TariTaliのメリットとデメリット 業者ボーナスはなくなる?

ゲムゲム

このページではTariTaliのメリットとデメリットを紹介して行きます。
TariTaliはメリットの方が大きいですが、デメリットもあるので把握しておきましょう。

TariTaliは取引回数が多い人や大きいロットで取引する人におすすめですが、一部の業者でボーナスがもらえなくなるなどのデメリットがあります。

このページではTariTaliのメリットとデメリットに焦点を絞って紹介して行こうと思います。

TariTaliの公式サイトを見る

TariTaliのメリット

まずTariTaliのメリットを紹介して行きます。

取引ごとのキャッシュバック金がもらえる

TariTaliを利用すると、取引ごとのキャッシュバック金がもらえます。

海外FX業者と口座タイプ・通貨ペアにより金額が違ってきますが、多くてスプレッドの半分ほどキャッシュバックされます。

取引回数が多い人はTariTaliを使うことで、かなりの金額を受け取ることが可能です。

例① XMスタンダード口座で毎日1ロット取引した場合
1ロット=8.5ドル≒約900円
1ヶ月の稼働日が22日ある場合、900円×22日=19,800円のキャッシュバック
例② XMゼロ口座で毎日1ロット取引した場合
1ロット=4.25ドル≒約450円
1ヶ月の稼働日が22日ある場合、450円×22日=9,900円のキャッシュバック

取引ロットや取引回数が多くなればなるほど、キャッシュバック金額は多くなります。

大きいロットで取引している人や、1日に何回も取引をする人はTariTaliを使うと良いでしょう。

人気業者のキャッシュバック金額一覧

海外FX業者 口座タイプ キャッシュバック金額
XM マイクロ,スタンダード口座 8.5ドル(0.85pips)
Zero口座 4.25ドル(0.425pips)
GemForex オールインワン口座 8ドル(0.8pips)
ノースプレッド口座 0.8ドル(0.08pips)
Axiory MT4スタンダード口座 4.25ドル(0.425pips)
MT4ナノスプレッド口座 1.7ドル(0.17pips)
cTraderスタンダード口座 2.125ドル(0.2125pips)
cTraderナノスプレッド口座 0.85ドル(0.085pips)
TitanFX スタンダード口座 5ドル(0.5pips)
ブレード口座 1.5ドル(0.15pips)
Hotforex マイクロ口座,プレミアム口座 7.2ドル(0.72pips)
ゼロスプレッド口座 2.7ドル(0.27pips)
HFcopy口座 5.4ドル(0.54pips)
FBS セント,スタンダード,ゼロスプレッド 8ドル(0.8pips)
ECN口座 2.4ドル(0.24pips)
マイクロ口座 12~64ドル(1.2~6.4pips)
Tradeview MT4/MT5口座 8.5ドル(0.85pips)
ILC口座 2.125ドル(0.2125pips)
cTrader口座 2.125ドル(0.2125pips)
Currenex口座 2.55ドル(0.255pips)
IS6FX スタンダード口座 8ドル(0.8pips)
マイクロ口座 8ドル(0.8pips)
LAND-FX LPボーナス,LIVE口座 4.5ドル(0.45pips)
ECN口座 0.9ドル(0.09pips)
FXGT メジャー通貨ペア 8.8ドル(0.88pips)
マイナー通貨ペア 手数料の32%
仮想通貨 手数料の16%
その他 手数料の16%

TariTaliのキャッシュバック金額一覧です。

口座タイプや通貨ペアによって金額が変わってくるので、事前に確認しておきましょう。

別ページでは取扱い業者全部のキャッシュバック金額を詳しく紹介しているので参考にしてください。

手数料無料1500円から出金できる

TariTaliは1500円から出金することができ、振込み手数料は無料になります。

海外FX業者よりも出金条件が良く、他のキャッシュバックサイトよりも有利な条件になっています。

さらに、銀行振込みだけでなくbitwalletやSTICPAYにも振り込んでくれます。

TariTaliのキャッシュバック金をそのまま再投資したい人におすすめの方法です。

業者
出金方法 Bitwallet,STICPAY,振込 振込 振込 Neteller,振込
最低換金額 1500円 5000円 5000円 5000円
振込手数料 無料 無料 無料 無料
振込日 申請後翌日 申請後2~3日 申請後2~3日 申請後2~3日

手数料無料のキャッシュバックサイトは多いですが、1,500円から出金可能なのはTariTaliとMCBの2社になります。

bitwalletへの振込みはTariTaliとMCBのみになり、STICPAYへの出金はTariTaliのみになります。

全体的な出金条件はTariTaliが一番良いです。

自動振込み機能がある

TariTaliは自動振込みに対応していて、毎月好きな日に振り込むことができます。

1500円以上になれば自動的に振り込んでくれるため、振込み忘れ防止のためにも設定しておくと良いでしょう。

オートリベートが可能

オートリベートとはXMに専用に作られた特殊なキャッシュバック方式です。

通常はTariTaliからキャッシュバック金が支払われますが、オートリベートはXMの口座に自動的に付与される仕組みで、特にTariTaliからお金を受け取ることはない仕組みです。

オートリベートのメリット
  • XMに自動的にキャッシュバックが付与されるので、キャッシュバックをトレード資金にする場合は便利
  • キャッシュバック率が少し上がる
     スタンダード,マイクロ口座8.5ドル → 9ドル、ゼロ口座4.25ドル → 4.5ドル
  • オートリベートのデメリット
  • TariTaliの方が出金条件が良い
  • キャッシュバック金がトレード資金になるため、損失やロスカットなどのトレードリスクが発生する
  • オートリベートはメリット・デメリットがありますが、TariTaliのキャッシュバック金をトレード資金にしている人は、オートリベートを使うと便利です。

    オートリベートのキャッシュバック率の方が少し高いので、オートリベートを使っても良いと思います。

    TariTaliのデメリット

    続いてTariTaliのデメリットを紹介します。

    海外FX業者によってはボーナスがもらえない

    TariTali利用でボーナスがもらえなくなる業者
    XM(XMPはもらえる) BigBoss

    TariTaliキャッシュバックを利用することで、ボーナスがもらえなくなる業者があります。

    XMは口座開設ボーナスと入金ボーナスがもらえなくなりますが、XMP(XMポイント)はもらうことが可能です。

    XMのボーナスはアカウント単位なので「XMに直接口座を作ってボーナスをもらい、ボーナスを使い果たしたらTariTaliで追加口座をしてキャッシュバックをもらう」という裏技を使うことは可能です。

    BigBossはボーナス全部がもらえなくなるので注意しましょう。

    資金とボーナスの割合でキャッシュバック金が減る

    ボーナスでキャッシュバックが減る業者
    GEMFOREX IS6FX TradersTrust Bitterz
    例:資金10万円ボーナス5万円が口座に入っている場合
    取引ごとのキャッシュバック金額が3分の2に減る

    これらの海外FX業者は、口座に入っている資金とボーナスの割合で、キャッシュバック金額が減るので注意が必要です。

    もし資金に余裕がある場合は、あえてボーナスをもらわずキャッシュバックを100%受け取る方がお得になります。

    TariTali経由で口座開設または追加口座が必要

    TariTaliでキャッシュバックを受け取るためには、TariTaliに登録後、キャッシュバックしたい海外FX業者に口座開設または追加口座をする必要があります。

    ちょっと手間がかかるので、最初だけ面倒です。

    追加口座は、業者によっては「IB変更申請」を出す必要があったりして、書類の提出が必要なことがあります。

    追加口座に手間のかかる業者

    業者 追加口座方法
    Axiory 特定プログラム利用申請書の提出が必要
    TitanFX オリジナルEAの利用目的なら可能
    HotForex 追加口座時にブローカーIDの入力が必要
    FBS サポートに指定内容でメールを送る必要あり
    Tradeview サポートにTariTaliに紐づけして欲しい内容をメール
    LANDFX 追加口座時にIB番号を入力
    FXGT 乗り換え不可能
    MyFXMarkets 追加口座時にコメントでIBコード626366に紐付け希望と入力
    BigBoss 追加口座時にメモでTariTaliと入力
    Exness サポートに指定コードを連絡して紐づけする
    VANTAGE FX 追加口座時にその他の注意事項で指定コードを入力

    これらの業者は追加口座がちょっと面倒ですが、書類にサインするだけだったり、サポートに連絡を取れば対応してくれるので、頑張ってやってみましょう。

    TariTaliで口座登録(紐づけ作業)が必要

    TariTali経由で海外FX業者に登録した後も、「口座登録」というTariTaliと業者の紐づけ作業が必要になります。

    TariTaliの「口座管理」ページで登録するだけですが、忘れているとキャッシュバック金が入ってきません。

    海外FX業者の口座開設をした後でも口座登録を忘れないようにしましょう。

    まとめ

    ゲムゲム

    TariTaliのメリットとデメリットを紹介して来ました。
    デメリットもありますが、メリットの方が大きそうですね!

    TariTaliを使うことでXMなどでボーナスがもらうことができないデメリットがありますが、XMに直接口座を作ることで、ボーナスを受け取ることができます。

    TariTali経由の口座を作るのが最初は面倒ですが、あとあとキャッシュバックが発生するので、ぜひ作っておきましょう。

    TariTaliの公式サイトを見る

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA