かなり細かい記事も競合がたくさんいます。

細かい記事で報酬を狙おうと思っても、なかなかGoogle検索で上位を取れません。

最近は強いキーワードで上位表示しているアフィリエイターも細かい記事まで書いている傾向があるので、今まで以上に難しくなっています。

XMアフィリエイトおすすめの稼ぎ方

XMアフィリエイトで稼げない理由について紹介して来ましたが、ここからはおすすめの稼ぎ方を紹介していきます。

SEOの世界もリアルビジネスと同じように、自分より強い相手には勝てないので、どうやって弱いところで戦うか?難易度の低くて稼ぎやすい場所で勝負するか?が重要です。

経験を積んで知名度のあるトレーダーになる

まずはトレーダーとして経験を積み、少しでも知名度のあるトレーダーになることがおすすめです。

当たり前過ぎてつまらないことを言っているかもしれませんが、他のアフィリエイターは海外FXトレードをやっていない人も多いため、トレーダーとして発信することは非常に重要です。

他のアフィリエイターが分からない技術的な発信も可能になりますし、少し知名度が上がればSNSなどを通じて発信することでアクセスアップを狙うことも可能です。

トレードすることで技術的な記事を書くことができるようになるので、まずは自分自身でトレードを始めて、海外FXのことをよく理解するようにしましょう。

EA・インジケーターを開発して口座縛りで提供する

アフィリエイターはプログラミングに弱い人も多いので、EA開発やインジケーター開発をして、口座縛りで提供することも有効です。

口座縛りとは(私のIBで口座開設・追加口座をしたら無料で提供するよ)というもので、自分のIBで登録した人にだけEAを配布することでトレード報酬が全て自分のものになります。

トレード回数の多いスキャルピングEAやナンピンEAなどを開発して無料で提供することで大きな成果を上げている人もたくさんいます。

プログラミングの知識が無くてもEAつくーるなどを使ってEAを開発し、開発したロジックを外注のプログラマーに依頼してEAを完成してもらうのも良いと思います。

トレーダーに役立つ情報を作って追加口座した人に提供する

EAやインジケーターの開発が難しくても、トレードの知識がある人であれば、上と同じように口座縛りで情報商材を作って提供することも可能です。

商材はGoogleスライドなどを使ってPDFにして、数十ページ程度の役立つ情報を作ります。

数年間トレード実績があれば、それなりに役立つ情報を持っていると思うので、商材作りに挑戦してみても良いと思います。

マニアック路線で攻める

XMアフィリエイターの大半は実際に海外FXトレードをしていない人が多いため、技術的な内容やMT4の使い方、テクニカル分析の知識がない人多いです。

これらは実際にトレードしている人しか分からないので、このような技術的な記事を中心に作成していくと、競合が少なくて上位表示しやすくなります。

XMの特徴や評判などの人気記事は難易度が高いので、XMトレードするための技術的な記事を中心に作っていくと良いでしょう。

もう少しマイナー業者で経験を積む

もしXMアフィリエイトで全然稼げない場合は、まずは他のマイナーな業者でアフィリエイトの経験や海外FXの知識を高めるのもおすすめです。

XMは海外FXのシェアNo.1業者なので、一番難易度が高い商標となっています。

まずはもう少し難易度が低めの業者を中心に記事を作って経験を積み、そこからXMに再挑戦するのも良いでしょう。

XMアフィリエイトで稼ぐためのコツとポイント

XMアフィリエイトで稼ぐためのコツとポイントについて紹介します。

競合が多く難易度の高いキーワードを狙わない

上でもかなり述べましたが、まずは自分が勝てないキーワードは狙わないことです。

アフィリエイトの多くは強いキーワードを狙うことを教えられる人が多いですが、強いキーワードを狙った記事を書いても勝てないだけでなく、アクセスの少ない記事はGoogle評価を落とします。

見られてもいない記事を量産したところでGoogleから低品質扱いされるだけなので、最初から強いキーワードは狙わないように気を付けましょう。

トレーダーの心理を理解して本当に役立つ記事を作る

アフィリエイターの多くは発信者目線で考えていることが多く、「口コミ・評判」を狙うことが重要視され、サジェストワードを参考に記事を作っていくことが多いと思います。

サジェストワードを上から順番に記事を作っていっても、上位表示できないことが多くなってきたので、もう少し考えて勝負する必要があります。

アフィリエイトなどの発信者とトレーダーの間には、少なからず求めているもののズレがあるので、ユーザー側の心理を理解して、本当に求められている記事を作ることが大切です。

「XM ボーナス」というキーワードを狙う場合も、ボーナス情報をただ単に記載するだけでなく、ボーナスをどうやって使って行くと効率的か?上手な活用方法はないか?など、ユーザー目線で記事を書くようにしましょう。

SNSは心の通ったコミュニケーションを重視した発信をする

アフィリエイトをしている人の中にはSNS発信が苦手な人も多いと思います。

SNSは発信するだけでは上手くいかず、発信だけではスパム扱いされてしまうことも多いです。

SNSは発信だけでなく情報収集の場、コミュニケーションの場でもあるので、多くのトレーダーと関係を持ちながら、困っていることや求めていることをSNSから情報収集していきましょう。

それを元に記事を作り、トレーダーから読まれる記事を発信していくことが重要です。

コンセプト・方向性のある尖ったアフィリエイト活動をする

ブログやWEBサイトを使ってアフィリエイトをする場合、コンセプトや方向性をあらかじめ決めて、尖ったアフィリエイトをすることが重要です。

多くのサイトはテーマが無く、網羅的に記事を作り始めますが、そうではなく方向性を決めるのが大切です。

「ボーナス」や「口座開設」などはアフィリエイターから好まれるキーワードなので難易度も高いです。

キーワードごとに調べてみて、競合が少ないワード、普段見ないサイトばかり表示されるワードを狙って、尖ったサイトを作っていきましょう。

まとめ:競合が弱い場所で自分に見合った難易度で勝負しよう!

ゲムゲム

XMアフィリエイトは難易度が高いため、自分のレベルに合った業者を選びましょう。

XMアフィリエイトで稼げない人向けに、稼げない原因とおすすめの稼ぎ方について紹介してきました。

XMは難易度の高いアフィリエイトになるため、1~3年ほどの経験くらいだと難しいかもしれません。

まずは自分のレベルでも勝てそうなキーワードを探したり、それでも難しければ他の業者で経験を積むなど、検討してみましょう。

XMアフィリエイトの登録はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA