XMで口座凍結になると出金はどうなる?凍結トラブルの原因

xm 口座凍結

ゲムゲム

XMの口座凍結情報について見ていきます。凍結になる理由と対処方法も紹介します。

XMでは口座凍結になった情報がSNSやブログでたびたび報告されていますが、今回はXMで凍結になる原因や解除の方法について解説していきます。

XMは一定の条件になると口座凍結されてしまいますが、それ以外にも禁止行為をした場合や、トラブルが起きて口座凍結されてしまった事例もありましたので、紹介していきます。

口座凍結になる条件を事前に確認して、凍結されるリスクを回避しましょう。

XMの公式サイトはコチラ

XMで口座凍結になる理由・原因

XMで口座凍結になってしまう理由と原因を見て行きましょう。

残高が無い状態で90日間取引がないと口座凍結

XMでは口座に残高が無い状態で90日間取引や入金、出金がないと口座凍結となり、口座が閉鎖してしまいます。

口座凍結される理由はこれが一番多いですが、残高が無い状態で90日経つと凍結になることを覚えておきましょう。

残高が残っている状態で90日間取引がないと休眠口座

口座に資金が残っている状態で90日以上経つと、休眠口座となり、月額5ドルの口座維持手数料がかかります。

休眠口座は取引や入金・出金をすることで、すぐに解消されますが、手数料がかかるため90日以上口座を放置しないように気を付けましょう。

休眠口座になり、残高がゼロになってから90日経つと口座凍結となります。

複数口座の両建て、窓開け狙いなどの規約違反

XMで複数口座の両建てをしたり、窓開け・窓埋め取引などの禁止トレードをすると、口座が凍結されてしまう可能性があるので注意が必要です。

このページの後半で禁止行為について記載しておきますので、確認して禁止行為をしないように気を付けましょう。

稼ぎすぎると口座凍結になる?

「XMで稼ぎ過ぎると口座凍結になる」という情報も載っていたので掲載しておきます。

原因はそれぞれだと思いますが、稼ぎ過ぎるとXMから厳しいチェックが入る可能性があるかもしれません。

それで「不正行為と見なされれば口座凍結」という可能性もあるため、利益は定期的に出金をしておくようにしましょう。

トラブルによる口座凍結情報

その他、さまざまなトラブルによる口座凍結になった情報を紹介します。

サーバー負荷による口座凍結

サーバー負荷が原因で口座凍結になる可能性もあるようです。

もし残高0でEAが稼働している時は、EAを止めるように気を付けましょう。

また、取引の多いEAの場合はXMから連絡が来る可能性があるので、スキャルピングのやり過ぎや取引の多いナンピンEAなどは注意するようにしてください。

クレカ不正利用による口座凍結

クレジットカードの不正利用(他の人がクレジットカードを利用した?)による口座凍結の情報もありました。

未決済ポジションは没収されてしまうようです。

これはトレーダーの方が悪い訳ではないですが、このような被害もあるようです。

アービトラージ・キャッシュバック利用による口座凍結

アービトラージやキャッシュバックの利用によって口座凍結された事例もありました。

キャッシュバックでなぜ凍結されるのか分かりませんが、「アービトラージをしていた」とケチ付けられて凍結になる可能性もあるようです。

気を付けましょう。

口座凍結された場合に資金は出金できるのか?

XMで口座凍結されてしまった時に、資金は出金されるのか調べてみました。

XMの場合は口座資金はしっかりと出金できるようです。

ただし上の投稿であったように、未決済ポジションがある状態で凍結になると、未決済分は出金できないようです。

口座凍結された時の解除・対処方法

XMで口座凍結された場合の解除・対処方法を紹介します。

新しく追加口座をする

XMで一度口座凍結されると、解除することができないため、新しく追加口座をして口座を作る必要があります。

追加口座するのは少し面倒かもしれませんが、すぐに開設できるので追加申請をするようにしましょう。

XMの口座凍結に関する注意点

XMの口座凍結に関する注意点です。

全ての口座が凍結になるとXMポイントも消滅してランクダウンされる

XMで口座凍結されて全ての口座が凍結状態になると、XMポイントも消滅してランクが一番下のEXECUTIVEとなります。

XMポイントを貯めている人は、1つの口座は有効な状態を保つように心がけましょう。

規約を確認して禁止行為をしないように気を付ける

XMの禁止行為
  • 複数口座で同一通貨ペアを使った両建て
  • XMと異業者間の両建て
  • ゼロカット狙いの両建て
  • ボーナスを利用した両建て
  • ボーナスの不正受取や悪用
  • 窓開けを利用したハイレバトレード(ギャンブルトレード)
  • 裁定取引(アービトラージ)
  • レートエラーやシステム障害を利用した取引
  • 取引環境(レバレッジ、ボーナス、ゼロカット)を乱用する行為
  • 正当な形で利益を上げるご行為ではない取引パターン
  • 注文頻度が高いとXMから連絡が来る
  • XMでは複数口座や別業者を使った両建てやゼロカット・ボーナスなどを使った不正行為は禁止されています。

    また、アービトラージやシステムの脆弱性などを狙った行為も禁止されているので、際どいトレードはしないように注意しましょう。

    サーバー負荷が高い取引の場合はXMから連絡が来る。となっていますが、Twitterの投稿で凍結された事例もあったので気を付けてください。

    詳しくは両建てのページと自動売買のページで禁止行為について詳しく紹介しているので参考にしてください。

    > XMの両建てのやり方と禁止ルール・証拠金と注意点
    > XM自動売買EAの禁止事項とは?禁止行為と注意点を確認した

    確定申告用の取引履歴はサポートに連絡を取って取得する

    XMで口座凍結をされると口座にログインができなくなるため、取引履歴が見れなくなります。

    年間取引報告書がダウンロードできなくなると確定申告の時に困ってしまいますが、サポートに連絡を取れば年間取引報告書を取得できるので、サポートに連絡をするようにしましょう。

    まとめ

    ゲムゲム

    XMの口座凍結について調査して来ました。

    「90日間取引がないと凍結する」という理由が一番多かったですが、それ以外にも不正行為による凍結や、稼ぎ過ぎると凍結される事例なども見つかっています。

    XMは不正行為に対してもかなり厳しく見ていますし、場合によっては理由を付けられて凍結されてしまう可能性もあるかもしれません。

    禁止行為すれすれのトレードには気を付けるようにしましょう。

    また、こまめに利益確定をして、出金するようにしましょう。

    XMの公式サイトはコチラ

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA