TradeviewのVPSサーバー おすすめのVPS業者と設定方法

ゲムゲム

TradeviewのVPSサーバーについて解説して行きます。

Tradeviewで自動売買をやっている人やスキャルピング取引をする人などはVPSを検討している人も多いと思います。

ここではTradeviewのVPSについて解説して行きます。

Tradeviewは無料VPSの提供がないので有料VPSを個別で契約する必要があります。

Tradeviewは自動売買やスキャルピング向きの業者なので、ぜひVPSを準備して取引して行きましょう。

Tradeviewの詳細を見る

TradeviewでVPSを使う理由とメリット

まずTradeviewでVPSを使う理由とメリットを紹介して行きます。

VPSを導入する人はEAを使っている人が多いですが、頻繁に取引するスキャルピングをしている人もVPSを契約する場合もあります。

自動売買EAでMT4を24時間稼働できる

VPSを使う多くの理由は「自動売買でEAを24時間稼働させる」ことが目的だと思います。

パソコンを付けたままにしておくことも可能ですが、パソコンの負荷も増えて寿命を縮めることになりますし、夜中も付けていて音が気になることもあります。

VPSを使っていればパソコンを閉じることができ、電気量の削減にもなります。

EAが止まるリスクを抑える

VPSを使うとずっとMT4を稼働させることができるので、EAが止まるリスクを抑えることができます。

パソコンをずっと付けたままでも問題ありませんが、Windowsの更新などでパソコンが強制的に再起動になることがあります。

そうするとMT4も閉じてしまうので、その間のEAの取引が止まってしまいます。

頻繁に取引するEAであれば、パソコンが閉じて再起動をする時間的なリスクを考えると、VPSを契約する方が安くなることもあります。

サーバー近くのVPSを使うことで約定スピードを上げる

VPSは契約する地域を選ぶことができるため、海外FX業者が使っているサーバー近くのVPSにすることで約定スピードを上げることができます。

滑り(スリッページ)が起きにくくなる

約定スピードが上がることで、スリッページも起きにくくなり約定に有利になります。

EAを使っている人以外にもスキャルピングで生計を立てている人などはVPSを使って少しでも有利に約定できるようにしている人もいます。

約定スピードが遅くなると滑りやすくなりトレードが不利になるので、スキャルピングをしている人は、約定力を上げるために高性能のVPSサーバーを使うと良いでしょう。

Tradeviewは無料VPSの提供はなし!

Tradeview公式での無料VPSサービスの提供はありません。

  • EA自動売買を行いたい場合は、無料VPSが使える海外FX業者を利用する
  • Tradeviewで自動売買を行う場合は、有料VPSサービスを別途用意する

の2通りになります。

条件を満たすと無料VPSを使える海外FX業者

海外FX業者の中には、条件を満たすと無料でVPSを使える業者もあります。

無料VPSが使える業者
  • XM
  • GEMFOREX
  • FBS

XMの無料VPS

XMではBeeksFX VPSの無料VPSサービスがあります。

BeeksFXは自動売買に特化した海外のVPS提供サービスですが、口座残高や取引量などの条件を満たすことで、無料でBeeksFX VPSを使える特典があります。

XMの無料VPSの利用条件
  • 口座残高が5000ドル(約50万円)以上
  • 月に最低、往復5ロット(50万円通貨)の取引

XMでは複数口座が持てますが、同じメールアドレスで登録している口座も合算して計算されます。

また、条件を満たさない場合でも、28ドルの月額料金でBeeksFXを利用することができます。

参照:XMTradingの無料VPS

GEMFOREXの無料VPS

GEMFOREXではオリジナルのMT4 VPSサービスを無料提供しています。

GEMFOREXの無料VPSサービスを申し込むと、VPS内にMT4を設置までしてくれての提供になるので、セットアップの手間が必要ありません。

GEMFOREXの無料VPSの利用条件
  • 口座残高が50万円(5,000USD)以上
    ※ボーナス額は含まれません。

同じメールアドレスで登録している他の口座も合算して計算されます。

利用条件の判定は、毎月6日12時(非営業日の場合は翌営業日)に処理され、口座残高が50万円以上である必要があります。

利用条件を満たさない場合でも、毎月28ドルでGEMFOREXのMT4 VPSを利用することができます。

参照:GEMFOREXの無料VPS

> GEMFOREXの無料VPS 条件と設定方法・有料VPSおすすめ業者

FBSの無料VPS

FBSではオリジナルのMT4 VPSサービスを無料提供しています。

FBSの無料VPSサービスを申し込むと、VPS内にMT4を設置までしてくれての提供になるので、セットアップの手間が必要ありません。

FBSの無料VPSの利用条件
  • 口座残高が450ドル以上
  • 2ヶ月目以降は月に3ロット以上の取引で無料継続

ただし、ECN口座は除きます。

利用条件を満たさない場合でも、毎月33ドルでFBSのVPSサービスを利用することができます。

参照:FBSのVPS

Tradeviewのサーバー場所はMT4がロンドン、MT5がニューヨーク

MT4 MT5 cTrader
サーバー会社 エクイニクス社 エクイニクス社 エクイニクス社
サーバーの場所 ロンドン(LD4) ニューヨーク(NY4) ロンドン(LD4)

TradeviewのMT4・cTraderサーバーはロンドンにあり、MT5はニューヨークにあります。

VPSはサーバーに近い場所のものに契約するのが良いため、MT4やcTraderの場合はロンドンのサーバーに契約し、MT5はニューヨークにあるサーバーに契約するようにしましょう。

業者のサーバーとVPSが近い方が応答時間も短くなるため、スキャルピングタイプのEAなどではパフォーマンスに影響が出てきます。

Tradeviewにおすすめの海外VPS業者

海外VPS 初期費用(税込) 月額料金(税込) SSD CPU
VULTR 無料 10ドル 55GB 1コア
Beeks 無料 8,550円 50GB 2コア
注意点
VPSの比較はメモリ2GBプランの料金で比較しています。

Tradeviewのサーバーはロンドンとニューヨークのため、海外のVPS業者がおすすめです。

(国内VPS業者は国内にサーバーを置いているためTradeviewには不向きです)

今回は日本語に対応した2業者を紹介したいと思います。

VULTR(ヴァルチャー)

ロンドン ニューヨーク 日本
メモリ SSD CPU 価格(税込)
0.5GB 10GB 1コア 月額2.5ドル
1GB 25GB 1コア 月額5ドル
2GB 55GB 1コア 月額10ドル
4GB 80GB 2コア 月額20ドル
8GB 160GB 4コア 月額40ドル
16GB 320GB 6コア 月額80ドル

VULTR(ヴァルチャー)はロンドンやニューヨークなどにも対応しているVPS業者で、FX専門サーバーではないですが、多くの海外FXトレーダーが使っているVPS業者です。

WEBサイトも日本語に切り替えれば日本語対応となるため、比較的分かりやすく、手続きもしやすくなっています。

料金も安いのでVULTRはおすすめです。

月々2.5ドルからのプランもありますが、MT4での安定稼働を考えると最低でも1GB(5ドル)のプランを使うようにしましょう。

2GBプランの目安はMT4が3~4(EA20個程度)くらいが限界となるため、多く利用する人は4GBプランを使う方が安心です。

VULTR Cloud Compute

Beeks(ビークス)

ロンドン ニューヨーク 日本
プラン メモリ SSD CPU 価格(税込)
ブロンズ 1.3GB 25GB 1コア 月額4,750円
シルバー 2.7GB 50GB 2コア 月額8,550円
ゴールド 5.1GB 75GB 4コア 月額15,200円

Beeksは海外FXでは有名なVPS業者でXMなどとの提携もあります。(上で紹介した無料VPSもBeeksのものです)

エクイニクス社での稼働なため、業者とのサーバーの位置が同じ会社内になり、とても速いです。

信頼性やスピードはかなり期待できますが、プランが3種類しかなく、料金は高めになっています。

日本語サイトがあり、日本人スタッフもいるため契約やサポートなどは問題ありませんが、料金的には微妙です。

初めての海外VPSの契約で手堅く行きたい人はBeeksを選択しても良いでしょう。

Beeks Financial Cloud

国内VPSのおすすめ業者

海外のVPS業者は日本語対応していない業者が多いため、国内のVPS業者を使いたい人はコチラを参考にしてください。

国内VPS 初期費用(税込) 月額料金(税込) SSD CPU
お名前.com 無料 2,200円 120GB 3コア
Conoha 無料 2,013円 100GB 3コア
使えるねっと 2,200円 2,728円 50GB 3コア
ABLENET 4,070円 2,284円 120GB 3コア
注意点
VPSの比較はメモリ2GBプランの年払い1月あたりの料金で比較しています。

お名前.comデスクトップクラウド

プラン メモリ SSD CPU 価格(税込)
1.5GBプラン 1.5GB 60GB 2コア 月額1,716円
2.5GBプラン 2.5GB 120GB 3コア 月額2,200円
4GBプラン 4GB 150GB 4コア 月額3,960円
8GBプラン 8GB 200GB 8コア 月額6,050円

※料金は1年まとめ払いを1ヶ月あたりに換算した料金を表示しています。

お名前.comデスクトップクラウドは国内サーバーの中でかなり有名で、多くのトレーダーが利用しているサーバーです。

初期費用がかからず、キャンペーンを行っていて導入しやすいのがメリットです。

お名前.comデスクトップクラウドのキャンペーン

お名前.comデスクトップクラウドは電話サポートもあるので、困った時には活用すると良いでしょう。

1つのMT4で数個程度のEAを稼働するのであれば1.5GBプランでも良いですが、複数のMT4を使うのであれば2.5GBあるのがおすすめです。

お名前.comデスクトップクラウドのサーバー場所は「国内」とのことですが、地域までは分かりませんでした。

お名前.comデスクトップクラウド

ConoHa for Windows Server

プラン メモリ SSD CPU 月額料金(税込)
WIN1GB 1GB 100GB 2コア 1,001円
WIN2GB 2GB 100GB 3コア 2,013円
WIN4GB 4GB 100GB 4コア 3,927円
WIN8GB 8GB 100GB 6コア 7,755円
WIN16GB 16GB 100GB 8コア 14,619円
WIN32GB 32GB 100GB 12コア 29,645円
WIN64GB 64GB 100GB 24コア 60,280円

※料金はVPS割引きっぷの利用で、1年まとめ払いを1ヶ月あたりに換算した料金を表示しています。

ConoHa for Windows Serverも有名な国内サーバーで、1GBプランは100GBあるので、お名前.comよりも安く使うことができます。

2GBプランになるとお名前.comの方がコスパが良くなりますが、16GB以上のハイスペックにも対応しているので幅が広いです。

GoogleChromeやMicrosoftOfficeが最初から入っているので、すぐに使えて便利なサーバーです。

データセンターは東京にあります。

ConoHa for Windows Server

ABLENET VPS

プラン メモリ SSD CPU 月額料金(税込) 初期費用(税込)
Win1 1GB 60GB 2コア 1,760円
1,375円
1,980円
キャンペーン0円
Win2 2GB 120GB 3コア 2,284円
1,815円
4,070円
キャンペーン0円
Win3 4GB 150GB 4コア 4,065円 5,390円
Win4 8GB 150GB 5コア 6,056円 8,580円

※ただいまキャンペーン中で安く使えます。料金は1年まとめ払いを1ヶ月あたりに換算した料金を表示しています。

ABLENET VPSは下位プランから上位プラン、上位プランから下位プランへの変更が自由にできて使い勝手の良いVPSです。

ABLENETは共用回線が200Mbpsあるため、トラフィックが多くても圧迫される心配が少なく、データ転送量も無制限です。

サーバーの場所は東京ではなく大阪にあるので、関西より西側に住んでいる方はABLENET VPSにすることで少し有利にトレードすることも可能です。

ABLENET® VPS

Win1,Win2プランのみ、初期費用が無料&初回支払いの利用料金が割引キャンペーンを開催中です。

使えるねっと

プラン メモリ SSD CPU 月額料金(税込) 初期費用(税込)
シルバー 2GB 50GB 3コア 2,728円 2,200円
ゴールド 4GB 100GB 4コア 5,808円 2,200円
プラチナ 8GB 200GB 6コア 7,568円 2,200円

※料金は1年まとめ払いを1ヶ月あたりに換算した料金を表示しています。

使えるねっとは長野県にサーバーを置く国内サーバー会社です。

上の3つと比べると初期費用がかかったり、料金が少し高いデメリットがあります。

自社でデータセンターを管理し、電話も可能なので、万が一の場合の対応力があるサーバー会社です。

使えるねっと | FX専用VPS

まとめ:EAを使っている人はVPSを契約して取引しよう!

ゲムゲム

Tradeviewは無料VPSがないので、自動売買する時はVPSを準備するようにしましょう。

TradeviewのVPSについて紹介して来ました。

Tradeviewは無料で提供しているVPSがないので、有料VPSに契約する必要があります。

MT4・cTraderはロンドン、MT5はニューヨークにあるので、国内ではなく海外のVPSの方がスピードが速くておすすめです。

日本語対応の2業者を紹介したので、どちらかで契約すると良いでしょう。

Tradeviewの詳細を見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA