XMの禁止行為・取引ルールの注意点まとめ

xm 禁止行為

ゲムゲム

XMでの禁止行為・取引ルールの注意点をまとめました。

XMでは取引を行う上で禁止行為があります。知らないまま禁止行為を行ってしまうと、出金拒否や口座凍結などになる可能性もあります。

この記事では、XMで禁止されている行為・取引ルールの注意点をご紹介します。

XMの公式サイトはコチラ

XMの禁止行為と取引ルール

XMの禁止行為とルールについて紹介していきます。

XMはボーナスのある海外FX業者なので、いろいろと禁止事項がたくさんあるので注意しましょう。

同一口座以外の両建て

XMでは同一口座のみ両建てが認められています。両建ては工夫次第ではトレードを有利にできるトレード手法ですが、禁止されている行為もあります。

XMの両建てルールと注意したい禁止事項は以下の通りです。

  • 複数口座の両建て
  • 別業者を使った両建て
  • ゼロカット狙いの両建て
  • ボーナスを利用した両建て
  • 指標トレードを狙った両建て

XMではアカウントにつき、最大8口座まで開設可能ですが、複数口座を用いての両建てや、別業者を使っての両建ては禁止されています。

また意図的にゼロカット狙いや、ボーナスの不正取得を目的とした両建て取引、経済指標発表時のみを狙った両建て取引などは利用規約違反となりますので、注意しましょう。

裁定取引(アービトラージ)

裁定取引(アービトラージ)とは、FX業者間でのレートの違いを利用して、価格差が生じた場合に利ざやを取る取引手法ですが、XMでは禁止されている行為となります。

裁定取引は、理論上リスクなく利益を得られるため、XM以外ほとんどの業者で禁止されています。またボーナスを利用した裁定取引も禁止です。

※裁定取引は、「サヤ取り」とも呼ばれます。

取引環境(レバレッジ、ボーナス、ゼロカット)を乱用する行為

XMの高いレバレッジやボーナス、ゼロカットなどを乱用する行為は禁止事項になります。

高いレバレッジを活かしたギャンブル的なトレード(バイナリーオプションのような取引方法)だと違反扱いになる可能性があるので気を付けましょう。

窓開け・窓埋め時だけを狙った取引

週明けにチャートが大きく開く、窓開けが発生する場合があります。

窓開けしたチャートは、窓を埋めにいく傾向にあり、トレーダーとしては利益を狙いやすい状態になります。

その窓埋めのみを繰り返し狙って利益を得るような取引はXMでは禁止されています。

裁定取引(アービトラージ)

裁定取引(アービトラージ)は同一の価値を持つ商品の一時的な価格差(歪み)を利用して利益を上げる手法で、これも禁止されています。

まった同じ通貨ペアでも業者によって価格が違いうため、その価格の違いを利用して利益を上げることができます。

また「現物と先物」などでアービトラージをするのも禁止です。

サーバーエラー、レートエラーを利用した取引

世界的に注目を集めるような大イベントなどで、サーバーにアクセスが集中し、接続遅延、サーバーエラーによるレートエラーが起こる場合があります。

このレートエラーを悪用して、不正に利益を得るような取引は禁止されています。

AIを使った取引

AI(人工知能)を使った自動売買取引、裁定取引(アービトラージ)は禁止されています。

高速トレードや外部システムを利用したAI取引などはXMのサーバーに大きな負荷がかかり、サーバーダウンや接続遅延の原因にもなります。

XMでは自動売買(EA)を行うこと自体は問題ありませんが、自動売買を行う上での注意点は存在します。

サーバーに負荷をかけ過ぎる行為

サーバーに深刻な影響を与えるようなEAを使っていた場合はそれを理由に口座凍結される場合もあります。

また、資金がゼロなのにEAの自動売買がONの状態のままですと、無限ループで注文を出し続けるといったようなことも起こりますので、気をつけてください。

禁止行為以外にも口座凍結になる場合があります。XMで口座凍結される原因に関しては以下の記事を参考にしてください。

XMポイントやボーナスの不正受給

XMでは取引に応じてもらえるXMポイント(XMP)やボーナスがありますが、これらを不正に受給するのは禁止行為となります。

例えば、口座開設ボーナスを虚偽の個人情報を利用して重複して受け取ったり、他人の名義を使って口座開設をして口座開設ボーナスを受け取るなどです。

XMのボーナスは活用次第では大きな利益を出せるシステムです。

詳しくは以下の記事を参考にしてください。

自己アフィリエイト(セルフバック)

XMではアフィリエイトプログラムに力を入れている海外FX業者ですが、自己アフィリエイトを利用して報酬を得るのは禁止されています。

XMでの自己アフィリエイトとは、自分で作成したアフィリエイトリンクから自分の口座を開設し、それでトレードしてアフィリエイト報酬を得ることです。

自己アフィリエイトを行うと、利益の没収だけでなくアフィリエイトの契約解除などアフィリエイト自体の継続が困難になる恐れがあるため違反しないように気をつけましょう。

なお、XMのアフィリエイトは家族や友人を紹介するのは問題ありません。

XMで注意した方が良い取引

XMでやり過ぎると何かしらの連絡やペナルティーを受ける可能性のある取引を紹介します。

スキャルピングで注文数が異常に多い行為

XMではスキャルピング取引自体は禁止ではありませんが、異常に注文数が多い場合などは、警告が来る場合があります。

スキャルピング取引の注意点については以下の記事にまとめていますので参考にしてください。

ポジションの持ちすぎ

XMでは最大保有ポジションが200となっていて、200回分の未決済取引以上にポジションを持つことはできません。

200以上のポジションを持つとこのようにメールが来るので、注意するようにしましょう。

まとめ

ゲムゲム

XMでの禁止行為をしないように注意しましょう。

XMの禁止事項やルールについて紹介して来ました。

XMでは取引を行うにあたり、いくつかの禁止行為がありますので、禁止行為に違反しないように気をつけてください。

特にボーナスやゼロカットに関わる取引は厳しく見れられる可能性があるので、際どいトレードなどもしない方が無難です。

XMの公式サイトはコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA