Tradeviewは口座凍結がある?ルールと条件・口座維持手数料

tradeview 口座凍結

ゲムゲム

Tradeviewは口座凍結があるのか調査しました。凍結条件や解除する方法も紹介します。

Tradeviewは口座凍結があるのか?口座凍結のルールや条件について調べてみました。

Tradeviewでは一定期間放置された口座は自動的に凍結(閉鎖)されてしまうので注意が必要です。

また、残高が残っている場合は口座維持手数料がかかるので、残高が残っている場合は忘れずに出金、アクティブな口座に移動するようにしましょう。

Tradeviewの公式サイトはコチラ

Tradeviewは一定の条件になると口座凍結される

Tradeviewでは一定の条件になると口座が凍結されて、利用できなくなります。

凍結ルールを知らずに凍結されてしまったSNS情報がいくつかありました。

Tradeviewの口座凍結のルールや条件はあまり情報が出回っていないので、忘れないように覚えておきましょう。

口座残高が無い状態で6ヶ月経つと休眠口座

Tradeviewでは口座に残高が無い状態で6ヶ月経つと休眠口座になります。

休眠口座になるとMT4にログインができなくなり、同じログイン情報で会員ページのログインもできなくなります。

休眠口座の段階では、まだ口座を復活させることができます。

口座残高が無い状態で1年経つと口座凍結

口座残高が無い状態で1年が経つと口座凍結となり、口座が完全に閉鎖されてしまいます。

凍結される時は事前連絡が無いので、気が付いたら口座が無くなっています。

口座凍結になると口座を復活させることはできなくなるので、注意しましょう。

残高がある状態で6ヶ月経つと50ドルの口座維持手数料がかかる

残高がある状態で取引をせずに6ヶ月経つと、口座維持手数料として50ドルが口座から差し引かれます。

50ドルはかなり大きな金額となるので、残高は早めに出金・資金移動するようにしましょう。

事前連絡がなく50ドルが差し引かれるので、6ヶ月経たないように気を付けてください。

口座維持手数料は入金・取引をしてサポートに連絡すれば戻ってくる

Tradeviewの口座維持手数料は、条件を満たすことで5,000円が戻って来ます。

入金または取引を再開してTradeviewに連絡を取れば50ドルの手数料は返金されます。

他のサイトで「自動的に返金される」との記載がありましが、Tradeviewのサポートに連絡をしないと戻ってこないので気を付けましょう。

口座凍結した時の対処方法

Tradeviewで口座凍結されてしまった場合は、残念ながら口座を復活させることはできません。

ですので、新しく追加口座をする必要があります。

Tradeview 追加口座申請のページから追加口座をするようにしましょう。

追加口座には身分証明書と住所確認書の再提出を求められることがあります。

休眠口座は住所確認書類を提出することで解除可能

休眠口座の状態はまだ口座を復活させることが可能です。

Tradeviewのサポートに連絡を取り、住所確認書類を提出して解除してもらいましょう。

Tradeviewは悪質な口座凍結があるのか?

Tradeviewは悪質な口座凍結があるのか調べてみましたが、そのような情報がまったく出てきませんでした。

Tradeviewはボーナスもありませんし、そもそも禁止事項がないので、規約違反で凍結される心配がありません。

基本的にどんなトレードもOKなので、凍結される心配はないでしょう。

まとめ:Tradeviewは複数口座を管理しにくいので凍結に注意

ゲムゲム

Tradeviewは事前連絡無しで凍結、口座維持手数料が引かれるので注意しましょう。

Tradeviewの口座凍結について調査して来ました。

Tradeviewの管理画面は複数口座の情報が出てこないので非常に見にくく、追加口座をした口座情報を忘れがちになります。

残高が残っていると6ヶ月経過時に50ドルの口座維持手数料が引かれてしまうので、忘れずに出金またはアクティブな口座に移動するようにしましょう。

AxioryやTitanFXは口座維持手数料が掛からないため、取引のタイミングが空いてしまう人は別の業者を使った方が良いかもしれません。

ぜひ参考にしてください。

Tradeviewの公式サイトはコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA