XMアフィリエイトの税金は何所得?税金計算と確定申告

ゲムゲム

XMアフィリエイトの税金と確定申告について紹介して行きます。
XMアフィリエイトの収入は雑所得の総合課税になります。

XMアフィリエイトの税金の種類や計算方法、確定申告のやり方や申告方法について紹介して行きます。

基本的に給与所得者(サラリーマンやバイト、パート)の方は年間利益20万円以上は確定申告が必要になります。

XMトレード(海外FXでの取引損益)と国内でのアフィリエイトとの違いについても説明して行きます。

XMトレードとの違い
基本的には税区分等同じだが、開業届を出すとXMアフィリエイトは事業所得になる。(XMのトレードは雑所得のまま)
事業所得になるとXMトレードとの損益通算はできなくなるが、最大3年の損失繰越が可能になる。
国内アフィリエイトとの違い
基本的には同じだが売上が1,000万円を超えても消費税の納税義務がない(海外での売上のため)

大まかな収入を把握したい場合はコチラの税金計算ツールを使ってください。

> 海外FXの税金計算ツール

※基本的にXMアフィリもトレードと同じ税区分・税率なので、同じ計算方法でOKです。

XMアフィリエイト 税金の種類や区分

XMアフィリ XMトレード 国内アフィリ
税率の区分 雑所得
開業届を出すと事業所得
雑所得 雑所得
税率 15%~55%
所得税5~45%,住民税10%
15%~55%
所得税5~45%,住民税10%
15%~55%
所得税5~45%,住民税10%
損失繰越 できない
開業届を出すと3年の繰越ができる
できない できる(3年)
消費税 かからない かからない かかる

XMアフィリエイトの税金の種類について説明して行きます。

XMアフィリエイトはXMのトレードと同じく雑所得となります。(通常のアフィリエイトと同じ税金の種類・税率です)

基本的な扱いは海外FXのトレードと同じ条件になるので、普段からXMなどでトレードをしている人は同じ税金の種類・税率です。

アフィリエイトもトレードも同じなので、白色申告の場合は一緒の項目で申請すれば大丈夫です。

税金は雑所得(開業届を出すと事業所得)

XMアフィリ XMトレード 国内アフィリ
雑所得 雑所得 雑所得

XMアフィリエイトで出た利益は「雑所得」となり、XMトレードや国内アフィリエイトと同じ税区分になります。

雑所得の場合は雑所得内での損益が合算できるため、XMアフィリエイト・XMトレード・国内アフィリエイトの利益と損失を相殺することができます。

ただし、開業届を出して青色申告になると、XMアフィリエイトは事業所得の扱いになるため、トレード損益との損益通算はできなくなります。

国内FXトレードや株式投資などは申告分離課税のため別扱い

国内FX取引 株式取引
申告分離課税 申告分離課税

少しややこやしいのですが、国内FX取引や株式取引は税区分が違い、申告分離課税(所得税15%、住民税5%)となります。

例えば、XMトレード、国内FXトレード、XMアフィリエイト、国内FXアフィリエイトの4つを行なっていた場合は以下のようになります。

税区分
  • XMトレード:雑所得
  • 国内FXトレード:申告分離課税
  • XMアフィリエイト:雑所得
  • 国内FXアフィリエイト:雑所得
  • 国内FXなどの投資については申告分離課税となり、別々で計算する必要があります。

    XMトレード、XMアフィリエイト、国内FXアフィリエイトは3つとも合算して計算することができます。

    確定申告は年間利益20万円(個人事業主38万円)から申告が必要

    給与所得者 個人事業主
    確定申告が必要な金額 20万円/年 38万円/年

    年間の利益が一定額を超えると、確定申告が必要になって来ます。

    給与所得をもらっている兼業アフィリエイターは年間利益20万円、個人事業主や専業アフィリエイターは年間利益38万円から確定申告が必要になります。

    経費を引いて20万円、38万円なので、FXの本や有料EAなどは経費にして差し引くことができます。

    12月に入り、利益がたくさん出てそうな場合は、年内にアフィリエイトに関わる本や商材などを買っておくと、経費にできて税金も安くなります。

    損益通算は雑所得の範囲内で可能

    XMアフィリエイトの税金は雑所得になるため「雑所得(総合課税)内での損益通算」は可能になっています。

    (XMアフィリとXMトレード、国内FXアフィリなどの雑所得内での損益の相殺はできる)

    しかし、他の所得(給与所得や不動産所得、国内FXでの所得【分離課税】など)との損益通算はできません。

    XMアフィリエイトで利益が出て、不動産所得で赤字が出ていても損益を相殺することはできませんので注意しましょう。

    事業所得の場合は他の総合課税と損益通算できる
    開業届を出して個人事業主となれば、アフィリエイトは事業所得として申告可能になります。
    事業所得になることで、他の総合課税(不動産所得、事業所得、山林所得、譲渡所得の一部)との損益通算はできるようになりますが、海外FXトレード(雑所得)との損益通算はできなくなります。

    損失繰越はできない

    XMアフィリエイト(海外FX) 国内FX
    損失繰越できない 損失繰越できる(3年)

    XMアフィリエイトは基本的に年をまたいだ損失繰越(繰越控除)ができないため、その年の損益合計がマイナスとなった場合に、翌年に損失分を控除することができません。

    個人でも事業所得になれば3年間の損失繰越が可能ですので、開業届を出して個人事業主の登録をすれば、損失繰越が可能になります。

    ※XMトレードに関しては事業所得として認められないため損益通算不可

    法人になればトレードとの損益通算+最大9年の損失繰越が可能

    法人化して会社にすれば、XMトレードとの損益通算が可能になり、さらに最大9年の損失繰越が可能になります。

    XMアフィリエイトのトレードで生計を立てている人は、法人化して損益通算・損失繰越をすることで、トレードの成績の波を和らげることが可能になります。

    SEOアフィリは不安定ですし、トレードの利益も偏りやすいので、年間利益1000万円を超える人は、ぜひ法人化してリスクを抑えると良いでしょう。

    税金の計算方法

    XMアフィリエイトの税金計算方法を紹介します。

    全体の流れがあるので、しっかり把握しておきましょう。

    今回は白色申告の場合の計算方法を紹介します。(青色申告はすべての取引で仕訳が必要)

    ゲムゲム

    国税庁のホームページから確定申告をする場合は自動計算してくれるので、ざっと流れだけ把握しておけば大丈夫です。
    STEP.1
    売上の計算
    XMパートナーページから各月の売上を出して円換算
    STEP.2
    経費を引く
    XMアフィリエイトにかかる経費(サーバー、ドメイン、外注費や広告費など)を引く
    STEP.3
    控除を引く
    控除を引く(サラリーマンで年末調整をしている人は不要)
    STEP.4
    所得税の計算
    課税所得から所得税を計算
    STEP.5
    住民税の計算
    課税所得から住民税を計算

    売上の計算(パートナーページから各月売上を計算+円換算)

    まずはXMの売上を計算します。

    売り上げは基本的に”売上発生時”に対して税金がかかります。(出金時ではありません)

    XMのアフィリエイトはドルで報酬が支払われるので、それを円換算する必要があります。

    税理士の確認したところ、正しい計算としては、各月のアフィリエイト報酬×1ヶ月の平均TTM(ドル円の仲値)で計算します。

    売上計算の例
    1月:1250ドル × 1月の平均TTM(103.74円)= 129,675円
    2月:1003ドル × 2月の平均TTM(105.40円)= 105,716円
    3月: 982ドル × 3月の平均TTM(108.66円)= 106,704円
    参考:七十七銀行 米ドル対円相場(仲値)一覧表(2021年)

    このように1ヶ月ごとにTTM(仲値)を掛けて計算して行きます。

    売上と実際に入ってくるお金の違いについて

    上のように発生時の平均レートで計算すると、実際に入ってくるお金との差が出てくると思います。

    それについては「為替差益」「為替差損」として処理して行きます。

    12月の売上は1月に換金すると思いますので、12月のTTMで計算して処理して、為替差損益については、1月分として処理しましょう。

    経費を引く

    年間の利益を出したら、次は経費を引いて行きます。

    XMアフィリエイトで経費にできるもの
  • ウェブサイトのサーバー・ドメイン代
  • 広告費や外注費
  • XMアフィリのためのパソコンやスマホ購入費(XMアフィリに使った割合で計算)
  • パソコン、スマホの通信費(XMアフィリに使った割合で計算)
  • 海外FXのための本や勉強会、セミナー費用
  • 勉強会、セミナーの交通費
  • 電気代(XMアフィリに使った割合で計算)
  • 家賃(XMアフィリに使った時間割合で計算)
  • これらのXMアフィリエイトを含む海外FXで使用したものを経費にして行きます。

    家賃やスマホの通信費、パソコンなどの購入費などは、按分(全体の利用した割合)となりますが、兼業の場合は15%~20%くらいになります。

    水道代やガス代は海外FXとは関係ないので、経費にできませんので注意してください。

    控除を引く

    サラリーマンの方は通常、会社で年末調整をすると思いますが、会社に出し忘れたものや個人事業主の方は控除分を引いて行きましょう。

    ※所得税の控除額、住民税の控除額がそれぞれ違うため、「所得税の所得」「住民税の所得」をそれぞれ計算する必要があります。

    参考:MoneyForward 住民税における控除の種類と金額まとめ

    控除になるもの
  • 社会保険料控除
  • 生命保険料控除
  • 地震保険料控除
  • 配偶者控除
  • 扶養控除
  • 基礎控除
  • 寄付金控除
  • 参照:所得金額から差し引かれる金額(所得控除) 国税庁

    控除はそれぞれの収入や家族構成などでかなり変わります。

    利益 – 経費 – 控除 =課税所得

    このように課税所得を出してから、所得税・住民税を計算して行きます。

    所得税の計算

    所得金額 税率 控除額
    195万円以下 5% 0円
    195万円超~330万円以下 10% 97,500円
    330万円超~695万円以下 20% 427,500円
    695万円超~900万円以下 23% 636,000円
    900万円超~1,800万円以下 33% 1,536,000円
    1,800万円超~4,000万円以下 40% 2,796,000円
    4,000万円超~ 45% 4,796,000円

    参照:国税庁 所得税の税率
    所得税(5%~45%)・住民税(10%)の合算 別途、所得金額に対して復興特別所得税(2.1%)がかかります

    所得税の計算式
    課税所得 × 金額ごとの所得税率 – 所得税の控除額 = 所得税

    課税所得が400万円の場合はこのような計算式になります。

    4,000,000円 × 20% – 427,500円 = 372,500円

    サラリーマンの場合で、給与所得が500万円、海外FXでの課税所得が100万円の場合は以下のようになります。

    (5,000,000円 + 1,000,000)× 20% – 427,500円 = 772,500円(給与所得も含めた合計)

    サラリーマンの場合は、この77万2,500円から会社で納める所得税を引いた差額を納税することになります。

    住民税の計算

    都道府県民税 均等割 所得割
    1,500円 4%(政令指定都市2%)
    市区町村民税 均等割 所得割
    3,500円 6%(政令指定都市8%)
    合計 5,000円 10%

    参照:東京都主税局 個人住民税

    住民税の計算式
    課税所得 × 10% + 5,000円 = 住民税

    課税所得が400万円の場合はこのような計算式になります。

    4,000,000円 × 10% – 5,000円 = 405,000円

    住民税はお住まいの市町村で変わりますが、だいたいこの計算式となります。

    住民税は所得金額に関係なく一律になります。

    XMアフィリエイトの確定申告

    所得税と住民税が計算できたら、次は確定申告をして行きます。

    確定申告の時期

    いつからいつまでの収入 確定申告時期
    1月1日~12月31日 翌年2月16日~3月15日

    確定申告は1月1日~12月31日までの収入を、翌年2月16日~3月15日に申告をします。

    提出時期が遅れると無申告加算税や延滞税がかかるので注意しましょう。

    確定申告は税務署に提出

    確定申告の提出先は税務署になります。

    管轄の税務署に持って行っても良いですし、郵送やe-Taxによるデータでの提出も認められています。

    白色申告と青色申告

    確定申告は白色申告と青色申告の2種類があります。

    基本的には白色申告で、個人事業の開業届と青色申告承認申請書を提出すれば、青色申告が可能になります。

    白色申告 青色申告10万円控除 青色申告55万円控除
    事前申請 必要なし 開業届と青色申告承認申請書
    記帳方法 簡易な方法で可 簡易簿記 複式簿記
    確定申告書類 確定申告書B ・確定申告書B
    ・青色申告決算書
    (貸借対照表は作成義務なし)
    ・確定申告書B
    ・青色申告決算書
    帳簿 簡易な記載の帳簿 ・現金出納帳
    ・売掛帳
    ・買掛帳
    ・固定資産台帳
    ・経費帳
    <主要簿>
    ・総勘定帳
    ・仕訳帳
    <補助簿>
    ・現金出納帳
    ・売掛帳
    ・買掛帳・固定資産台帳など

    簡単に説明すると、白色申告は「1件ずつの年間の損益を提出」で済みますが、青色申告は「収入と支出のすべてを記録する必要」があり、手間が全然違います。

    青色申告はかなり大変なので、税理士に依頼することになると思います。

    副業で海外FXをやっている人は、白色申告で確定申告することになります。

    確定申告に必要な書類

    必要な書類
  • マイナンバーカード(または通知カード)
  • 源泉徴収票(給与所得者のみ)
  • 各種控除証明書(社会保険料控除・医療費控除・住宅ローン控除)
  • 経費の領収書 ※提出義務なし
  • 確定申告にはマイナンバーカードのほか、源泉徴収票(サラリーマン)や各種控除の証明書の提出が必要です。

    経費の領収書や売上の証明書等は提出義務はありませんが、7年間保存しておく必要があります。

    (税務署に入られた時の証明になります)

    確定申告の書き方と申請方法

    国税庁のホームページから申告する方法

    ここからは確定申告の手順と書き方を説明して行きます。

    XMアフィリエイトの確定申告は手書きで提出することも可能ですが、国税庁のホームページから入力するのが便利です。

    税金の計算も自動でやってくれます。

    今回は国税庁のホームページを元に解説して行きます。

    ①国税庁のホームページ→作成開始

    国税庁の確定申告書等作成コーナーから「作成開始」を選択します。

     
    ②e-Taxがない場合は「印刷して書面で提出」を選択

    e-Taxでない人でも「印刷して書面提出する」を選択することができます。

    今回はコチラでやって行こうと思います。

     
    e-Taxがある場合

    e-Taxがある場合は「e-Taxで提出する」を選択しましょう。

     
    e-Taxでの提出について

    e-Taxは【マイナンバーカード方式】での提出方法と【ID・パスワード方式】での提出方法の2種類があります。

    【ID・パスワード方式】での提出は、事前に国税庁でe-Taxの登録が必要になります。

    補足説明
    本人確認資料を持っていくと、税務署職員が本人確認を行います。
    本人確認後、「ID・パスワード方式の届出完了通知」が発行され登録完了。
    確定申告の期間中、税務署などに設置されている確定申告書等作成コーナーでのみ利用できます。

     
    所得税をクリック

    申告書は「所得税」の申告書になります。

    決算書・収支内訳書、消費税、贈与税ではありませんので覚えておきましょう。

     
    ④左記以外の所得のある方をクリック

    赤色の「左記以外の所得のある方」を選択します。

    XMアフィリエイトは海外FXで「雑所得」の申告となります。

     
    ⑤青色申告者は、申告の種類を選択して、生年月日を入力

    青色申告の人はチェックを入れましょう。

    個人事業主登録していなければ白色申告となり、チェックは不要です。

    生年月日を入力します。

     
    ⑥サラリーマン(会社員)の方は、給与所得を入力する

    サラリーマンの人は源泉徴収票を元に「給与所得」を入力しましょう。

     
    ⑦源泉徴収票の内容を入力

    源泉徴収票に書いてある番号を元に、項目を入力して行きます。

     
    ⑧雑所得のその他(海外FXの税金)をクリック

    次にXMアフィリエイトで得た利益を入れて行きます。

    雑所得の「その他」を入力します。

     
    ⑨上記以外(報酬等)をクリック

    上記以外(報酬等)をクリックします。

     
    ⑩海外FX業者の名称と住所を英語で入力+収入金額と経費も入力

    XMアフィリエイト 所得の入力
    種目:証拠金取引
    名称(XMの事業者):Tradexfin Limited
    場所(XMの住所):Unit E, F28, Eden Plaza, Eden Island, Republic of Seychelles
    収入金額:計算した年間売上を記入
    必要経費:(複数ある場合は売上から均等に分散して入力しましょう)

     
    ⑪控除を入力する

    控除がある場合は控除お入力します。

    ふるさと納税は「寄付金控除」となります。

    家族のいる方は「配偶者控除」や「扶養控除」も入力しましょう。

     
    ⑫納税金額を確認

    入力が全部終わると、納税額を自動的に算出してくれます。

    金額を確認したら「次へ」をクリックします。

    「何か間違っているな…?」と思ったら戻って確認しましょう。

     
    ⑬氏名・職業等を入力

    氏名や電話番号など入力します。

    屋号がない人は適当に書いておけばOKです。

     
    ⑭住所等を入力

    住所などを入力します。

    提出年月日は「提出しようと思っている日」を適当に書けばOKです。

     
    ⑮マイナンバーを入力

    マイナンバーを入力します。

     
    ⑯「帳票表示・印刷」をクリック

    入力はこれで終了です。

    すべてにチェックが入った状態で「帳票表示・印刷」をクリックします。

     
    ⑰会社にばれたくない人は「自分で納付」に丸を打つこと

    住民税を「給与からの差引き」にしてしまうと、確定申告した年の住民税の額が会社に知られてしまうことになります。

    住民税の額で副業していることが分かってしまうので、知られたくない方は、「自分で納付」を選びましょう。

     
    ⑱必要書類を貼り付けて税務署へ送る(持ち込みOK)

    最後に必要書類を貼り付けて、お近くの税務署へ郵送します。

    税務署に直接持ち込んでもOKです。

    これを2月16日~3月15日までに必ず行いましょう。

    まとめ

    ゲムゲム

    XMアフィリエイトなど海外FXで出た利益が年間20万円を超える場合は、必ず確定申告をするようにしましょう。

    XMアフィリエイトの税金と確定申告について紹介して来ました。

    白色申告であれば、年間の利益の合算を提出するだけなので、比較的簡単です。

    国税庁のHPを使えば、計算は自動的にやってくれるので、ぜひ利用しましょう。

    ぜひ参考にしてください。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA